2008.08.19 (Tue)

グラートバッハ、1部復帰の初戦は黒星

 グラートバッハの開幕戦の相手はシュトゥットガルト。前回の対戦は2007年春。この試合でグラートバッハはシュトゥットガルトに敗れ2部降格が決定したのでした。ちなみにこの試合を私は現地で観戦したのですが、チームが崩壊状態のグラートバッハにシュトゥットガルトがお付き合いしたような、まあ、ひどい試合でした。

 今回の対戦、当時のメンバーの大半が残るシュトゥットガルトに対してグラートバッハは、監督とゴールキーパー以外は入れ替わってしまった感じです。グラートバッハはこの数試合と同様に右サイドバックにヌジェンクと入れてきました。シーズン当初はゴフリの右サイドバックを試していたようですが、ゴフリが復帰してきたらどうするのでしょう。

 さて、試合が始まるとグラートバッハはホームの雰囲気に後押しされるように積極的に攻めますが、シュトゥットガルトも応戦しスピーディーな展開となります。まず、15分にヒツルスペルガーが左足で豪快なミドルシュートを決めてシュトゥットガルトが先制します。しかし、このシュートはハイメロートにしっかり止めてほしかったシーンです。26分、左サイドのジョーレスがシマックにあっさりボールを奪われゴール正面にパスを出されてしまい、マリカにシュートを決められてしまいました。44分にはゴメスに左の角度の無いところから左足で決められて3点差。これでほぼ試合は決まってしまったような感じです。まさか前半で3点差がつくとは思いませんでした。しかし、グラートバッハもマリンやマトムーアが何度か決定的なチャンスを作り出し決して試合内容では負けていませんでした。しかし、やはり致命的なミスが何度かあったのが痛かったです。
 後半に入って、60分にそれまで決定的チャンスで決められなかったフレンドがついにゴールを決めました。彼にとってはブンデスリーガ初ゴールになります。しかし、その後はどちらも決め手を欠き、結局、1:3でグラートバッハは開幕戦を落としてしまいました。負けてしまったことは残念ですが、試合全体を見ればそれほど悲観する内容ではないと感じます。攻撃の面では十分いけそうな印象を受けました。やはり、ディフェンスの不安定さ、特に両サイドバックを何とかしないといけないのでは・・・。でも、まだ始まったばかり。次の試合に期待します。

1. Bundesliga, 2008/09 1.Spieltag
17.08.2008, 17.00 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mörnchengladbach
Borussia M'gladbach - VfB Stuttgart 1:3 (0:3)
Borussia: Heimeroth - Ndjeng, Brouwers (79. Colautti), Daems, Jaures - Alberman (79. Svärd), Paauwe - Matmour, Rösler (31. Baumjohann), Marin - Friend.
Stuttgart: Lehmann - Osorio, Tasci, Delpierre, Boka - Pardo - Hilbert (89. Lanig), Hitzlsperger - Simak (67. Bastürk) - Gomez, Marica (75. Khedira).
Tore: 0:1 Hitzlsperger (15.), 0:2 Marica (26.), 0:3 Gomez (44.), 1:3 Friend (60.)
Zuschauer: 47.028

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

01:32  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/6-946dca0d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |