--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2014.05.04 (Sun)

2014 J-League Division 1 第11節 大宮 vs. 新潟

 ゴールデンウイークに入り天気も良く絶好のサッカー観戦日和です。しかし、応援する大宮の状態がよくないのでなかなか気分が晴れません。大宮は前節のセレッソ大阪戦で5バックを試し、まず守備の安定を図ろうとしています。この試合も同様のフォーメーションが予想されていました。対戦相手の新潟は得点は少ないものの失点が少なく、ただでさえ得点力のない大宮が点を取るのは大変であり、1点を争う展開を予想しておりました。また守備に不安を抱える大宮としては先制されると相当苦しくなるだろうなどということを考えながらスタジアムへ向かいました。


 連休ということもあり新潟サポーターがバックスタンドに大勢詰めかけています。観客動員の少ない大宮は、新潟サポーターには大いに感謝しなくてはいけないでしょう。

 試合が始まりわずか9分で新潟が先制します。松原の右からのクロスにファーサイドから田中が合わせて決めました。あまりにもあっさりと決まった先制ゴールですが、冒頭に書いた通りこれは勝負を決めかねない大きな得点になると思いました。しかし、試合は全く予想に反したものになります。
 大宮は1対1での局面では勝利することが多くルーズボールも拾えていたので、追加点を取られなければまだいけるという感じはしていました。試合後の柳下監督によるとこういう形になるのは意図していなかったことのようです。「早い時間に良い形で1点取って、そのあと全然ボールを取りにきてないのに攻め急いで、自分たちがミスして相手にボールを渡してしまっている。取りにこないなら、ずっとセンターバック2人で残り35分ボールキープしても良かった。それくらいやってほしかった。でも攻め急いで、誰かがスイッチを入れてしまって、すごく残念。」(J's GOALから抜粋)というわかりやすいコメントを残しています。
 39分、大宮のDF高橋が左サイドから入れたクロスは新潟の選手の足元に入ってしまいましたが、なんと新潟DFがクリアミスをしてしまいます。そこに詰めていたズラタンがボールをゴールに蹴りこみ同点とします。ラッキーな形での同点ゴールでしたが、前節とは違いゴール前に選手がいたことがこのような同点ゴールにつながりました。


 後半は新潟も中盤にスペースを作ってくれたのでお互い攻めあう形になり大宮も攻撃の形が作れました。54分に家長のクロスを高橋が頭で決めて逆転に成功しました。しかし、その2分後に新潟は岡本のゴールで同点とします。大宮は前半同様に相手のパスやトラップを奪う機会は多く、前節よりもボールは持たせてもらえましたが、相変わらず決定機は作り出せません。守備に人数を割いているのでカウンター攻撃はできないのが痛いところ。前線へロングボールを入れてもズラタンや家長に頼るだけなので相手は守りやすいでしょう。
 一方の新潟はレオシルバが効いていました。あまり新潟の試合を見ていないのでこの試合の彼のパフォーマンスが本来の力をどのくらい反映したものかわかりませんが、このような選手がいるとチームとしては本当に心強いでしょう。危険を未然に防ぐようなプレーや攻撃の起点になるプレーは印象に残りました。一方で昨シーズン話題になった川又については、2シーズン前にフクアリで見た岡山在籍時の印象もよかったので、新潟でどんなプレーをするのか注目していましたが、この試合では1対1では競り勝てずパスミスも多く、おそらく本来の力を全く出せていなかったのではないでしょうか。大宮はかなり助かったと思います。


 ドローという結果に終わったこの試合に対して、新潟にとっては2失点したというのは想定外だったでしょう。試合後の柳下監督のコメントにも悔しさが滲み出ています。新潟サポーターもフラストレーションがたまったことでしょう。
 一方、この試合の大宮の戦い方についての評価ですが、新潟が本来のサッカーをできていなかったということを差し引いて考えた方がよさそうです。試合後の大熊監督は「守りに入っているわけではないが、ハードな中で、ちょっと一休みするようなところがある。」を残しています。なるほど、その通りではありますが、それ以前に5バックがうまく連動していないという印象を受けます。つまり数がいるだけで相手に対して何もしていない選手がいる。マークの受け渡しもうまくいっていない。これでは失点は減りません。ただ攻撃の人数を減らしているだけです。もちろん、まだ新しい取り組みが選手にも浸透していないことが原因なのでしょう。とにかく時間が必要です。とは言ってもリーグ戦はすでに3分の1を消化。もう無駄にできる試合はありません。ワールドカップ中断期間に一刻も早く入ってほしいというのが今の私の正直な気持ちです。


2014 Jリーグ Division1 第11節
2014年5月3日(土), 17:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - アルビレックス新潟 2:2 (1:1)
大宮: 江角 - 今井, 菊地, 高橋, 渡部 - 中村 (77. 渡邊), 増田, 片岡 (85. 横山), 家長 - 富山 (62. チョ ヨンチョル), ズラタン
新潟: 守田 - 松原, 舞行龍, 大井, 金珍洙 - レオ シルバ, 小林, 成岡 (68. 加藤), 田中(亜) (83. 小泉) - 岡本 (75. 鈴木), 川又
得点: 0:1 田中(亜) (9.), 1:1 ズラタン (39.), 2:1 高橋 (54.), 2:2 岡本 (56.)
警告: 片岡 - /
観客: 12,105人
主審: 西村 雄一

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:16  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/716-7d76b779

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。