--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2013.03.17 (Sun)

2013 J-League Division 1 第3節 大宮 vs. 新潟

 J1第3節の開催された3月16日の関東地方は穏やかな天気でサッカー観戦日和となりました。しかし、私にとっては花粉と格闘しなくてはならない辛い季節です。不本意ながら帽子、マスク、メガネを着用し目薬を差してのサッカー観戦です。


 試合前、通算100試合出場を果たした青木に花束が贈られていました。青木は昨シーズンあたりから本当に信頼できる選手に成長したと思います。今の大宮には欠くことのできない存在でしょう。

 前半からどちらもアグレッシブにぶつかり合う展開となります。お互いが激しくボールを奪いあい一見すると面白い試合にも見えますが、とにかく前へ前へという意識が強いせいか無理なパスを出してカットされたり、個人的なミス等も多くもう少し落ち着いてできないものだろうかとも思いました。どちらにも守備では体を張った激しいプレーが見られ相手にそれほど多くのシュートチャンスを与えない展開ではありましたが、時折、ペナルティエリア近くの危険な位置でミスをする選手がいてこれが相手の決定機につながります。特に大宮にそのようなミスが目立ったので喜んで試合を見ていられる状態ではありませんでした。


 新潟が優勢だった前半ですが、何度かあったチャンスで決められず前半はスコアレスで終了。後半は大宮が左サイドで下平とのコンビネーションからチョヨンチョルが仕掛ける場面が多くなります。ヨンチョルのスピードは相手にとっては嫌だったと思います。対面していた坪内も懸命に対応していましたが、結果的にコーナーキックで終わることが多くなりました。しかし、大宮もこのチャンスは生かせませんでした。
 後半は大宮が優勢ではありましたがそれほど得点の気配はありませんでした。しかし、点が入るときは実にあっけないものです。76分に相手ファールによるフリーキックのチャンスで下平がペナルティエリアに入れたボールを途中交替で入った新人の富山が頭で押し込んでプロ初ゴールを決めたのです。しかしそのままでは終わりません。その後の新潟の攻撃を何とか凌いできた大宮ですがアディショナルタイムに攻撃参加していたCBのキムクナンに決められて同点。新潟が土壇場で追いつきドローで試合が終わりました。


 試合を通して見たときに前半は新潟、後半は大宮が押し気味とはいえほぼ互角の展開だったことを考えると引き分けという結果は全く妥当だとは思います。しかし、やはり92分での失点ということを考えれば、試合終了直後はまるで新潟が勝ち大宮が敗れたかのような雰囲気がスタジアムに漂っていました。

 実に悔しい結果です。開幕戦でも終盤に2点リードを守りきれずにドローで終わったことを考えるとなおさら悔しさがこみ上げてきます。この数年ホームではこういう試合ばかりを見ている気がします。しかしまだ今年のリーグ戦は始まったばかり。昨年までとは違うのだということを示してくれることを期待しています。


2013 Jリーグ Division1 第3節
2013年3月16日(土), 15:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - アルビレックス新潟 1:1 (0:0)
大宮: 北野 - 渡部, 菊地, 高橋, 下平 - 渡邉 (71. 富山), 青木, 金澤, チョヨンチョル - ズラタン, ノヴァコヴィッチ (83. 長谷川)
新潟: 黒河 - 坪内 (68. 菊地), 大井, 金 根煥, 金 珍洙 - 三門, レオ シルバ, 成岡 (79. 鈴木), 田中(亜) - ブルーノ ロペス, 田中(達) (64. 川又)
得点: 1:0 富山 (76.), 1:1 金 根煥 (90.+2)
警告: ズラタン - ブルーノ ロペス, 金 根煥
観客: 10,485人
主審: 今村 義朗
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

12:15  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/632-7ce073c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。