2015.03.08 (Sun)

2015 J-League Division 2 第1節 大宮 vs. 金沢

 いよいよ今年のJリーグが始まりました。さいたま市は正午ごろにも霧雨が降る寒い1日でしたがホームでの開幕戦となればスタジアムには行かなくてはなりません。昨年は仕事の都合で観戦できなかったので余計にそう思います。


 戦いの場がJ2に変わってもやはり開幕戦は華やかなイベントの中に緊張感が混じった独特の雰囲気を感じます。と、同時にまたサッカーシーズンが始まるのか。またひとつ年を取ったんだなと寂しくも感じます。


 対戦相手の金沢は昨年J3で優勝しJ2に昇格してきたチーム。自分の不勉強もあってどんなチームなのかよく知りませんが守備のしっかりとした良いチームだという印象を持っていました。なお、その印象はこの試合のあとも変わることはありませんでした。

 試合について記しておきます。前半は金沢が良いサッカーを見せてくれました。予想通りコンパクトに組織され大宮にスペースは与えず、大宮が無理なパスを通してきたところをカットし手数をかけずにゴールへ向かいます。攻撃に移った時の選手間の連係もよくパスもよく通り、またひっかけられた場合でもローズボールをよく拾うことができ二次攻撃を仕掛けることができていました。残念なのは最後の決定力が不足していたことでしょうか。決定機でトラップをミスしたり、シュートがGKの正面だったりしてゴールは奪えませんでした。
 一方の大宮は守備面で落ち着きがありませんでした。金沢の速い攻撃に押し込まれプレッシャーを受けると不用意なミスをしてピンチを招き失点していてもおかしくない場面が何度かありました。攻撃については決定機は一つも作れませんでした。とにかく中盤から前の選手たちに動きが少なくボールは持ってもパスの出しどころがない状態。仕方なく無理やりトップのムルジャや家長にロングパスを入れては金沢にカットされることの繰り返し。個々のプレーの遅さも気になりました。前半を見れば明らかに金沢のペース。このままでは失点も時間の問題かと思いました。

 しかし、後半は大宮が守備面で安定したと同時に中盤での連動した動きが見えるようになりゴール前に迫る回数も増えてきました。それでも金沢は粘り強く守り大宮の決定機はなく。膠着した展開が延々と続きます。おそらくスタジアムで見ていた人たちの多くがスコアレスドローを意識し始めたと思われる頃についに大宮が細かいパスワークで金沢の守備を崩すことに成功し家長の先制ゴ-ルが決まりました。結果的には大宮がワンチャンスを得点に結びつけて勝利。金沢にとってみればあと一歩のところで勝点を逃す結果となってしまいました。


 先月、このブログの記事に書いたことの繰り返しになりますが、今季の大宮は対戦相手の守備に手を焼き得点力不足に悩まされることになると思います。これを打開して1試合に2点、3点を取れるような戦い方ができるようになるのは容易ではなく、できたとしても相当な時間を要することになるでしょう。それを考えるとやはり大切なのは守備、特に相手のカウンターへの対象が必要になるかと思います。そして、膠着した展開になっても我慢強く戦い地道に勝点を積み上げていくことが大切だと思います。今日の試合を見てそれを再認識しました。
 今日の試合のようにワンチャンスを決めて1:0で勝つという展開は、その点では理想的な結果ではあるのですが、前半の守備は感心できません。これはしっかりと守った結果の無失点ではなく、相手攻撃陣のミスに助けられての無失点だからです。他のチーム相手では先制されていたでしょう。守備の改善は大きな課題です。

 今後もJ2では相手との力関係がどうであれ今日のような試合が多くなることが予想できます。試合後の選手のコメントを読むと選手たちもその点を自覚しているようです。試合後に家長は「予想の範囲内。我慢が必要。焦って攻めてカウンターを受けることは避けたかった。90分を通して勝てばいい。ずっとボールを支配し続けて、圧倒するなんていうことは考えていない」(大宮アルディージャ公式サイトのマッチレビューより引用)と語っていたようです。
 私は客観的に見て大宮の6位以内は難しいのではないかと思っていますが、「我慢」をしながらしぶとく結果を残していく今日のような戦い方を続けることができれば、より上位を狙えると思います。次の試合も注目したいと思います。


2015 Jリーグ Division2 第1節
2015年3月8日(日), 14:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ツエーゲン金沢 1:0 (0:0)
大宮: 加藤 - 今井, 横山, 河本, 和田 - 金澤 (88. 片岡), カルリーニョス, 家長, 横谷 - ムルジャ (66.泉澤), 富山 (60. 清水(慎))
金沢: 原田 - 廣井 (72. 阿渡), 太田, 作田, チャ ヨンファン - 辻尾, 秋葉, 山藤, 佐藤 ( 67. 金子) - 清原 (88. 田中), 水永
得点: 1:0 家長(86.) 
警告: なし
観客: 8,635人
主審: 井上 知大

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

21:25  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/764-06fc1a4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |