--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2013.04.27 (Sat)

2. ブンデスリーガ 2012/13 第31節 ザントハウゼン vs. ボーフム

 ツヴァイテリーガ第31節、ボーフムはザントハウゼンとアウェイで対戦しました。ザントハウゼンは一般的にはあまり聞かない地名ですが、バーデン・ヴュルテンベルク州の北部、ハイデルベルクに近いところにある町です。試合会場はハルトヴァルトシュタディオン。私は行ったことがないのですが、中継の映像を見た限りでは実にのどかな雰囲気の漂っています。収容人数は10,231人とのことですが小雨の降る金曜日の試合とあってかこの試合の入場者数はわずか4,400人と寂しくこの試合がツヴァイテ下位同士の試合であることを実感します。またこの試合の中継を担当したクリスティーナ・グラフさんの実況もまたツヴァイテリーガらしい雰囲気に拍車をかけます。でも私はこういうのどかな雰囲気は結構好きです。

 さてそのザントハウゼンですが今季はクラブ史上初めてツヴァイテで戦うことになりましたが、やはり戦力的に劣るため苦戦を強いられました。しかも28節を最後にチームの得点のほとんどを稼いでいたキャプテンでエースストライカーのレニンクが負傷で離脱し苦しい状況に追い込まれてしまいました。この試合ボイゼン監督は3-4-3の攻撃的なフォーメーションを採用しましたが、それでも迫力に欠けることは否めません。一方ボーフムはノイルーラー監督になって3試合目ですがスタメンはきっちり固定されています。

 前半は最初のうちザントハウゼンがやや優勢でした。中盤でユン、シャウアーテ、アヘンバッハが攻撃を組み立て、前線のウッテンがディフェンスラインの裏を狙います。7分にボーフムディフェンスラインがオフサイドトラップのミスをついて裏に抜けたウッテンがフリーでシュート。12分にはシャウアーテのフリーキックをフィーサーがフリーでヘディングシュートという2つの大きなチャンスがありましたが決められず、その後は次第にボーフムが試合をコントロールする形になりました。ボーフムは前半の終わりのほうで何度もセットプレーのチャンスがあり、41分にチャトコフスキのコーナーキックをマルトリッツが頭で決めて先制。ボーフムが1点をリードしてハーフタイムに入ります。

 ハーフタイムにザントハウゼンは2人を同時に交代。さらに59分に3人目の交代を行い勝負をかけますが状況は打開できず、後半は終始ボーフムのペースとなります。ボーフムはボランチのゴレツカ、クラマーが何度も相手ボールを奪いチャトコフスキ、田坂につなぎチャンスを演出、ボーフムはシュートをうちまくります。この試合のボーフムのシュート数は後半だけで26本(前半も含めて32本)を数えましたが1つも決まりませんでした。ちなみにボーフムはコーナーキックも後半だけで10回(前半も含めて合計16回)がありました。
 そうなると守備にミスの多いボーフムは失点が心配になります。後半のザントハウゼンはほとんどチャンスは無かったのですが、77分にザントハウゼンのロングボールに対してアクヴィスタパーチェとルムブが譲り合う形になりユンがゴール前でフリーになる場面がありましたが焦ったユンがシュートをミスしボーフムは救われました。このような守備の大きなミスは今でも散見されボーフムにとっては依然として大きな課題であることがわかります。

 結局、1:0のまま試合終了。ボーフムは残留に向けて重要な試合で3ポイントを獲得しました。アウエ戦で取り返しのつかない敗戦をしたと思いますが、まさかその後3連勝をするとは思いませんでした。この勝利によりボーフムが17位以下になることはなくなり最悪でもドリッテ3位との入替戦は確保しました。15位以上で残留を決めるためにはまだザクセン州の2チームとの熾烈な争いが続きますが、この勢いなら15位以上でシーズンを終えることができるのではないかという気がしてきました。次節はホームでケルンと対戦ですが、この試合はボーフムの勢いが本物かどうかの試金石になりそうです。チケットはすでに完売しています。


2. BUNDESLIGA 2012/13 31.Spieltag
26.04.2013 18:00 Uhr, Hardtwaldstadion, Sandhausen
SV Sandhausen 1916 - VfL Bochum 1848 0:1 (0:1)
Sandhausen:Langer - Schulz (46. Dorn), Morena (59. Olajengbesi), Pischorn - Achenbach, Fießer, Schauerte, Falkenberg - Yun, Wooten, Adler (46. Ulm)
Bochum: Luthe - Freier, Maltritz, Acquistapace, Lumb - Kramer, Goretzka, Tasaka (81. Chaftar), Rzatkowski (75. Toski) - Dedic, Aydin (69. Delura)
Tore: 0:1 Maltritz (41.)
Gelbe Karten: Falkenberg - /
Zuschauer: 4.400.
Schiedsrichter: Tobias Christ (Münchweiler)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

11:17  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/645-15bd6a72

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。