--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2013.05.27 (Mon)

2012/13シーズンのボーフムを振り返る。

 今シーズンのボーフムは勝点は昨シーズンを1つ上回りましたが最終順位はクラブ史上最悪の14位に終わりました。本当に28節のアウエ戦の大敗直後は、さすがに残留は厳しいだろうと思いました。そんなシーズンはさっさと忘れてしまいたいところですが、一応振り返っておきます。

■ 1シーズンで2度の監督交代
 昨シーズンの途中からチームを率いていたベルクマン監督が継続して指揮することとなり戦術面も浸透してくることを期待していましたがシーズン開幕当初からなかなか勝ちきれない試合が続きました。誤審など不運もありましたが得点力不足が不振の大きな原因となっていました。そして第11節のアウエ戦。サッカーの試合とは思えない雪原での球蹴りで大敗、キャプテンのGKルーテも怪我で戦線離脱。結局、この試合のあとにベルクマン監督が解任されました。
 ベルクマン監督解任のあと、ナイツェルコーチが暫定監督となりましたが結局そのまま監督となりました。戦術的な面ではベルクマンと大差はありませんでしたが、それでもウィンターブレーク前にはリーグ戦とカップ戦含めて3連勝するなど調子は上向いてきたかと思いました。しかし、そこで中断に入ってしまいさらに中断期間中の練習試合で主力選手が次々と怪我するなどまるで運に見放された形になりました。その結果、リーグ戦再開後はほとんど勝てず、28節のアウエ戦大敗の結果を受けナイツェル監督が解任されることになりました。
 残り6試合となったところでボーフムは過去にボーフムを2部から1部へ昇格させ、UEFAカップに出場までしたこともあるノイルーラーにチームを託しました。これが功を奏して4連勝で泥沼を脱出し見事に残留を決めました。ノイルーラーはデディッチとアイディンの2トップによる4-4-2のフォーメーションを組み、右SBにはフライヤーを起用しました。戦術的には特に真新しいことはしていませんが、使える選手と使えない選手を適切に見極め、怪我の選手を除けばスタメンを完全に固定しました。こういうことができたのはやはり監督としての経験なのかと感心しました。
 
■ 不安定な守備
 ボーフムは以前から守備は不安定でしたが、今シーズンは特に両サイドバックが戦力ダウンしました。さらに怪我をしたルーテの代役として起用されたヘールヴァーゲンは珍プレーを見せるなど守備が不安定で余計な失点が増え、結局第3GKのエッサーがゴールマウスに立つことに。
 
■ 深刻な得点力不足
 シーズン前半のボーフムはデディッチの1トップ、トップ下にイアシヴィリというフォーメーションを多くとりましたがこれが全く機能しませんでした。もともとデディッチはトップで張るタイプではなくスピードを生かしてDFラインの裏を狙うプレーを得意とするタイプでしたし、イアシュヴィリはピークを過ぎていました。
 個人的な意見ですがもう少し早くシステムの変更など手を打てなかったものかと歯がゆく感じていましたが、その後は主力選手に怪我が相次ぎ、デディッチ、アイディンの代わりをゲラシヴィリ、シャイトハウアー等、ツヴァイテリーガで戦う上では明らかに役不足の選手で戦わなくてはならない事態になりました。

■ 勝負弱さ
 守備や得点での問題以外に1試合ごと勝負弱さが目立ちました。例えば、試合の序盤にミスで相手に先制を許してしまうとたちまち落ち着きをなくしてしまい立て続けに失点してしまったり、接戦で終盤に差し掛かったところで致命的なミスをしたりという試合が本当に多くもったいない試合が多かったと思います。また、シーズンの中で重要なポイントとなる試合で不甲斐ない試合をしてファンの期待を裏切ってしまいました。
 これは試合経験の乏しい選手が多く敗戦につながるミスを繰り返していくうちに自信を喪失してしまうという悪循環に陥ってしまったのだと思います。このようなときにチームの精神的支柱となるような存在がいればよかったのだと思いますが、ボーフムの場合はどうだったのでしょう。

■ 若い選手の活躍
 いろいろ問題の多かったボーフムの中で、MFのゴレツカ、クラマー、チャトコフスキの3人はよく頑張ったと思います。彼ら3人と田坂が揃ったときのボーフムの中盤はしっかりしていました。特にゴレツカ、クラマー、チャトコフスキは試合に出場し続けることで自信をもってプレーできるようになり、シーズン終盤にはチームの中心として欠かせない存在になりました。彼らがそのままチームに残れば、来シーズンが本当に楽しみだったのですが…。

 まあ、いろいろありましたが、最後は何とかツヴァイテ残留を果たし一安心です。本音を言うと早く上を目指してほしいのですがまだそう簡単には行きそうにありません。来シーズンのことについては、またシーズン開幕前に書きたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

23:58  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

クラマーはグラートバッハに2年レンタル決まりましたね。ジャカよりフィットしそうですかね。
Yoizumi |  2013年05月29日(水) 20:14 |  URL |  【コメント編集】

Yoizumiさん
コメントありがとうございます。
クラマーに関してはレヴァークーゼンにそのまま戻る可能性は低いということでしたので、どこでプレーすることになるのか注目していたのですがグラートバッハになりましたね。
彼は試合で経験を積めばまだ成長する選手だと思いますので、チャンスを与えてほしいと思います。欲を言えば買取オプションのついた契約であればよかったのにと思いますが、とにかくクラマーをグラートバッハで見られると思うと楽しみです。
reis |  2013年05月30日(木) 00:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/656-1f741283

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。