2013.03.09 (Sat)

2013 J-League Division 2 第1節 千葉 vs. 札幌

 昨シーズンのJ2はプレーオフの導入もあって中位クラスのモチベーションが非常に高く終盤まで混戦が続く面白い展開となりました。また結果としてリーグ戦6位の大分がJ1昇格を決めたこともあり昨シーズンまで下位のクラブも高い目標を掲げるところが出てきました。そこにガンバ大阪をはじめとした力のあるクラブが降格してきたこともあり、今シーズンは昨シーズン以上に激しい昇格争いが予想されます。普段、Jリーグは地元大宮の試合以外はあまり見ない私ですが、今シーズンは関東で開催されるJ2の試合は何試合か見に行こうと思っています。まずは開幕戦の千葉対札幌を観戦にフクアリへ行ってきました。


 当日は曇りの肌寒い天気でしたがスタジアム手前の広場の売店には大勢の人が列をつくり、中にはとんでもなく長い行列ができている店もありました。やはりフクアリでの皆シーズン開幕を待ち望んでいたのでしょう。
 私はキックオフの少し前にスタジアムに着きましたが空いている席がなかなか見つからず、結果的にゴール裏の最上段の非常に風通しのよい席を確保しました。


 千葉は今シーズンから昨シーズン途中まで大宮の指揮をとっていた鈴木監督が率いることになりました。正直なところ鈴木監督は大宮にはあわなかったと言わざるを得ませんが、千葉ではどのようなサッカーを見せてくれるのか注目です。またJ2各クラブの戦力や現時点での仕上り具合をよく知らないため、降格チームの札幌が今シーズンはどれだけの力を持っているのかにも興味がありました。

 試合は立ち上がりは札幌が積極的にゴールを狙ってきますが、完全に相手の守備を崩してのシュートはほとんどなく、やがて時間の経過とともにホームの千葉がボールを支配しゲームをコントロールするようになりました。後半に入るとさらにその傾向が強まりましたが、千葉のほうもFWに入ったケンペスになかなかボールがおさまらず、MFとの連係もよくなかったためペナルティーエリアに近づくと攻撃が停滞してしまい札幌DFは余裕をもって対処できました。左SHのジャイールのドリブルは切れがありましたが、左SBのキムヒュヌンがほとんど上がってこないこともあってボールを受けたときは常に孤立した状態で1人で相手2人に勝負を仕掛ける形になっていました。一方、右SBの高橋は積極的に攻撃参加をしましたがこちらもやはり単独でしかける形が多く攻撃に厚みが見られません。結果としてなかなか決定機といえるようなチャンスは作れませんでした。
 一方、札幌は後半ほとんど守り一辺倒でしたが、アディショナルタイムに相手ミスでボールを奪うとカウンターから内村がミドルシュートで試合を決めました。こういった展開の試合は珍しいことではありませんが、開幕戦でホームチームが敗れるという形でしたのでスタジアム全体にがっかりした空気に包まれました。

 ところで、私はと言うとやはり寒さが応えたのか試合が始まりしばらくすると頭痛に悩まされハーフタイムに薬を飲んだものの回復せず後半はしっかりと試合を見ることが難しい状態でした。早く暖かい季節がやってこないものかと強く感じました。


 さて私にとって久しぶりのフクアリはやはり良いスタジアムです。私は巨大スタジアムよりもそこそこの規模で試合を見やすいスタジアムが好きなのですが、ここはまさにその条件に当てはまります。そして付け加えるなら売店の食べ物もおいしい。これだけ立派なスタジアム、サポーターがいて、J1のクラブに全く遜色ない選手が揃っている。このようなクラブが長くJ2にいてはいけないと思います。


2013 Jリーグ Division2 第1節
2013年3月3日(日), 13:03, フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - コンサドーレ札幌 0:1 (0:0)
千葉: 岡本 - 高橋, 竹内, 山口, キム ヒュヌン (90.+3 佐藤(健)) - 兵働, 佐藤(勇) (90.+3 深井), 米倉, ジャイール - 谷澤, ケンペス (63. ナム スンウ)
札幌: 杉山 - チョ ソンジン, 櫛引, 奈良, 松本 - 河合, 上里, 古田 (86. 砂川), 内村, 神田 (76. 岡本) - テレ (79. 前田)
得点: 0:1 内村 (90.+1)
警告: キムヒュヌン, 谷澤 - 内村, 松本, 岡本
観客: 13,583人
主審: 村上 伸次

スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:21  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/629-ab7b041d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |