2013.09.01 (Sun)

ブンデスリーガ2013/2014 第4節 グラートバッハ vs. ブレーメン

 今季のグラートバッハは、開幕戦は相手がバイエルンなのでホームでハノーファー相手に素晴らしい試合を見せたかと思えばアウェイでは不甲斐ない試合でレバークーゼンに敗れてしまいました。第4節の対戦相手ブレーメンに対しては過去はホームでは良い試合をすることが多かったという印象が残っています。ブレーメンといえばリーグ屈指の攻撃力を持ちながら守備力には問題を抱えていることが多く、過去はグラートバッハがホームでは相手の弱点をつけていたのだと思います。
 しかし、今季のブレーメンは長年チームを率いてきたシャーフに代わりデュットが新監督に就任。ここまでの3試合からはこれまでと違い組織的な守備で勝利を積み上げてきた印象を受けます。ファヴレ監督もブレーメンの守備力、そしてカウンターの強さを警戒し、攻撃の組み立てをしっかりと考えていかなくてはならないと警戒していました。

 前半はグラートバッハは主導権を握りながらなかなか崩しきれない展開が続きます。ブレーメンが思った通りに組織的に守備でなかなかスペースを与えてくれませんでした。ただし、アウェイでのバイエルン戦やレバークーゼン戦とは違い、ブレーメンがさほど前へプレッシャーをかけてこないのでグラートバッハは余裕をもって戦うことはできていて相手のカウンターに対してもしっかり対応はできていたと思います。
 36分、センターラインより手前からシャカがアランゴへのロングパスを出すと、アランゴは左サイドをオフサイドぎりぎりタイミングで抜け出し、左足でゴールを決めて先制しました。結果論ではありますが、このゴールが試合の勝敗に非常に大きな影響を与えました。前半のグラートバッハはボランチと攻撃的な4人が分断されることなく非常に良いコンビネーションで何度も相手を崩そうと試みます。特にこの試合はシャカが攻撃的な役割を担いクラマーがバランスをとり2人の間の関係もかなり良くなってきたように思います。

 後半に入り53分にグラートバッハが追加点を奪います。ヤンチュケのミドルシュートを相手GKがはじいたボールをラファエルが押し込みました。これでますます優位に立ったグラートバッハはその後は危なげなく試合を進めノルトヴァイトのオウンゴールで失点はしましたが、その後クルーゼとヘアマンもそれぞれゴールを決めて4:1で試合が終わりました。

 後半は一方的な展開になりましたが、やはり重要なのは先制点。特に今季のブレーメンのような組織的に守りカウンターに強さのあるチームと対戦した場合、先制されてしまうとどうしても無理に点を取りに行こうとしてバランスを崩しカウンターでさらに失点を積み重ねるというのがこれまでのグラートバッハの悪い点でした。しかし、先制できたことにより落ち着いてゲームの組み立てができバランスを崩すことはありませんでした。むしろ相手のブレーメンがそんな悪い形に陥ってしまったように思います。先制点がブレーメンに入っていたら全く逆の結果になっていたかもしれません。

 とにかく、ホームで2試合続けて快勝したというのは喜ばしいことです。この試合ではボルシアの誇る「ファンタスティック・フォー」が1ゴールずつ記録しました。自分の得意の形に試合を持ち込めた時にはそれなりに力を発揮できることはわかりました。しかし、そうでない場合、例えば前節のレバークーゼン戦のように相手にプレスをかけられ押し込まれる展開になった時や、極端に守備的に戦う相手に対してなかなか先制できないような展開になった時にどう状況を打開するのかといった部分はまだ見えません。本気でヨーロッパを目指すのであれば試合展開や相手の特徴に応じて対応できるオプションを持っていなくてはいけないと思います。今季はそういった苦しい展開での結果もある程度期待したいと思っています。
 

1. BUNDESLIGA 2013/14 4.Spieltag
31.08.2012, 15:30 Uhr, Stadion im Borrusia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - SV Werder Bremen 4:1 (1:0)
Borussia: ter Stegen - Jantschke, Stranzl, Dominguez, Daems - Kramer, Xhaka (61. Nordtveit) - Herrmann (86. Hrgota), Arango (89. Wendt) - Raffael - Kruse
Bremen: Mielitz - Fritz, Prödl, Caldirola, Gebre Selassie - Makiadi, F. Kroos - Elia (30. di Santo), Hunt - Junuzovic (76. Yildirim) - Petersen (68. Arnautovic)
Tore: 1:0 Arango (36.), 2:0 Raffael (53.), 2:1 Nordtveit (69., Eigentor), 3:1 Kruse (74.), 4:1 Herrmann (85.)
Gelbe Karten: Jantschke, Xhaka, Kramer - /
Zuschauer: 53.392
Schiedsrichter: Günter Perl (Pullach)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

21:46  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/678-b5744cd6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |