--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2014.05.03 (Sat)

2014 J-League Division 1 第10節 C大阪 vs. 大宮

 4月9日、初めて長居で試合を観戦しました。天気予報では関西地方は雨でかなり強く降ることもあるとのことでした。予報が外れてほしいと願っていましたが、そうはいかずJRの鶴ケ丘駅を降りたときはかなり強い雨が降っていました。


 体調があまり良くなかったこともあってずぶ濡れになっての観戦は避けたかったのですが、屋根のある席を確保できて一安心。やはり屋根のあるスタジアムはいいですね。


 試合経過を振り返ります。前半は、最初の10分くらいはお互い様子をうかがうように慎重な戦いぶりでしたが、その後はほとんど一方的にセレッソが攻撃し、大宮が守るという展開になりました。大宮はこの試合は5-4-1で守備重視のフォーメーションで戦い、狙い通り前半を無失点で切り抜けました。試合後の監督や選手のコメントを読むと「ある程度やりたいことはやれた」とのことですが、果たしてそう考えてよいのでしょうか。意地の悪い言い方ですが前半大宮が無失点だったのは運が良かっただけではないかと思います。守備に人数を割いている割には簡単に相手にペナルティエリアへの侵入は許し決定的なチャンスを与えてしまっていました。相手のシュートミス、江角のセーブがなかったら、そしてクロスバーが味方してくれなかったら先制点を簡単に奪われていたことでしょう。点が取れないチームは先に失点してしまうと焦りや集中力などから、一気に崩れて一方な展開になってしまうということがよくあります。この試合も一歩間違えばそういう展開になっていたと思います。

 後半も大宮にはほとんどチャンスはありませんでした。最もセレッソの選手たちのプレッシャーが弱くなったせいか前半よりはボールは持てるようになりましたが、ただボールを回しているだけという印象で相手は全く怖くなかったでしょう。
 それでもなんと70分にセットプレーのチャンスを生かして大宮が先制しました。増田の左からのコーナーキックが相手にあたってファーサイドに流れたところに完全フリーで待ち構えていたズラタンが頭でゴール。
 するとセレッソは攻撃的な杉本や楠神を入れパワープレーに入ります。大宮も選手交代で対応しますがボールをキープできる選手を下げてしまったことは素人目にも疑問を感じます。実際にアディショナルタイムは全員が引いてしまったため、ひたすら相手に自由にボールを放り込まれました。これではJリーグ標準ともいえる4分という長いロスタイムは乗り切るのは容易ではありません。最後の最後に杉本に決められてドローとされてしまいました。


 この試合は客観的に見ればセレッソが勝利が妥当と言える試合でした。なんとか追いついてのドローとはいえ、セレッソは非常に悔しかったに違いありません。しかし大宮にとってもこの試合は非常に痛い結果です。これだけ攻められながら勝てそうな展開になる試合などそうあるものではありません。今年の大宮は今後も1つ勝つのも簡単ではないはずですので、このような試合はしっかりと勝ち切らないといけないと思います。選手交代も含め1点リードを守り切る戦い方をしっかりとやり抜くことが重要です。

 この試合で大熊監督は守備を重視するフォーメーションをとったということですが、今後もこれを継続していくのかは興味深いところです。ただでさえ得点力のある選手がいないチームが守備的なフォーメーションを取るとしたらどうなるか。得点はほとんど期待できなくなりとにかく守り切らなくてはならなくなるでしょう。この試合のアディショナルタイムのようなことはあってはならないのです。


2014 Jリーグ Division1 第10節
2014年4月29日(火), 19:00, ヤンマースタジアム長居
セレッソ大阪 - 大宮アルディージャ 1:1 (0:0)
C大阪: 武田 - 染谷, 藤本 (73. 杉本), 酒本 (85. 楠神), 山下 - 扇原, 長谷川 (64. 南野), 山口, 丸橋 - 柿谷, フォルラン
大宮: 江角 - 今井, 菊地, 高橋, 渡部 - 中村, 増田, 片岡, 家長 (90. 村上) - 富山 (60. チョ ヨンチョル), ズラタン (84. 長谷川)
得点: 0:1 ズラタン (70.), 1:1 杉本 (90.+4)
警告: / - /
観客: 19,367人
主審: 吉田 寿光
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

12:31  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/715-f54822a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。