2013.03.31 (Sun)

2013 J-League Division 1 第4節 大宮 vs. 鹿島

 この数日、春らしく暖かくなってきたと思ったら一転して肌寒い一日となりました。本当は晴れた温かい天気のもとでビールを飲んで気持ちよく観戦したいのですが、天気ばかりは仕方ありません。雨が降らないだけ良かったと思うことにします。むしろ、私の曖昧な記憶の中では大宮は涼しい天気のときのほうが勝率が良いような気がするので、この天気は歓迎すべきなのだと言い聞かせながらスタジアムへ向かいました。


 大宮はスロベニア代表のノヴァコヴィッチとズラタンが合流しましたが、ズラタンはコンディションが悪くベンチ入りメンバーから外れ、長谷川がスタメンとなりました。
 試合が始まってわずか1分で鹿島左サイドからジュニーニョが簡単に渡部をかわしてペナルティエリアに侵入し決定機を作り出しました。鹿島はFWダヴィにスピードのある左サイドのジュニーニョやトップ下の野沢、右サイドの遠藤が絡み厚みのある攻撃を展開し、怪我で欠場した大迫の不在を感じさせません。守備もアグレッシブで好守の切り替えも早く大宮はパスをカットされるとたちまちピンチに陥り懸命にクリアするのが精一杯の状況です。いくら鹿島でもこのペースで90分は持たないだろうと思いますが、序盤で先制されると試合運びのうまさがあるだけに大宮は苦しくなるなと感じました。しかし、恐れていたとおりに鹿島が先制点をとります。15分に素早いスローインから柴崎が抜け出してシュートを撃ち、北野が弾いたボールを詰めていたダヴィが難なく押し込みました。このような相手の油断を抜け目無く突いてくるところもいかにも鹿島らしいと感じます。とにかくこの時点で私はこの試合を大宮が勝つのはきわめて難しくなったと思いました。
 しかし、大宮は36分に金澤の左足のミドルシュートがポストに当たってゴールに入り同点にしました。結局前半はそのまま1:1で終わりましたが、ほとんど鹿島のペースで試合が展開される中で同点で終わったというのは大宮にとっては上出来だったと思います。
 
 後半に入ると大宮も鹿島の攻撃に対処できるようになり攻撃も機能し始めました。前半とは違って鹿島の中盤と前線の間が空いて攻撃も個人の突破など単発的になったこともありますが、大宮がアグレッシブにプレッシャーをかけてボールを奪いチャンスを作れるようになりました。
 そして、53分に高橋が左サイドとのワンツーからゴール前まで上がり逆サイドのノヴァコヴィッチにパス、ノヴァコヴィッチがしっかり決めました。高橋の攻撃参加には意表をつかれましたがゴール前でしっかりと周囲が見えている落ち着きも素晴らしいと思います。この試合では守備でもダヴィを相手に奮闘していましたし試合後にマンオブザマッチに選ばれたのも当然だと思います。


 大宮は途中交替で入った富山がこの試合でも幾度と無く思い切りの良いプレーを79分には試合を決定付ける左足のミドルシュートを豪快に決めました。富山には好印象を持っていましたが、このゴールを見てしまうと今後も十分期待できるのではないかと思います。


 ホームではこれまで2試合とも終盤で追いつかれて勝てる試合をドローにしてしまった大宮ですがこの試合はしっかりと守りきりホームでの初勝利。久しぶりに気持ちの良い勝利でした。これまでホームでの2試合は勝てる試合を終盤に追いつかれ4ポイントを失った印象が強いのですが、実は4試合終了時点で勝点8は大宮にとってJ1昇格後の最高の数字です。もちろんまだ始まったばかりですが、今までほとんど勝てなかった鹿島を相手に、今まで滅多に見られなかった逆転勝利を見てしまうとついつい期待してしまいます。次の試合が楽しみです。


2013 Jリーグ Division1 第4節
2013年3月30日(土), 15:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 鹿島アントラーズ 3:1 (1:1)
大宮: 北野 - 渡部, 菊地, 高橋, 下平 - 渡邉 (84. 今井), 青木, 金澤, チョヨンチョル - 長谷川 (71. 富山), ノヴァコヴィッチ (89. 片岡)
鹿島: 曽ヶ端 - 西, 岩政, 青木, 中田 (80. 前野) - 小笠原, 柴崎, 遠藤 (62. 本山), ジュニーニョ (72. 中村), 野沢 - ダヴィ
得点: 0:1 ダヴィ (15.), 1:1 金澤 (36.), 2:1 ノヴァコヴィッチ (53.), 3:1 富山 (79.)
警告: ノヴァコヴィッチ, チョヨンチョル - /
観客: 11,492人
主審: 東城 穣
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

10:15  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/635-cacec108

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |