2015.05.02 (Sat)

2015 J-League Division 2 第10節 徳島 vs. 大宮

 鳴門・大塚スポーツパークへ行ってきました。 初めて訪れた鳴門は市街地の中心部も静かでのんびりした風情が漂っていましたが、ポカリスエットスタジアムも同様な印象を受けました。もちろん試合開催日程や対戦相手によって違うのだとは思いますが・・・。


 ホームチームの徳島は第9節終了時点で勝点9で16位とスタートダッシュは失敗した形ですが、昇格争いに加わってくるだけのチーム力はあり、大宮の現時点でのチーム力を測る意味では格好の相手だと思っていました。特に徳島は守備が安定おり、攻撃に課題を抱える大宮が攻略できるものかどうか楽しみにしていました。

 大宮は前節の水戸戦で怪我をしたCB菊地に代わって、前節はボランチで出場した横山が入り、ボランチには大山が入りました。一方の徳島は前節の横浜FC戦(1:1のドロー)と全く同じメンバーがスタメンに名を連ねました。



 前半は徳島のペースとなりました。しっかりした守備をベースにしつつボールを奪うとしっかりとパスをつなぎサイドから湾トップの長谷川悠に合わせる形が多かったようです。残念ながら最後のプレーでの精度が低く決定機は作れませんでしたが、間違いなく試合は徳島がコントロールしていました。大宮は前節とは違って守備の安定感がありミスも少なかったと思います。しかし、押し込まれている分、ボールを奪った後に前線との距離が開いてしまいロングボールを放り込んでは徳島にボールを奪われるばかり。30分を経過してようやく攻撃が形になり始めましたがチャンスは皆無でした。

 後半は大宮が前半に比べるとボールを拾えるようになりほぼ互角の展開となりました。しかし、どちらも決定的なチャンスは少なく、ほとんど見所のないまま試合が終わってしまいました。スコアレスドローという結果は全く妥当なものでどちらにとっても納得せざるを得ないと思います。


 客観的に見て、この試合を一言で表すなら「つまらない試合」ということになるかもしれません。しかし、現在の大宮にとって見れば1ポイントは重要です。攻撃面での課題はさておき、無失点で終えたことを評価したいと思います。
 大宮の攻撃は、ムルジャや家長、あるいは泉澤のドリブルなど個の力に頼ったものが中心でどうしても単発になりがちです。そのため、徳島のように守備のしっかりしたチームに対してはなかなか通用しませんでした。さらに試合後の渋谷監督やムルジャのコメントを読むと、ピッチコンディションも不利に働いたようです。このような試合展開では無理して点を取ろうとしてバランスを崩したりせずにしっかりと1ポイントを獲得するのが得策だと感じます。極論ですが失点しなければ負けることはないのです。現有戦力のもとで攻撃力を上げていくにはかなりの時間が必要ですが、守備の構築であれば比較的短い時間で対応可能ではないかと思います。

 さて次節はホームでの愛媛戦ですが、ここまで攻守にわたって大活躍のCB河本が出場停止となります。果たしてどうなるでしょう。また1点で勝負が決まるような痺れる展開になると思いますので、勝利のためには代役の選手(片岡?)の頑張りが欠かせません。
 
<参考記事> 大宮アルディージャ公式サイト 第10節 徳島戦


2015 Jリーグ Division2 第10節
2015年4月29日(水), 14:04, ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス - 大宮アルディージャ 0:0 (0:0)
徳島: 長谷川(徹) - 藤原, 橋内, 石井, アレックス - 斉藤 (89. 青山) - 佐々木, 木村 (81. 濱田), エステバン, 内田 (75. 広瀬) - 長谷川(悠)
大宮: 加藤 - 今井, 横山, 河本, 和田 - 金澤, 大山 (85. 播戸), 横谷 (46. 渡邊), 家長 - ムルジャ, 清水(慎) (68. 泉澤)
得点: なし
退場: 河本 (警告X2) (90. +1)
警告: / - 横山, 大山
観客: 4,316人
主審: 高山 啓義

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:43  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/777-819c1c75

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |