2013.04.18 (Thu)

2013 J-League Division 2 第8節 千葉 vs. 岡山

 
 まだシーズンは始まって間もないとはいえ、7節終了時点で岡山が2位、千葉が3位につけていて上位同士の対戦となりました。失点が少ないチーム同士なので1つのゴールが勝負を決める緊迫感のある試合展開を予想していましたが、まさにそんな試合になりました。


 試合開始直後から岡山がアグレッシブに攻めます。岡山は基本的には堅守速攻というスタイルでこれは昨シーズンから変わっていないようです。特にこの試合はボールを奪うとロングパスやサイドチェンジを多用つつシンプルに前へボールを運び、多少距離のある位置からでも積極的にシュートを狙う攻撃が印象に残りました。しかし、ミドルシュートは枠をはずすことが多く千葉のGK岡本を脅かすまでには至りませんでした。そして、時間の経過とともに徐々に千葉がペースを掴み始めたところで前半が終わります。


 後半は完全に千葉が試合をコントロールするようになりました。中盤の攻撃的な位置に入った選手が機能しショートパスにサイドチェンジを織り交ぜてほとんど岡山の守備を崩しかけた場面もありましたが、ラストパスやクロスの精度が悪くゴールにつながりませんでした。一方の岡山はエースの荒田が竹内に抑えられほとんど仕事ができず、攻撃のほうは特筆すべき点はありませんでしたが、守備では奮闘。終盤は千葉の猛攻に対しほぼ全員で守りきりました。


 結局、最後までゴールシーンは見られませんでしたが、試合前に予想した通り見ごたえのある試合になりました。千葉、岡山どちらも守備の強さを発揮、それをそれぞれのやり方で打ち破ろうとし、その中でこのぶつかり合いなどどちらのファンでもない人が客観的にみても楽しめる試合だったのではないでしょうか。

 千葉は前半こそ岡山の積極的な攻撃に対して守勢になりましたが、1試合を通して危ない場面は数えるほどしかありませんでした。攻撃についても私が前回観戦した開幕の札幌戦に比べると選手間の連係もよくなり攻撃に厚みが増していました。試合後の監督や選手のコメントを読むとやはりシュートの前のプレーの精度を課題としてあげていましたが、私も同じように思いました。
 気になったのが両サイドバック。この日は右は米倉、左は大岩がプレーしていましたが、どちらも慣れていないのかなんとなくぎこちなさを感じました。千葉の場合はおそらく相手との力関係から相手が守備を固めてくる展開が増えるはずで、そんな試合ではサイドバックの攻撃参加、クロスが非常に重要になると思います。極論かもしれませんがサイドバックのパフォーマンスが千葉の今シーズンの成績に大きな影響を与えるかもしれません。

 一方の岡山について。岡山の試合を見るのは1年ぶり(ちょうどこの試合と同じ)でした。ストライカーは川又から荒田に変わりましたが、選手も戦術も変わらず完成度が増したという印象を受けました。安定した守備をベースにしているので長いリーグ戦でも大きく崩れることは無く上位争いに加わりそうな気がします。 


2013 Jリーグ Division2 第8節
2013年4月14日(日), 16:03, フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - ファジアーノ岡山 0:0 (0:0)
千葉: 岡本 - 米倉 (75. 高橋), 竹内, 山口(智), 大岩 - 佐藤(健), 兵働, 田中, ジャイール, 谷澤 - ケンペス (82. 大塚)
岡山: 中林 - 後藤, 竹田, 植田 - 田中 (90.+2 近藤), 千明, 仙石, 田所 - 関戸 (80. 押谷), 荒田, 石原 (80. 久木田)
得点: なし
警告: 谷澤 - 押谷
観客: 8,406人
主審: 村上 伸次
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

02:41  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/641-312921b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |