2015.04.14 (Tue)

ブンデスリーガ2014/2015 第28節 グラートバッハ vs. ドルトムント

 ブンデスリーガ第28節。グラートバッハはホームにドルトムントを迎えた一戦に見事快勝しリーグ戦3位の座をキープしました。来季のチャンピオンズリーグへの期待がますます高まります。

 この試合はフジテレビNEXTで中継があったのですが、私は当日Jリーグの観戦のために遠隔地へ出かけており帰宅したのがちょうどハーフタイム。そのため、前半の結果を知りつつ後半を先にTV観戦し、後で前半を録画で確認することにしました。本当であれば録画であっても、結果を知らない状態で前半から見たいところですが、この時期は情報遮断すら我慢が難しくなりつつあります。これほどグラートバッハの試合が楽しみに思えるのは久しぶりです。

 さてドルトムント戦といえば前回の対戦では、あのクラマーの芸術的なループシュートによるオウンゴールで敗れましたが、試合結果は1点差とはいえ90分間1つもチャンスが作れないという完敗でおそらくグラートバッハにとっては今季ワーストの試合でした。
 どちらもDFBポカールの準々決勝を120分戦いましたが、ドルトムントは中3日、グラートバッハは中2日。またポカールの結果もドルトムントは勝利、グラートバッハは敗退で終えており肉体的にも精神的にもドルトムントが有利な状況だったと思います。どちらもDFBポカールからは3人のメンバーを交代してきました。グラートバッハはクラマーは警告の累積で出場停止で代わりにノルトヴァイト、アザールとハーンに代えてジョンソンとラファエルがスタメン起用されました。

 試合開始後、わずか27秒でヴェントのゴールが決まりあっという間にグラートバッハが先制しました。ヘアマンがラファエルとのワンツーで抜け出し折り返しをジョンソンがシュートし、GKがはじいたボールを詰めていたヴェントが蹴りこみました。この先制パンチが大きかったのは言うまでもありません。その後はどちらかというとドルトムントがボールを支配していたようですが、1点リードの余裕があるグラートバッハにとってみれば得意のカウンターを狙うチャンスが生まれることになります。32分には絶好調のヘアマンが1人でドリブルでゴール前までボールを運びラファエルのゴールをアシストしました。
グラートバッハは狙い通りに2点差にして前半を終えました。

 相手がドルトムントですので2点差ではまだ安心はできないなと思ってはいたのですが、ファヴレ監督も試合後に「ドルトムントは非常に危険であらゆる事が起きる可能性があった」と試合後に語っています。その意味でも67分にセットプレーからノルトヴァイトが追加点を決めたのは非常に大きかったと思います。決めたのが出場停止で欠場を余儀なくされたクラマーの代役、ノルトヴァイトだったという点も今季のグラートバッハを象徴しています。クラマー、シャカの成長で出場機会を大幅に減らし、クラマーが抜ける来季もシュティーンドルの加入、ダフートの成長などあり苦しい状況に立たされたノルトヴァイトですが、与えられたチャンスでしっかりと仕事をして見せました。

 その後、ドルトムントはギュンドアンが1点を返したものの、全体的に見て攻撃にも迫力を感じなかったのはやはりDFBポカールの疲労があったのかもしれません。それに対してグラートバッハの選手もきつかったとは思いますが、しっかりと結果を残しました。シャカは、「ポカール敗退の後の今日、しっかりと結果を出せたチームが誇らしいということだけは言うことができる。」と語っていますが、ファンと一人としてもまったく同意です。
 「重要なのはチームとしてよい戦い方ができたということ」とエベールSD。まさに「効率よく点を取ってインテリジェントな守備をする」という戦い方ができた試合だったと思います。チームとしての成長も感じられた試合でした。次節はフランクフルト戦。こちらも前回の対戦では敗れているので借りを返すという意味でしっかり勝ちたいものです。


BUNDESLIGA 2014/15 28. Spieltag
11.04.2015 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Borussia Dortmund 3:1 (2:0)
Borussia: Sommer - Jantschke, Brouwers, Dominguez, Wendt - Nordtveit, Xhaka - Herrmann (90. Dahoud), Johnson (77. Hazard)- Raffael (89. Hahn), Kruse
Dortmund: Weidenfeller - Sokratis, Subotic, Hummels, Schmelzer (70. Dudziak) - Kehl, Gündogan - Blaszcykowski, Mkhitaryan, Kagawa (63. Ramos) - Aubameyang (76. Immobile)
Tore: 1:0 Wendt (1.), 2:0 Raffael (32.), 3:0 Nordtveit (67.), 3:1 Gündogan (77.)
Gelbe Karten: Brouwers - /
Zuschauer: 54.010 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Manuel Gräfe (Berlin)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : TV観戦記

01:37  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

4位以上はほぼ確定でしょうか?ここからはレバークーゼンとのCLストレートイン出場権枠を争うシーズンになりそうですね。

個人的には2011-2012ファブレ政権実質1年目、4位と飛躍したシーズンでしたがダンテ、ノイシュテッター、ロイスと中軸を抜かれディナモキエフにCL予備予選で敗退したのがとても苦々しい記憶として残っています。

今期もどれだけの戦力が残るのかかなり不安です。

クラマー⇒レバークーゼン
シャカ⇒アトレティコ?
クルーゼ⇒シャルケ?
ヘアマン⇒ユナイテッド?

噂を含めるとこれだけ挙がってきます。ファブレ監督もグアルディオラの後釜としてバイエルンに狙われてるそうです。まあ、この話はあちらの契約が切れる翌々シーズン以降の話だそうですが
逆に入ってくるという情報があるのは岡崎選手(マインツ)、ダンテ(バイエルン)

脱線しましたがとにかく3位以上になって欲しいということです。


asicsa |  2015年04月16日(木) 21:33 |  URL |  【コメント編集】

asicsaさん

いつもコメントありがとうございます。
そうですね。もうレヴァークーゼンとの3位争いですね。で、あちらさんもなかなか負けないので、グラートバッハも勝ち続けるしかなさそうですね。そして、直接対決で絶対に勝利をおさめてほしいです。
選手の移籍についてはいろいろ噂が出ていますね。シャカとヘアマンは契約延長したのでさすがに出て行くことはないと信じたいところですが、クルーゼはわかりませんね。貴重な戦力ですのでぜひ来季も残ってほしいです。
reis |  2015年04月17日(金) 22:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/774-941fe6fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |