--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2008.12.29 (Mon)

2008年のサッカーを振り返る(自分の応援するチーム限定) ドイツ編

 2008年ももう少しで終わりますので、このあたりで適当に1年を振り返ってみることにします。もちろん、自分の応援するチームのことだけしか頭にはありません。まあ、こちらは個人的な備忘録を記しているだけのサイトですので悪しからず。それでは、まずドイツからいきましょう。

ボルシア・メンヘングラートバッハ

 私が気にかけているチームはいくつかありますが、まずは何といってもボルシア・メンヘングラートバッハです。
 2008年のグラートバッハに関していえば、まずは2007/08シーズンのツヴァイテで優勝し、1シーズンで1部へ返り咲いたという喜ばしい話題がありました。2006/07シーズンのブンデスリーガで最下位となりツヴァイテリーガへ降格したあと、選手がかなり入れ替わりましたが幸い新加入選手が揃って活躍しツヴァイテでは、ホッフェンハイム、マインツ、ケルンには勝てなかったもののその他のチームに対しては圧倒的な強さを見せました。特にレスラー、フレンド、ヌジェンクの活躍は素晴らしいものでした。また、マリンが完全にチームの中心選手として成長したシーズンでもありました。
 しかし、2008/09シーズンが始まるとグラートバッハは低迷し17節を終わったところで最下位です。私はプレシーズンの試合を見た感じでは意外にいけるのではないかと期待してしまいましたが甘かったですね。とにかく守備がまるで通用しません。昨シーズンとはそれほど変えずに臨んだシーズンでしたがやはり1部では通用しませんでした。そのうえ、けが人が続出し試合に使えるディフェンダーが足りなくなったりしました。ルフカイも早々と解任されマイヤーが指揮をとっていますが今のところ浮上する兆しは見えてきません。ことグラートバッハに関して言えば、がっかりさせられることが多く、私も最後のほうはあきれてしまっていました。
 こうなったら4人の新加入選手と若手選手、そしてマイヤー監督の手腕に期待するしかありません。まあ、これ以上悪くなることは無いだろうと開き直ってます。後半戦はもう少し失点を抑え最終的には中位くらいに終わってくれたらよいと思います。いや、甘すぎるか? まあ、降格しなければよしとしましょう。

VfLボーフム

 VfLボーフムに関しては2005/06シーズンからファンになりました。当時は2部でしたが見事優勝しその後は2シーズン残留を決めています。しかし、今シーズンはかなりピンチです。17節を終わったところで17位。とにかくここまで1勝しかしていないのです。プレシーズンでも1勝もしなかったし(調整モードの横浜Fマリノスとの引き分けもがっかり・・・)、心配ではありました。でも、グラートバッハと違うのはサッカーの内容自体はさほど悪いとは思わないのです。少なくても私がTVで見た試合はほとんどがそうでした。肝心なところで気の抜けたような失点をするところと、もう少し決定力があがればそこそこいけそうには思うのです。言い換えると、本来勝っているはずの試合をことごとくドローにしてしまったのがいくつもあったのが響いているということです。
 明確なウィークポイントがないので、ウィンターブレーク中の補強はちょっと難しそう。できれば決定力のあるフォワードがほしいところですけど、どうなのでしょう。近所のチームのフォワードに目をつけているという噂はあるようですが。アウアーの穴を埋める予定だった「ヘリコプター」が期待はずれだったのが痛いなあ。それにしても、応援する2チームが最下位と17位にいるとはどういうことなんでしょう。ここまでは私にとって悪夢のような展開です。

その他のチーム

 上記2チームのほかにも3部(ドリッテリーガ)のSCパダボーン、レギオナルリーガ(ヴェスト)のロートヴァイス・エッセン、オーバーリーガ(バーデン・ビュルテンベルク)のヴァルドルフの動向は気になっています。この中ではパダボーンの快進撃が嬉しいです。なんと首位でウィンターブレークに入りました。このまま順調に2部昇格を果たしてほしいものです。正直なところ、今シーズンは、グラートバッハ、ボーフムが不甲斐なさ過ぎることもあって、パダボーンだけが心の支えといってもよいくらいです。残念ながらドイツの3部リーグあたりの情報になると関連サイトを読むしかなくて、なかなか映像を見るチャンスはありません。でも、強い味方がいました。パダボーンについては、kamecaveさんのブログ「新・蒼の洞窟」でハイライト映像も含めて試合のことなど取り上げられてます。パダボーンを扱う唯一の日本語サイトだと思いますので、いつもありがたく思っています。

 というわけで、2008年のドイツのリーグ戦は私にとっては面白くありませんでした。来年はもっと楽しみたいものです。本音を言いうと、最近のサッカーファンにグラートバッハ=弱小チームのように言われるのが非常に不愉快なんです。でも返す言葉がないんです。だから、グラートバッハ、もっと勝って下さい。

次回は日本について。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

08:36  |  Bundesliga 全般  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

こんばんは。
リンク、ありがとうございます!
そもそもパダボーンを私の他に応援している方がいるというのが、なによりも心強い味方です。
それにしても、私もドイツで自分が応援しているチームには失望することが多かったので(しかも期待が大きかった分)、パダボーンの快進撃がとにかくうれしいです。
2部に上がれば情報もぐっと増えるので、このまま後半もがんばって、昇格してほしいです。
kamecave |  2008年12月30日(火) 00:54 |  URL |  【コメント編集】

kameさん
こちらこそいつもありがとうございます。
私の場合、パダボーンは1試合見ただけですが、あのほのぼのとした雰囲気にやられてしまいました。このまま頑張ってもらい、このまま2部昇格を果たしてほしいです。
そして、私は機会があればぜひパラゴンアレーナへ行ってみたいのですが、そのときは1部での試合が見てみたいと思っています。
reis |  2008年12月30日(火) 08:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/62-1b458d14

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。