--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2013.04.21 (Sun)

2013 J-League Division 1 第7節 大宮 vs. 浦和

 今シーズンのさいたまダービーはともにリーグ戦無敗、順位も浦和が2位、大宮が3位でともに好調な状態でぶつかりあうことになりました。あいにく小雨の降る肌寒い日となりましたがこの試合は見逃すわけには行きません。


 ゴール裏の浦和サポーターによる素晴らしいコレオ。個人的に嫌な記憶もあるさいたまダービーですが、これは毎回楽しみにしています。

 試合の立ち上がりは大宮がいきなり攻め込み開始3分に片岡のシュートがクロスバーを叩くシーンがありましたが決まりませんでした。大宮は39分にも左からのクロスに対するズラタンのヘディングがポストを直撃するシーンがありましたがこれも決まりませんでした。しかし、前半のアディショナルタイムに大宮は渡邉が下平とのパス交換で左サイドを崩し折り返したクロスをズラタンが決めて先制し前半を終了しました。
 立ち上がりこそ大宮が押し込む展開でしたが、その後は徐々に浦和が試合をボールを持つ時間が長くなり大宮もチャンスが作れなくなってきていましたのでこの先制点は非常に大きいものとなりました。


 後半は浦和がボールを支配し大宮が守る形になりますが、この試合の大宮は浦和の前線の選手に対してマンツーマンディフェンスでしっかりと対応しパスが出しにくい状態を作り出していました。結果として浦和は最終ラインとゴールキーパーの間で意味の無いパス回しをする時間が多くなりました。ディフェンスラインも崩れることは無くディフェンスラインの裏を狙う興梠の飛び出しもほとんどオフサイドにしていました。大宮には後半はチャンスはひとつもありませんでしたが、浦和も攻め手を欠いてそのまま試合が終わりました。
 大宮にとっては狙い通りのサッカーを最後までやり通した結果が勝利となったのだと思います。浦和にとっては前半での原口の負傷退場と那須が負傷でピッチから出ている間の失点は不運でした。


 試合全体を通してみると、浦和のパスサッカーを大宮の守備が封じ少ないチャンスを生かして決めた1点を守りきったという試合でした。一般的には浦和のスペクタクルなパスサッカーの方が、大宮の現実重視で守備的なサッカーよりも見ていて面白いと思うのが普通でしょうが、大宮が浦和のサッカーを長所をつぶしたのですから、両チームのファンが見ればあまり面白い試合ではなかったのではないでしょうか。しかし、直接対決の場では勝敗がすべてです。この勝利で大宮が得た勝点はリーグ戦の1試合と同じ3ポイントですが、私の感じることができた喜びは普段の3倍くらい大きなものでした。


2013 Jリーグ Division1 第7節
2013年4月20日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 浦和レッズ 1:0 (1:0)
大宮: 北野 - 今井, 菊地, 片岡, 下平 - 渡邉 (85. 村上), 青木, 金澤, 富山 (82. 渡部) - ズラタン (86. 長谷川), ノヴァコヴィッチ
浦和: 加藤 - 森脇, 那須, 槙野 - 梅崎 (69. 関口), 阿部, 鈴木, 宇賀神 (84. 阪野), 柏木, 原口 (27. マルシオ リシャルデス) - 興梠
得点: 1:0 ズラタン (45.+2)
警告: 金澤 - 鈴木
観客: 1,3016人
主審: 飯田 淳平

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

20:45  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/644-8279a26e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。