--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2014.06.15 (Sun)

2014 J-League Division 2 第18節 千葉 vs. 京都

 ワールドカップが開幕しましたがJ2に中断はありません。J1が中断している間はJ2は土曜日を中心に試合が組まれるため個人的には見に行きやすくなります。この期間にJ2も何試合が見ておきたいと思います。まず、今回はフクアリで開催された千葉と京都の対戦を見に行きました。
 

 前半から千葉が試合の主導権を握る形になりました。中盤の選手が相手へしっかりとプレスをかけボールを奪い取り、攻撃への切り替えも早く何度もチャンスを作り出しました。特に左サイドは谷澤と中村のコンビネーションがよくボランチからのパスもタイミングよく入っていました。ただし、クロスの精度だったりFWとの連係だったり、フィニッシュの一つ前のプレーの精度が悪く決定機はそれほど多くはありませんでした。この部分がうまくいっていたら前半で試合を決めてしまうこともできたのではないかと感じました。
 一方、守勢に回ってしまった京都はボールを奪うと1トップの大黒にロングパスを出し形が多く、大黒の個人技に頼る面がありました。大黒は奮闘していましたが、味方のフォローがなく孤立する形になりました。その結果、京都には前半は決定機はありませんでした。


 攻め続けながら点が取れなかった千葉ですが、後半は比較的早い時間に先制点が入りました。兵働の右からのコーナーキックをケンペスが頭で合わせました。しかし、その後は一転して京都が攻め込む形となります。前半はほとんど何もできなかった京都ですがこの時間帯はパスがスムーズにつながり、サイドから崩す場面もあり何度か惜しい形が作れていました。選手交代が良い効果をもたらしたのかもしれません。
 千葉にとっては厳しい時間帯でしたが、83分に兵働がミドルシュートを決めて2点差にしたことで楽になりました。その後は再び千葉のペースとなりケンペスのゴールで勝利を決定づけました。千葉にとっては会心の勝利ですが、京都の内容の悪さは心配になります。
 2ゴールを決めたケンペスは確かに素晴らしかったですが、勝利への貢献度という点では相手の得点パターンである大黒を封じたキムヒョヌンも称賛されるべきでしょう。もう一人目立ったのは左サイドバックの中村太亮。もともと京都出身ということもあって気合が入っていたのでしょうか。


 この試合を見た率直な印象は千葉はとても良いサッカーをしているなということ。私は今季千葉の試合を見るのは初めてなのですが、なぜ千葉が上位争いに加わっていないのか不思議な気にすらなりましたが、この事実はJ2を勝ち抜いていくのがいかに大変かを証明しているのかもしれません。


2014 Jリーグ Division2 第18節
2014年6月14日 19:03 フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - 京都サンガF.C. 3:0 (0:0)
千葉:岡本 - 大岩, キム ヒョヌン, 山口(智), 中村 - 兵働 (90. ナム スンウ), 佐藤, 井出 (87. 山中), 谷澤 (83. 田中), 大塚 - ケンペス
京都:オ スンフン - 酒井, バヤリッツァ, 田森, 福村 - 中山, 工藤, 山瀬, 三平 (63. 駒井), 横谷 (63. 有田) - 大黒
得点: 1:0 ケンペス (53.), 2:0 兵働 (83.), 3:0 ケンペス (86.)
警告: 谷澤, キム ヒョヌン - 田森, 三平, 山瀬
入場者: 9,336人
主審:木村 博之
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

15:15  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

●本文と関係のない話ですみません

クリストフ・クラマーがドイツ代表メンバーとしてピッチの上でプレーする姿を見るとは思いもしませんでした。しかもたった一年のうちに(爆)。
一年前にグラードバッハから(評価を受けて)移籍したときも驚きましたし、まさか一年目からレギュラーに定着するとは思いもしませんでした。そして今回のW杯ドイツ代表メンバーの中に彼の名前を見つけたときにはまたまた驚いてしまいました。そしてとうとうドイツ代表としてピッチに入ってきた時には感動してしまいました(爆)。彼は「持って」ますね(笑)。
ジェフ関連の話をしますと、自分はあの赤、黄、緑のユニホームはかなり好きです。一時期パンツの色が紺になった時がありましたが、あの時はガッカリしました(笑)。
mas |  2014年07月02日(水) 05:49 |  URL |  【コメント編集】

masさん、コメントありがとうございます。
クラマーは最初はWM代表候補には入っていなくてポーランド代表との親善試合の代表に選ばれていたんですよね。その時の代表候補にはゴレツカをはじめとしたシャルケの若い選手が入っているのになぜクラマーがいないのかと疑問に感じていました。しかし彼はポーランド戦で活躍し1回限りのチャンスを見事にものにしましたね。もちろん運もあったと思いますが。
そんな経緯もあったし、ボーフムに来た頃から成長していく様子を見ていたこともあって、私もあの瞬間は本当に感動して冗談ではなく体が震えてしまいましたよ。こうなると応援する側としても欲が出てくるもので、今度はゴールを決めてくれないものかなどと思っています。
クラマーのことはブログの記事にもしようと思っていたところで、先にコメントいただけてうれしく思います。ありがとうございます。
reis |  2014年07月04日(金) 23:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/727-5b50c50c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。