2014.11.23 (Sun)

キリンカップ 2014 日本代表 vs. オーストラリア代表

 大阪で開催された日本代表とオーストラリア代表の親善試合を観戦しました。スタジアムでサッカー観戦する機会は多い私ですが日本代表の試合を見るのは初めてです。個人的な話ですが現在私は大阪で仕事をしているのですが、ちょうど大阪で代表戦があると知り同僚と一緒に見に行こうかという話になりました。正直に言うと応援するチームの選手が選ばれていない代表の試合にはあまり関心はないのですが、こういう時でないと見に行く機会もないかと思いチケットを予約したのです。
 そんな軽い気持ちで観戦に行ったので熱心に応援するわけではなく、また席もスタンドの上の方でしたのでビールを飲みながらのんびりと観戦しました。また途中でトイレに行ったり買い物をしたりで見ていない時間もあって観戦記というものが書けるほどじっくりと見ていないのですが、一応記録として書いておきます。


 前半はオーストラリアがアグレッシブに攻めていた印象があります。17分にマシュー・レッキーの放ったヘディングシュートを川島が横っ飛びで弾きだしたシーンは見応えがありました。ちなみにレッキーはかつてボルシア・メンヒェングラートバッハに所属していた選手で、今回のオーストラリア代表のメンバーで私が知っていた数少ない選手の一人です。
 前半の日本はオーストラリアのプレッシャーをかいくぐるように何度か攻め込みますが全体的にボールを奪ってから攻撃への切り替えが遅い印象で攻撃に厚みがなかったと思います。オフサイドになりましたが武藤が抜け出してヘディングでクロスバーに当てたシーンが唯一のハイライトだったでしょうか。


 後半に入ると日本は見違えるように攻め込むようになります。よく見ていなかったのでわかりませんでしたが、中盤のフォーメーションを変えていたようです。そして61分に後半から入った今野のヘディングシュートが決まって日本が先制。その後も攻勢は続き68分に岡崎のヒールシュートが決まり2点差としました。ヒールキックでのゴールというとテクニシャンが華麗に決めたシュートのように聞こえますが、岡崎の場合はむしろどんな形でもゴールを狙う執念を感じます。私はこういうタイプのFWは大好きです。オーストラリアは終盤から登場したケーヒルがさすがと思わせるヘディングシュートで一矢を報いましたが少々残念な内容でした。


 日本代表の試合の雰囲気を生で感じることができたのは私にとって良い経験になりました。しかし、抽選で高額なチケットを入手することを手間だと思ってしまう私にはなかなかハードルが高いのは事実。よほど好きな選手がいなければ今後なかなか見に行く機会はないでしょう。


Friendly Match (Kirin Challenge Cup 2014)
18.11.2014 19:20, Yanmar Stadium Nagai, Osaka
Japan - Australia 2:1 (0:0)
Japan: Kawashima - Sakai, Yoshida, Morishige, Ota - Hasebe - Honda, Kagawa, Endo (46. Konno), Muto (57. Inui) - Okazaki (77. Toyoda)
Australia: Ryan - Franjić, Wilkinson, Sainsbury, Behich - Luongo (63. Nichols), Jedinak, McKay (73. Cahill) - Kruse (87. Mooy), Leckie - Troisi (63. Bresciano)
Goals: 1:0 Konno (61.), 2:0 Okazaki (68.), 2:1 Cahill (90.+2)
Yellow Cards: / - Jedinak, Franjić
Attendance: 46,312
Referee: Pawel Gil (Poland)

スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

19:29  |  National Teams  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/743-4c7946b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |