--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2014.11.24 (Mon)

2. ブンデスリーガ 2014/15 第14節 ボーフム vs. アーレン

 今季のボーフムは一時は首位に立つなど開幕から期待をはるかに上回るスタートを切りましたが、その後は失速しリーグ戦は7試合勝利がなく順位は10位となっていました。最近はボーフムファンによるノイルーラー批判が強まり、前回のホームゲームではホームのファンブロックから「ノイルーラーやめろ」のコールが起こったようです。しかし、リーグ戦10位はボーフムにとってそれほど悪いものではないはずです。クラブとして今季の明確な目標は表明していないと思いますが、ノイルーラー監督やホーホシュテッターSDのコメントからは残留争いに首を突っ込まずに乗り切る。すぐに昇格争いに加わるのは現実的ではないがボーフムは中期的に(おそらく5年以内か?)1部復帰ということを語っている記事を読みました。内容から判断して1桁順位で終えることができれば成功ということのようです。そう考えれば10位という状況はそんなに騒ぐものではないはずです。ただあまりに良いスタートを切ったことで期待が想像以上に高くなってしまったということなのではないかと思います。
 とは言うもののとにかくホームで勝てないというのは印象がよくありません。ホームでは、DFBポカールを別にすればリーグ戦は6試合連続で1:1のドロー。そして7戦目は最下位に低迷する1860ミュンヘンの0:3で敗れるという失態。くしくも今回も最下位のアーレンが相手ですのでもし負ければまたノイルーラー監督にファンの批判が向けられる可能性がありました。

 しかし、この試合に関しては対戦相手のアーレンが想像以上に深刻な状態でありボーフムとしては救われた形です。開始わずか2分でペアテルのクロスに対して相手のGKベルンハルトとCBのハイナウルトが交錯してオウンゴールでラッキーな先制点をもらいます。それでもボーフムのサッカーの内容は決して褒められるものではありませんでした。ボールに対しての出足が悪くルーズボールはほとんど相手が拾う形になり、ボールを持った時も周囲との連係がよくないためスムーズにボールが回らず、簡単にボールロストする場面が目立ちました。実際、アーレンに多くの決定機がありいつ同点にされてもおかしくない状態ではありました。

 後半に入り57分に田坂のミドルシュートがDFに当たったボールが運よくテロッデの前にこぼれてテロッデが決めて2点差とし楽になりました。その後、グレゴリッチュに代わって入ったテラッツィーノが左サイドを突破しGKとの1対1を決めて3点差とするとアーレンは集中力を切らしてしまったようでボーフムのカウンターが面白いように決まります。フォルセルが簡単に抜け出してGKと完全な1対1の形を作りましたが、今週話題になったネコアレルギーが影響したのかは定かではありませんがフォルセルはこの簡単そうなシュートをGKに当ててしまい決めきれませんでした。それでも89分にペアテルのクロスはきっちりと決めて完勝に終わりました。

 4:0の完勝でようやくホーム初勝利。フラストレーションが溜まっていたルールシュタディオンのファンはようやく勝利の喜びを味わうことができました。しかし、この試合は試合の展開がボーフムにとって有利に働いたという点が大きく前半にもしアーレンが決定機を決めていたらどうなっていたか全くわかりません。次節は首位のインゴルシュタットが相手です。この試合の内容はボーフムにとって試金石となるものではないかと思います。


2. BUNDESLIGA 2014/15, 14. Spieltag
21.11.2014, 18:30 Uhr, rewirpowerSTADION, Bochum
VfL Bochum 1848 - VfR Aalen 4:0 (1:0)
Bochum: Luthe - Celozzi, Cacutalua, Fabian, Perthel - Tasaka (67. Gündüz), Losilla, Latza, Gregoritsch (54. Terrazzino) - Terodde, Sestak (75. Forssell)
Aalen: Bernhardt - Kaufmann (68. Ofosu-Ayeh), Mockenhaupt, Hainault (79. Klauß), Feick - Ludwig, Hofmann, Leandro, Daghfous - Gjasula (79. Drexler), Quaner
Tore: 1:0 Hainault (2., Eigentor), 2:0 Terodde (57.), 3:0 Terrazzino (66.), 4:0 Forssell (89.)
Gelbe Karten: Perthel, Cacutalua - YabHofmann
Zuschauer: 11.709.
Schiedsrichter: Günter Perl (Pullach im Isartal)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

10:35  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/744-81f89b82

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。