2015.02.22 (Sun)

2. ブンデスリーガ 2014/15 第22節 カールスルーエ vs. ボーフム

 ウインターブレーク明け初戦となった第20節(ウニオン・ベルリン戦)はフェアベーク監督のボーフムでのデビュー戦。どういうサッカーをするのか注目されていましたが、全く期待を裏切る内容でこの先のリーグ戦に大きな不安を感じさせてくれました。続く21節、ホームでのブラウンシュヴァイク戦も早い時間に失点し30分くらいまでは覇気の感じられない内容でがっくりしていたところ、途中から息を吹き返し逆転勝利。なかなか勝てなかったレヴィアパワーシュタディオンでいきなり勝利を記録。今度は一転、期待を抱かせてくれることになりました。しかし、良い時間帯と悪い時間帯の差が大きく、かなり不安定でファンにとってもまだ不安の方が大きいのではないかと思います。今回は昇格候補のKSCとの対戦、しかも相手には日本人の山田大記がいるということで大変楽しみな試合となりました。
 山田大記は現在KSCのスポーツディレクターを務めるイェンス・トットがボーフム時代に獲得に動きながら移籍金がかかるため獲得を断念。その時に移籍金のかからない田坂を獲得しました。トットはボーフムを解任された後、KSCのスポーツディレクターに就任し今度はかねてから獲得を熱望していた山田を獲得したのです。その山田はツヴァイテのフィジカル面になれるのに少し時間を要したようですが今ではKSCの主力として活躍しチーム躍進の立役者になっています。そんな経緯もこの対戦を興味深いものにしていました。しかし本当に残念ながらこの試合、山田は出場しましたが田坂は怪我のため欠場です。

 この試合の前のプレスカンファレンスでフェアベーク監督は、相手のKSCについては数日前に観戦したチャンピオンズリーグに出場したチームを引き合いに出しながら、「彼らにはチャンピオンズリーグを戦っているクラブのような予算はないが、しっかりとしたプランを持ち攻撃的なサッカーを展開している」とコメント。そのようなチームをリスペクトするというコメントを残しています。それはあたかもKSCが理想に近いチームではないかと語っているようにも感じられました。
 そのようなチームに対しどう戦うのか大変興味深かったのですが、この試合のボーフムはなんと10人もの選手を怪我、または出場停止で欠くことになりました。スタメンはなんとか間に合わせることが出いましたが、サブにはユースから3人を補充するなど苦しいフォーメーションで試合に臨みます。相手のKSCもサイドハーフ、GKが怪我で欠場するなど普段とは違ったフォーメーションですが、ボーフムに比べたら楽なものです。

 前半はお互い1本ずつ枠に当たるシュートがありましたが、優勢だったのはボーフムでした。中盤でショートパスをつなぎつつサイドから相手DFの裏に抜けクロスを入れたりミドルシュートを放ったり、思った以上にアグレッシブに攻めました。残念なのは個々のプレーの精度が悪くスムーズに攻撃が展開できなかったことや自らのミスで決定機を潰してしまったことです。とりわけ残念だったのは30分にテラッツィーノが相手GKと1対1の形になりながらシュートを失敗し相手GKの体に当ててしまったことです。これは絶対に決めなくてはいけないチャンスでした。コーナーキックも数多く獲得しましたがほとんど工夫がなくゴールが決まりそうな気配はありませんでした。
 後半も似たような展開でボーフムには何度も決定機がありました。終盤にKSCが攻勢に転じボーフムは防戦一方となります。この試合を通してボーフムは攻撃はよかったものの守備は不安だらけ。KSCが攻め込んでくるとマークが甘くなり簡単にシュートを許してしまいます。あまり個人名は出したくないですが、ファビアンの代わりに出場したカクタルアは余裕を持ちすぎているのかわかりませんが危なっかしいこと。この試合でも一度、なんでもないボールを奪われて失点のピンチを作っていました。それでも終盤のピンチは体を張ってしのぎ切り無失点で試合を終えました。

 率直な感想ですが、これだけ怪我人を抱えた状態でありながら今季好調で内容もよいKSCに対しアウェイでの試合にもかかわらず、攻撃的に戦い優位に立てたというのは意外であるとともに今後に期待が持てると思いました。残留争いの真っただ中にいるような状況であれば、このような試合では絶対に結果を残したいところですが、今はそれよりも今後につながる内容の方を期待しているのでまあ満足です。おそらく選手にも自信になるのではないでしょうか。また、フェアベーク監督が空回りして最悪降格という心配も少しだけしていただけにほっとした気持ちです。あとはプレーの精度を高めていくことができれば、残留はできるのではないかと思います。
 もう一点、ウインターブレーク、移籍ウインドウの閉じる直前に獲得したトーマス・アイスフェルトはまだチームに加わって間もないにもかかわらず、攻撃の起点としてしっかりと機能しています。将来性はあるものの即戦力としてはどうかと思っていましたが、このけが人続出の状態では彼は必要な戦力です。彼をレンタルで獲得できたことは非常に大きかったと思います。
 

2. BUNDESLIGA 2014/15, 22. Spieltag
21.02.2015, 13:00 Uhr, Wildparkstadion, Karlsruhe
Karlsruher SC - VfL Bochum 1848 0:0 (0:0)
KSC: Vollath - Klingmann, Gulde, Mauersberger, Max - Meffert, Yabo (68. Peitz), Torres (76. Micanski), Yamada, G.Krebs (46. Nazarov) - Hennings
Bochum: Esser - Celozzi, Cacutalua, Bastians, Perthel - Latza (76. Zahirovic), Losilla - Gündüz, Terrazzino, Eisfeld - Terodde
Tore: Keine
Gelbe Karten: Hennings, Peitz - Latza, Perthel, Zahirovic, Terodde
Zuschauer: 11.989.
Schiedsrichter: Dr. Robert Kampka (Mainz)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

21:24  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/759-cbfd5b89

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |