2015.03.22 (Sun)

2015 J-League Division 2 第3節 大宮 vs. 京都

 3月も中旬になると花粉が猛威を振るっており、花粉症に悩まされる私にとっては辛いシーズンとなりました。しかし、ホームで昇格候補の京都を迎え撃つ一戦となれば観戦に行かないわけにはいきません。私は花粉が付かないようなジャケットに帽子をかぶり眼鏡、マスクをつけて完全防備でスタジアムに向かいました。
 余談ですが、このような恰好ですので、スタジアムで出会った知人にもすぐに気付いてもらえませんでした。この時期はスタジアムでもかなり多くの人がマスクをしており、仮に何か問題があった場合でも犯人の特定がしづらいのではないかと感じます。幸い、日本にはいわゆるフーリガンは少なくスタジアムで問題を起こす人間はほとんどいないので問題にはならないでしょうが・・・。


 大宮は前節に引き続き攻撃の柱になる家長とムルジャが欠場となりましたが、前節のセレッソ戦とは違い富山、清水の2トップとし渡邊はベンチスタート。またDFラインではキャプテンの菊地が復帰し横山に代わってCBに入り、右SBは今井に代わり渡部がスタメンに名を連ねました。京都はGKの清水が負傷のため代わって杉本、U-23代表に選出された原川に代わって宮吉、FWは有田に代わってダニエル・ロビーニョが入るなど、どちらも前節とはメンバーを変えてのスタートです。


 試合が始まりわずか2分で京都がPKをゲットしますが、大黒のPKを加藤が止めて京都の先制を阻止しました。その後はどちらもパスミスが多くペースを作れず前半はスコアレスで終わりました。大宮は相変わらず決定機どころかシュートまでつながらない状態で、特に古巣との対戦ということで気合が空回りしたか横谷のところでボールロストする形が目立ちました。どちらかといえば京都の方が攻撃の形は作っていたようですが攻撃が単調で、攻撃パターンの一つである右からのクロスは中をしっかり固めた大宮のCBが弾き返し、どちらにも決定機は少なく見所の少ない前半でした。

 後半、今度は53分に河本がペナルティエリア内で倒されて大宮がPKを獲得。こちらはカルリーニョスが落ち着いて決めて先制しました。その後はどちらも中盤が間延びしてスペースができお互い攻めあう形になるのですが、やはりミスが多く目立ちました。京都は59分に山瀬を入れるとそこをうまく突いた形でチャンスを作るようになり、67分に山瀬のコーナーキックを大黒が決めて同点に追いつきました。しかし、この得点の原因となったコーナーキックは大宮の渡部が相手選手が周囲にいない状況の中、何を勘違いしたかヘディングでゴールラインの外にクリアしたことにより生まれたもの。こういうミスは得てして失点につながるものです。
 その後も京都が優勢な展開が続きましたが、大宮は83分に富山を諦め渡邊を入れ4-2-3-1のような形にします。前節は全く機能しなかったフォーメーションですが、この試合では機能し徐々にボールを保持し前線へ良い形でボールが供給されるようになりました。そして89分に渡部が放り込んだクロスにゴール前に上がっていた河本がヘディングでゴールを決めて再び突き放しました。河本の打点の高さが印象に残りましたが、前に出すぎていた杉本のポジションもおかしく感じました。この得点が決勝点となり試合は2:1で大宮の勝利という形で決着しました。


 試合全体を通してみると攻撃の形をしっかり作りチャンスを作れていたのは京都の方であり、京都が勝利していて不思議でない試合でした。この展開で3ポイントを取れたことは重要です。それだけに加藤のPK阻止、河本のヘディングでのゴールが光ります。前節のセレッソ戦では良いところがなかなか見当たらない敗戦の中で、わずかながらよかったのが加藤、河本、大山だと感じたのですが、この試合でも加藤、河本に救われたといった感想を持ちました。
 しかし、この試合の大宮は前節に比べると着実に良くなってきてはいると思います。攻撃面では渡邊が入ってからは横谷も持ち味を出せるようになり中盤から良い形で前線へボールがつなぐ形が何度かできました。しかし、FWだけは全く変わっていません。特に富山は迷いがあるのかすべてのプレーが中途半端で判断が遅く、ボールをキープすることもできず、まともにシュートも打てていない状況です。彼のプレーには多くのファンがフラストレーションを感じたことでしょう。ムルジャの復帰がいつになるかわかりませんが、ムルジャへのマークは厳しくなるのは間違いなく、富山や清水の奮起は不可欠です。


2015 Jリーグ Division2 第3節
2015年3月21日(土), 17:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 京都サンガF.C. 2:1 (0:0)
大宮: 加藤 - 渡部, 菊地, 河本, 和田 - 金澤, カルリーニョス (90.+1 横山), 泉澤 (89. 播戸), 横谷 - 富山 (83. 渡邊), 清水(慎)
京都: 杉本 - 黄 大城, バヤリッツァ, 山口, 石櫃 - 駒井, 金 南一, 宮吉 (59. 山瀬), 佐々木 (85. 伊藤) - ダニエル ロビーニョ, 大黒
得点: 1:0 カルリーニョス (54., PK), 1:1 大黒 (67.), 河本 (89.) 
警告: 菊地, 横谷, 金澤 - ダニエル ロビーニョ
観客: 7,173人
主審: 佐藤 隆治

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

20:40  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/768-d51c03d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |