2014.07.27 (Sun)

2014 J-League Division 1 第17節 大宮 vs. 徳島


 17位大宮と最下位徳島の対戦。大宮にとっては16位に離されないためにも絶対に負けてはいけない試合でした。徳島はおそらく守備的な戦い方をしてくるはずで、そうなると先制点を取るか取られるかで大きく変わってきます。しかし、大宮はあまりにもあっけなく失点しました。左サイドを簡単に崩され高崎に角度のないところから決められました。

 しかし、18分に徳島はGKがはじいたところをズラタンが詰めて同点。これは大宮にとってはラッキーな得点でした。相手からもらったようなkたちで同点に追いつき仕切り直しかと思ったのですが、それでも再び左サイドから簡単にクロスを上げられ高崎に合わされて再びリードを許してしまいます。もうこれは何も言い訳はできないでしょう。その後もまた同じような形で中央でフリーであわされました。これは相手のシュートミスでGK正面に飛んだために救われましたが、もっと失点していてもおかしくなかったと思います。いったい何度同じ形でやられるのか。


 後半もとにかく前がかりに攻めるだけでパスミスからカウンター攻撃を食らうという悪い流れは変わりませんでした。結局さらにもう1失点して1:3で大宮の敗戦となりました。相手にリードを許したことが敗因だと思いますが、それをあまりにも簡単にやられてしまったということを考えれば言い訳のできない完敗だとしか言えません。徳島とのチーム力の差を感じました。

 私はワールドカップの中断明けは、天皇杯2回戦に続き2度目の観戦ですが、天皇杯で感じた不安がそのまま表れたという印象です。中断期間にチームがよくなることを期待していたのですがむしろ悪くなっているのではないでしょうか。とにかく左サイドがひどすぎます。完全に狙われていますね。またCBも相手FWとの駆け引きに簡単に負けてフリーにさせてしまっています。中断期間中に大熊監督はディフェンスラインを組み替えていますが、これが悪影響を及ぼしているのではないでしょうか。素人目には選手の適性に合っていないように思います。余計なことしないでほしいという気持ちです。
 なお、攻撃面に関しては中断明けの2試合は広島相手に3得点、鹿島相手に2得点していますが、これは単にまだマークされていなかった新外国人ムルジャやズラタンの個人技、または相手のミスなどラッキーな形での得点であって決して大宮のサッカーがよくなったわけではないと思います。少なくてもこの試合を見た限りでは降格どころか最下位も時間の問題ではないかと感じます。

 本来なら監督解任を叫びたいところですがそれなら中断期間に入ったところで手を打つべきでした。もう手遅れだと思います。しかしリーグ戦はまだ半分残っています。うまくいくかどうかは別にして、動くなら最後のチャンスだと思いますが。


2014 Jリーグ Division1 第17節
2014年7月27日(日), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 徳島ヴォルティス 1:3 (1:2)
大宮: 江角 - 今井, 菊地 (19. 片岡), 高橋 - 和田, 増田, 渡邊 (70. 泉澤), 渡部 (チョ ウォニ) - 家長, ズラタン, ムルジャ
徳島: 長谷川 - 藤原, 福元, 村松, アレックス - 斉藤, 濱田, 衛藤 (80. 那須川), 大崎, 佐々木 (68. 宮崎) - 高崎
得点: 0:1 高崎 (9.), 1:1 ズラタン (18.), 1:2 高崎 (26.), 1:3 衛藤 (57.)
警告: 家長, 泉澤, 片岡 - /
観客: 8,123人
主審: 吉田 寿光


 
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:23  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/730-e508d0e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |