2014.04.13 (Sun)

香港リーグ1部 2013/14 第17節 太陽飛馬 vs. 天行元朗

 深水埗で東方沙龍と日之泉JC晨曦の試合の観戦を終えた私はクリーニング屋に出していた衣類を引き取りホテルの部屋に戻りました。しかしホテル近くの旺角スタジアムで30分後に試合があることは知っていました。まあ、無理してみなくてもよいとは思っていましたが時間があることだし行ってみることにしようかと軽い気持ちで出かけたのです。こうして私のサッカー観戦経験でおそらく過去に1度しかない1日2試合のスタジアム観戦となったのです。


 旺角スタジアムでの観戦は2週間前に続き2試合目になります。前回は東方沙龍のホームゲームでしたが今回は太陽飛馬(Sun Pegasus)のホームゲームです。ホームチームが変わると試合前の雰囲気も変わってきます。例えば、大型ビジョンによる選手の紹介などは確か東方沙龍のホームゲームではやっていなかったように思います。ところで、この選手紹介の映像が私がよく観戦しているNACK5スタジアムの大宮アルディージャのものとそっくりで親近感を覚えました。そういえば、この大型ビジョンの形や片側のゴール裏にしかないところなども似ているのです。

 太陽飛馬は先週香港仔での南區戦を観戦しているのでどんなチームかはだいたい把握できています。私が香港リーグで見たチームの中では攻撃面では最も洗練されたチームだという印象です。対戦相手の天行元朗には藤本雄基という日本人選手がいます。私はこの選手のことは知らなかったのですが、経歴を調べてみるとJ2のザスパ草津に2シーズン在籍していますが公式戦の出場はなかったようです。その後福島ユナイテッド、バンディオンセ加古川、パイオニア川越を経て香港に渡ったようです。しかし何よりも親近感を感じるのは彼の出身が埼玉県で、出身校が私の実家から近い大宮東高校だということです。


 さて試合は何となく予想していた通り、太陽飛馬が圧倒する展開になりました。14分にペナルティエリアにドリブルで侵入したランデロヴィッチが倒されPKを獲得。これを元ボスニア代表FWのアドミール・ラシッチが決めて先制し、その後もボールを試合し常に攻め続けます。天行元朗もカウンターで何度かチャンスを作り藤本やサンドロが惜しいシュートを放ちますがGKの好セーブもあって得点できずに前半終了。

 後半に入ると太陽飛馬の一方的な展開となります。57分に香港代表MF、鞠盈智のコーナーキックを元香港代表のCB蘇偉泉がヘディングで決めて2点差とすると、天行元朗の集中力は切れてしまったのかそれまで時折見せていたカウンターも見られなくなってしまいました。太陽飛馬は途中から入った2人の選手(鄧景煌、葉子俊)がいずれもゴールを決めるなど選手交代もうまくいき、結局は4:0という圧勝で試合終了です。やはり、太陽飛馬の攻撃力は一味違うものがありリーグ戦で上位争いをしているのも納得できます。


 試合が終わった後は、どちらかというと完敗したはずの天行元朗の数少ないファンが懸命に選手に声援を送っている姿が印象に残りました。さて試合が終わったら食事です。今日は何を食べようかと迷いつつスタジアムを後にして旺角の雑踏へ向かいました。

 さて、これで私の香港サッカー観戦は終了です。今後、香港サッカーを現地観戦する機会があるかどうかわかりませんが、きっと香港に行く機会があれば見に行ってしまうことでしょう。 


HKFA 1st Division 2013/14 17. Matchday
22. Mar.2014 17:30 Mongkok Stadium
Sun Pegasus - I-Sky Yuen Long 4:0 (1:0)
Goal scorers: 1:0 Rascic (14., PK), 2:0 So (57.), 3:0 Deng (62.), 4:0 Yip (76.)
Cautions: Randelovic - Mijanovic, Chan, Cheung, Fung
Attendance: 1005
スポンサーサイト

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

17:53  |  アジアサッカー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/709-e0c5ff3e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |