2013.11.25 (Mon)

ブンデスリーガ2013/2014 第13節 シュトゥットガルト vs. グラートバッハ

 ブンデスリーガの第13節、グラートバッハはアウェイでシュトゥットガルトに快勝し4連勝としリーグ戦4位をキープしました。今季は補強も成功し開幕戦から内容の良いサッカーをしながらアウェイではなかなか勝てなかったグラートバッハですがこれでアウェイでも2連勝。とりわけとても苦手にしているシュトゥットガルトを相手に内容も伴った勝利をおさめたことは今後に向けても大きな弾みになりそうです。

 この試合もグラートバッハはシュトランツルとヤンチュケのCB、右SBがコルプ、左SBがヴェントというフォーメーションで試合に臨みました。
 前半は両チームともにアグレッシブで見応えのある展開になりました。グラートバッハには16分には相手ディフェンスラインの裏に抜けたヘアマンがスルーパスを受けてシュートを放ち、GKがはじいたボールを詰めていたクルーゼが得意の左足でシュートを放つという大きなチャンスがありました。一方のシュトゥットガルトもスピードのあるヴェルナーが幾度となくペナルティエリア内まで攻め込んだり、クヴィストが隙あれば距離のある位置から強烈なミドルシュートを放つなどグラートバッハゴールを脅かします。
 そんな一進一退の攻防が続いた37分にグラートバッハが先制に成功しました。中盤で相手のパスをカットしたラファエルからヘアマンにつながり再びパスを受けたラファエルがするすると相手DFとGKをかわしゴールに流し込みました。
 1点リードするとシュトゥットガルトは攻撃に力を注がなくてはならず、グラートバッハ得意のカウンターが決まり始めます。前半終了間際にもヘアマンがドリブルで相手DFラインを切り裂きフリーのクルーゼが強烈なシュートを放つなど追加点を予感させてハーフタイムに入りました。

 その予想通りに後半はシュトゥットガルトの攻めには多少強引さが目立ち始めグラートバッハのカウンターが次々と決まるようになります。そして、73分に追加点。左サイドの深い位置から折り返したボールを受けたヴェントが左足でゴール左すみぎりぎりの狭いところを決めました。これは素晴らしいシュートでした。この試合のヴェントは高い位置でプレーする時間が長くアランゴとのコンビネーションもよく攻撃面での貢献度が高かったと感じます。彼の場合も試合に安定して出場できるようになり落ち着いてプレーできるようになってきたのではないでしょうか。
 2点差になったあとのシュトゥットガルトが極端に前がかりになったこともあってグラートバッハには何度も決定機がありました。本来なら絶対に決めなくてはいけないほどの決定機も2度ほどありましたが、まあ得失点差はかなり稼いでいるので大目に見たいと思います。

 シュトゥットガルトは非常にアグレッシブだった反面、パスミスが多くボールを奪えたこと。またこれまでアウェイで対戦してきた相手とは違って中盤にスペースを作ってくれたことで思い通りの試合ができたと思います。もうアウェイだから勝てないということはないでしょう。最近の試合ぶりを見ていると4位という順位は全く妥当だと感じます。 
 当初は不安視していたヤンチュケのCBとコルプの右SBについてはすでに全く問題ないことは実戦で証明されています。それどころかむしろこちらの方が安定感を感じるほどです。ヤンチュケに関してはもともとトップチームではボランチとして起用されることがあったし、これまでも右SBで使われながら練習試合でCBを無難にこなしたりしていたようですので、ノルトヴァイトと同じようにオールラウンドプレーヤーなのだと思います。
 コルプに関しては選手をほとんど固定して使うファヴレ監督のもとで一時はレンタルでの移籍先を探している状態でしたが移籍の話がうまくまとまらずにチームに残っていたところにDFの怪我続出という事態。このチャンスをしっかりつかみました。ここまでやれれば仮にドミンゲス、ブラーウェルス、ノルトヴァイトが戻っても、ファヴレ監督は戦力として計算することでしょう。

トニー・ヤンチュケの試合後のコメント
「過去4試合で私たちは2失点しかしていない。このことは本当にすごいことだ。2人のボランチは本当に素晴らしいプレーをしている。クリストフ(クラマー)とグラニート(シャカ)を称賛する。私は大きくはないので彼らが空中戦では助けてくれた。もちろん終盤はカウンターを最後までもっとしっかり決めなくてはいけないし、前半の最初は攻め込まれすぎた。でも全体的に見て十分に妥当な勝利だった。」

<引用記事>
Stimmen zum Spiel (BMG公式サイト)


1. BUNDESLIGA 2013/14 13.Spieltag
22.11.2012, 20:30 Uhr, Mercedes-Benz-Arena, Stuttgart
VfB Stuttgart - Borussia M'gladbach 0:2 (0:1)
Stuttgart: Ulreich - Schwaab, Niedermeier, Rüdiger, Rausch - Gentner, Kvist (63. Abdellaoue) - Leitner (46. Traoré), Werner - Maxim - Ibisevic
Borussia: ter Stegen - Korb, Jantschke, Stranzl, Wendt - Kramer, Xhaka - Herrmann (85. Rupp), Arango (88. Hrgota) - Raffael (90. de Jong) - Kruse
Tore: 0:1 Raffael (37.), 0:2 Wendt (73.)
Gelbe Karten: / - Xhaka, Korb
Zuschauer: 49.560
Schiedsrichter: Thorsten Kinhöfer (Herne)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

00:03  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/693-92726a12

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |