--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2015.03.07 (Sat)

DFBポカール 2014/15 3回戦 オッフェンバッハ vs. グラートバッハ

 DFBポカールは3回戦の8試合が3月3日、4日の2日間にわたって開催されました。グラートバッハにリーグ戦はCL出場権獲得という大きな目標があるものの2位以上を狙うのは現実的ではない状況になっており、タイトルという意味ではこのDFBポカールにチャンスがあります。幸いにも組み合わせに恵まれ3回戦に勝ち進んだ1部リーグ所属チームのうち唯一4部のクラブと対戦することになりました。ポカールで下のカテゴリーと対戦する難しさはあるものの対戦相手に恵まれたと言ってよいでしょう。勝利が求められる試合です。

 対戦相手のオッフェンバッハは現在はレギオナルリーガ南西部地区に所属。グラートバッハは1回戦でも同じリーグのホンブルクと対戦していますが、同じ地域リーグのチームとポカールで2度対戦するというのは珍しいことではないかと思います。オッフェンバッハはかつてはDFBポカール優勝経験もあるクラブですがグラートバッハとは2007/08シーズンに2部リーグで対戦して以来となります。その後は低迷し3部へ降格、さらに2012/13シーズン終了後には経営破たんにより3部のライセンスを取得できずに4部へ強制降格されるなど苦しい状況が続いています。しかし今季はリーグ戦で首位と好調。そしてホームのビーベラー・ベルクは独特の雰囲気があり対戦相手が嫌がるスタジアムで、過去にポカールでは幾度となく番狂わせを起こしてきました。そんなこともありグラートバッハにとってもちろん油断は禁物です。
 
 過密スケジュールで試合をしているグラートバッハは当然ながら3日前のリーグ戦(パダボーン戦)のスタメンから6人を変えてきました。対するオッフェンバッハは先週末の2015年最初のリーグ戦(ホンブルク戦)がピッチコンディション不良のため延期されておりこの試合が2015年最初の公式戦となります。
 前半はオッフェンバッハのアグレッシブなサッカーを展開しました。決定機といえる大きなチャンスは多くなかったのですが積極的にプレスをかけ攻撃の形を作りチャンスと見るや思い切りの良いミドルシュートを放つなどさすがリーグ戦首位のチームだという印象を持ちました。前半のグラートバッハは思ったようにパスを通すことができず最初のうちは苦労していたように見受けられました。どうもこのスタジアムはかなり芝が深いようでボールが走らなかったようです。試合後のコメントでシュトランツルが「ピッチの状態がショートパスに向いていないので、戦い方を少し切り替えた」とコメントしています。これも慣れないアウェイでの試合の難しさですね。

 後半も大きく展開が変わることはありませんでしたが、52分に思わぬことからグラートバッハが先制します。左からのコーナーキックのボールに対するペナルティエリア内での空中戦でオッフェンバッハのマルクス・ミュラーがボールを手に当ててしまいグラートバッハにPKが与えられました。ビデオで見返すと、ミュラーはあたかもバレーボールのスパイクのように思いっきり手を伸ばしてボールに当てています。正直なところ理解に苦しむプレーでしたが、いずれにせよこのラッキーなPKをクルーゼが決めてグラートバッハが先制に成功しました。その後はオッフェンバッハもややスペースを作るようになりグラートバッハのチャンスが増えてきましたが決め手はなく時間が経過。83分グラートバッハはついにヘアマンがクラマーとのワンツーからドリブルでペナルティエリア内に侵入しそのまま決めて2点差として試合を決めました。

 試合を通してみれば相手の高いモチベーションと集中力に手を焼きつつも決めるところをしっかり決めたグラートバッハが順当に勝利した試合と言えるでしょう。オッフェンバッハの立場で見ればやはり52分のPKは本当にもったいなかったことと思います。それまではほぼ互角と言ってよい試合を展開していただけになぜ馬鹿げたハンドをしてしまったのかとミュラー本人が一番悔やんでいるでしょう。しかし、試合後にオッフェンバッハのシュミット監督は「これがフットボールだ。本当に不運なアクションだったが、それもフットボールの一部だ。我々はマルクスを罵りはしない。」とコメント。一方のファヴレ監督は妥当な勝利だったと話しつつオッフェンバッハの戦いぶりを称賛していました。
 さて次の対戦相手はどうなるでしょう。この記事を書いている時点では未定ですがおそらく1部のチームとの対戦となるでしょう。リーグ戦が重要なのは言うまでもありませんが、ここまで来たらDFBポカールも本気で狙ってほしいものです。

【追記】
 現地時間の3月8日にDFBポカール準々決勝の組み合わせ抽選が行われグラートバッハの対戦相手は唯一3部で勝ち残っているビーレフェルトに決まりました。くじ運に恵まれています。絶対に勝たないといけません。


DFB Pokal 2014/15 Achtelfinale
04.03.2015 20:30 Uhr Sparda-Bank-Hessen-Stadion, Offenbach
Kickers Offenbach - Borussia Mönchengladbach 0:2 (0:0)
Offenbach: Endres – Vetter, Maier, Modica, Mangafic – Gjasula – Röser (72. Korb), Schwarz, Pintol, Cappek – Müller (64. Bäcker)
Borussia: Sommer – Jantschke, Stranzl, Brouwers, Wendt – Kramer, Xhaka (87. Nordtveit) – Hahn (73. Johnson), Herrmann – Hazard, Kruse
Tore: 0:1 Kruse (52., Handelfmeter), 0:2 Herrmann (83.)
Gelbe Karten: Gjasula, Müller - Kramer, Xhaka, Brouwers
Zuschauer: 20.500 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Christian Dingert (Lebecksmühle)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

12:52  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/762-f40af1b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。