2014.05.12 (Mon)

2. ブンデスリーガ2013/2014 第34節 パダボーン vs. アーレン

 SCパダボーンがツヴァイテリーガ最終節でVfRアーレンに勝ち2位となり来季のブンデスリーガ1部への昇格を決めました。

 試合に経過を簡単に記すと、9分にアーレンは左サイドをスピードのあるバブラが突破して入れたクロスを中央で好調のポーヤンパロが合わせて先制。パダボーンは14分にヴランチッチのスルーパスを受けたヴチノヴィッチが決めて同点。21分にはザクリクのパスを受けたヴランチッチが決めてあっさりと逆転しました。
 開始20分足らずで3つのゴールが決まってので、その後も激しい点の取り合いになるかと思いましたが、ここからはパダボーンが試合を落ち着かせ、そのまま2:1で試合を終えました。
 
 私はしっかりとパダボーンの試合を見るのは今季はこれが2試合目です。前回は第2節コットブス戦でした。この時は開始わずか11分で3失点して敗れる酷い試合で今季のパダボーンが心配になったものです。それを思うとよくチームを立て直したなと感じます。もっともその試合は例外だったのかもしれません。 
 パダボーンの攻撃は個々の選手が味方の動きをすべてわかっているかのように組織的に動き、また個々の選手も周囲がよく見えているので少ないタッチでスムーズにパスが回る。しかも無駄なパスが少ないので個々の選手にずば抜けた選手がいなくても数的不利な状況で相手を崩せたりするのです。これは以前のシューベルト監督のもとでパスサッカーの土台が作られ、シュミットの時にそれが開花しさらに決定力のあるストライカーが加わったことで昇格まであと一歩まで行きました。その後多少は停滞(というか試行錯誤か)のような時期はあったけれど、これまで継続して来たことがベースになっていると思います。そして今シーズンはブライテンライター監督の下でドリブル突破等がバリエーションとして加わり一段とスピードが増したような気がします。私はこの試合を見てそう感じました。

 また、この試合のパダボーンは逆転した後は落ち着いた試合運びで相手の攻撃に対処し、さほど多くは危険なシーンを作らせなかったと思います。2シーズン前の昇格争いでは勝負弱さを見せて肝心な試合で敗れたりしていましたが、そういう経験も生きているのではないかと感じます。
 
 余談ですが、私はパダボーンの町には2007年に行き試合を見て一泊して立ち去っただけなのですが、町そのものやそこで出会った人たちに好印象を持ちました。パダボーン自体は保守的な街でサッカー(正確にはSCパダボーンというクラブ)に関心を持っている人はさほど多くはないのだと思います。しかし、今回昇格争いをしていく中でそう言った人たちも加わってお祭り騒ぎをしている様子を見るとほほえましく見えます。

 さて来季ですが当然のことながら1部では相当苦戦することが予想されます。しかし、パダボーンにはベースとなるサッカーは変えることなく戦力補強をしてトップクラブに挑戦してほしいと思います。来季のパダボーンの挑戦が楽しみです。
 
<参考記事>
 これであなたもSCパダボーン通になれる (新・蒼の洞窟 -S04 boys- )


2.BUNDESLIGA 2013/14 34.Spieltag
11.05.2014 15:30 Uhr, Benteler-Arena, Paderborn
SC Paderborn 07 - VfR Aalen 2:1 (2:1)
Paderborn: Kruse - Vucinovic, Strohdiek, Hünemeier, Heinloth - Ziegler - Meha (83. Bertels), Bakalorz (88. Krösche), Vrancic, Brückner - Saglik (73. Koc)
Aalen: Bernhardt - Traut, Hübner, Hainault, Buballa - Mössmer - Hofmann (73. Cidimar), Junglas - Daghfous (67. Weiß), Klauß (84. Oesterhelweg) - Pohjanpalo
Tore:0:1 Pohjanpalo (9.), 1:1 Vucinovic (14.), 2:1 Vrancic (21.)
Gelbe Karten: Strohdiek - Daghfous, Hainault, Hübner
Zuschauer: 15000 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Florian Meyer (Burgdorf)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

01:41  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/722-4f312c09

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |