2008.12.26 (Fri)

4選手を補強

ブンデスリーガ前半を終えて最下位となっているボルシア・メンヘングラートバッハですが、さっそく4選手の加入が発表されました。予想通りディフェンダーとゴールキーパーを中心とした補強になっています。これからは、ルフカイ、ツィーゲが集めてきた選手たちを中心としたチームから、新たに補強した選手を中心としたチームに変わっていくことになるのでしょう。今回加入した選手たちはリーグ戦再開後すぐに戦力として期待されているわけなので、期待を裏切らないように頼みます。

今回、加入した4人は以下の通りです。

トマース・ガラーセク(Tomáš Galásek)
 チェコ、ガンブリヌス・リーガのバニーク・オストラバからトマース・ガラーセクを獲得しました。2009年6月までの契約です。ガラーセクは35歳の経験豊富なミッドフィルダーで2007/08シーズンまではハンス・マイヤーの指揮するニュルンベルクでプレーしていました。今年の夏に古巣のバニク・オストラバへ移籍したばかりでしたがわずか6ヶ月でブンデスリーガへ戻ることになります。ブンデスリーガでは2シーズンで63試合に出場し4ゴール。2007年にニュルンベルクがDFBポカールで優勝したときの主力メンバーでもあり、マイヤー監督の信頼も厚いのだと思います。ちょっと年齢が心配ですが、若い選手たちをまとめていくリーダーシップを期待されているのだと思います。

ポール・スタルテリ(Paul Stalteri)
 イングランドのトッテナム・ホットスパーからポール・スタルテリの加入が決まりました。2011年6月までの契約になります。スタルテリはカナダ代表のキャプテンも務めた選手で1998年から2005年まではブレーメンに在籍し151試合に出場しています。右サイドバックが本職のようですが、左サイドバックもできるということでグラートバッハではすぐに出番がありそうです。

ローガン・バイリー(Logan Bailly)
 ベルギー、ジュピラーリーグのKRCゲンクからローガン・バイリーを獲得しました。契約は2013年6月までになります。バイリーは今月23歳になる若いGKでベルギー代表にも選ばれています。まだ代表としての試合出場はありませんが将来性もある選手だと言えるでしょう。グラートバッハにとってこれはよい補強だと思います。なにしろ今シーズンGKには本当に泣かされてきましたから。若くて実績も残している選手が加わることによって全体のレベルも上がってくることを期待します。

ダンテ(Dante Bonfim Costa Santos)
 ベルギー、ジュピラーリーグのスタンダール・リエージュからブラジル人ディフェンダーのダンテ・ボンフィム・コスタ・サントスを獲得しました。ダンテは25歳でセンターバックと左サイドバックをこなせる選手です。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

01:19  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/60-8e1efd29

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |