--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2013.09.16 (Mon)

ブンデスリーガ2013/2014 第5節 ホッフェンハイム vs. グラートバッハ

 グラートバッハはホッフェンハイムには相性が悪く過去の対戦ではホームで1勝を記録しているだけでアウェイでは1勝もできていません。グラートバッハが強かった2011/12シーズンも敗れているし、ホッフェンハイムが辛うじて1部残留を決めた昨シーズンも勝てませんでした。ジンスハイムのスタジアムは見やすくてよいスタジアムで好印象を持っているのですが、こと試合となると全く良い印象がありません。
 ここまでグラートバッハは2勝2敗ですがホームでの2勝は今シーズンに期待を抱かせる素晴らしい内容でした。一方のホッフェンハイムは1試合平均3得点という攻撃力を示しながら1試合平均3失点という守備の弱さを露呈。しかもこの試合は攻撃の中心ロベルトフィルミーノを怪我で、セットプレーで強さを見せるサリホヴィッチを出場停止で欠き攻撃力は落ちた状態です。普通ならグラートバッハ有利と予想されても不思議ではない対戦ですが、過去の対戦を考えるとそう簡単にいくようには思えませんでした。

 さて試合です。前半からグラートバッハがボールを支配し攻め立てますが、ホッフェンハイムは組織的な守備で粘り強く対応、グラートバッハにスペースを与えません。ホッフェンハイムはボールを奪うとサイドを使って反撃しゴール前で決定力のあるモデストが勝負するという形でゴールを狙います。グラートバッハにとってこういう戦術を取られると攻撃が思い通りにいかずフラストレーションがたまります。守備的な相手には先制点が重要なのでとにかく我慢してほしかったのですが、前半終了直前、最悪の時間に左サイドをエルユヌシが切り込まれ中央に入れたクロスにモデストが頭で合わされ先制を許してしまいました。

 1点をリードしたホッフェンハイムがされに守備的になったこともあって後半はグラートバッハが一方的に攻める形になります。後半開始間もない時間帯にアランゴやラファエルに決定機がありましたが決めきれず、逆にモデストのスルーパスからフォラントに決められて2点差にされてしまいました。グラートバッハにとってはもっとも警戒すべき選手に決められ苦しくなってました。その後、グラートバッハは途中交代で入ったフルゴタが追撃のゴールを決めます。この試合のフルゴタは絶好調で相手を混乱させ決定機を作り出していました。しかし、その後も何度かあった決定機でもゴールは奪えずホッフェンハイムに守り切られてしまいました。 

 試合前のプレスカンファレンスでギズドル監督はグラートバッハの手本になるチームと称賛したうえで組織的に戦いカウンターに注意を払わないといけないというような話をしていたのでなんとなくこんな試合展開になるのではないかという気はしていました。ギズドル監督は試合後にも「意識して守備をしたかった。グラートバッハ戦では相手の思うつぼにはまってはならないのは明らかだから。攻守の早い切り替えからゴールチャンスを作りたかったがうまくいってうれしい。」とコメントしています。相手の戦術にやられたという印象が強い試合でした。
 グラートバッハが苦戦する試合展開としてバイエルンやレバークーゼンのように攻撃でプレッシャーをかけられ中盤が押し込まれてカウンターの威力が半減してしまう展開、そしてこのホッフェンハイム戦のようにコンパクトに守られてしまう展開の2パターンがあります。前者はレバークーゼン戦、後者はフライブルク戦などによく見られる傾向です。どちらについても言えますがグラートバッハは自分たちのやりたいことが封じられてしまうともうなす術なしという感じです。そんな状況を打開するためには戦術面でのオプションを増やして状況に応じて使い分けていければよいと思うのです。もちろん口で言うほど簡単なことではないでしょうが今シーズンのメンバーはある程度それが可能なメンバーが揃っていると思います。それができれば、現在チーム戦術に合わずに干された状態になっている選手たちにも活躍の場が生まれると思うのです。とにかく同じチームに何度も同じような負け方をしているようではELを目指すことはできません。


1. BUNDESLIGA 2013/14 5.Spieltag
15.09.2012, 15:30 Uhr, Wirsol Rhein-Neckar-Arena, Sinsheim
TSG Hoffenheim 1899 - Borussia M'gladbach 2:1 (1:0)
Hoffeinheim: Casteels - Beck, Abraham, Vestergaard, Johnson - Polanski, Rudy (78. Süle) - Volland, Herdling (56. Strobl), Elyounoussi - Modeste (71. Schipplock)
Borussia: ter Stegen - Jantschke, Stranzl, Dominguez, Daems - Kramer (70. de Jong), Xhaka - Herrmann (65. Hrgota), Arango (70. Younes) - Raffael - Kruse
Tore: 1:0 Modeste (45.), 2:0 Volland (54.), 2:1 Hrgota (75.)
Gelbe Karte: Beck, Modeste, Abraham - Jantschke, Xhaka
Zuschauer: 29.447
Schiedsrichter: Christian Dingert (Lebecksmühle)



スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

18:53  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/680-f64199dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。