--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2015.05.10 (Sun)

2015 J-League Division 2 第13節 群馬 vs. 大宮

 群馬県前橋市の正田醤油スタジアムへ観戦に行きました。私はこのスタジアムで観戦するのは初めてですが、すぐ隣の群馬県営サッカー・ラグビー場で天皇杯(ザスパ草津対徳島ヴォルティスセカンド)を観戦したことがあります。この正田醤油スタジアムは基本的には陸上競技場ですが大きなスタンドがあり地方の競技場としては立派な部類に入るのではないでしょうか。メインスタンドからは見やすさの点でも問題ありませんでした。


 大宮のスタメンは前節の北九州戦(2:0で勝利)と変わりなし。過密日程ではあるものの前節の内容が良かったのでそのまま行こうという考えでしょうか。一方の群馬は前節のアウェイ福岡戦(1:4で敗戦)から大きくメンバーを入れ替えてきました。福岡戦の内容がよくなかったようですのでその点を対策してのことだと思います。

 前半の大宮は少ないタッチで素早くボールを回しているように見えましたが、これについては、「群馬さんは前線からハードワークし、守備で主導権を握ろうとするチームでしたので、ボール回しで捕まらないような立ち位置を取ることが非常に重要でした。」と渋谷監督がコメント(大宮アルディージャ公式サイトより引用)したように意図してやっていたことのようです。これがチーム全体に良い効果を及ぼしていたように思います。
 欲を言えばボールを動かす中でもう少し効果的な縦パスなど入れることができれば相手を崩せしやすいだろうと考えてしまうのですが、そこまで簡単な話ではないのでしょう。少なくても開幕戦のようにプレスをかけられて動揺してパスミスで相手にボールを奪われるということがなくなり本当に安心して見られるようになりました。
 攻撃に関しては前述のように縦パスを使った崩しには多少不満を感じたものの左サイドから泉澤がプレッシャーをかけ戻して和田のクロスというパターンでよいボールを前線に供給できていて、16分の先制ゴールも和田のクロスを横谷が頭で合わせる形で生まれました。しかし、この場面、横谷がペナルティエリア内で完全にフリーになっていたのは不思議でした。その点では大宮にとってはラッキーな面もあったと思います。その後も良いリズムで試合を展開した大宮には決定機がいくつかありました。特に39分に泉澤がGKと1対1になった場面などは100%決めておきたかった場面でした。


 後半は群馬が前半以上にプレッシャーをかけてきたことで大宮が受ける形になりました。全体が下がり気味になりいったんボールを奪ってもすぐに奪い返され波状攻撃を浴びる形も目に付きました。前半をリードして終えたときに後半守勢になってしまうことはよくあるのですが、ここで落ち着いて自分たちのリズムを作り出す力が欠けているように感じます。
 群馬にとって最大のチャンスは69分に左からの松下のコーナーキックをニアサイドで永井がバックヘッドで狙ったシーン。ここは加藤が左手を伸ばして弾きだし失点を防ぎました。この試合で群馬のFWとしてプレーした永井雄一郎は浦和在籍時にはダービーでよく得点を決められた選手。まさか数年たってJ2で対戦することになるとは思っていませんでしたが、永井はこのシーン以外もチャンスに幾度となく顔を出し相変わらず嫌な存在だとの印象を持ちました。
 大宮は終盤、選手交代などで停滞した状況を打開し、終了直前には前半に決定機を外した泉澤が決めて追加点を奪い勝利を決定づけました。


 前半は大宮、後半は群馬が主導権をつかんだ試合でしたがチャンスの数では大宮が上回っていて妥当な勝利ではありました。しかし本当に力のあるチームであれば前半の良い流れの時に追加点を決めて楽な展開にする。場合によっては3、4点差をつけて相手に諦めさせてしまうのだと思います。1点だけでは全く油断はできず、事実この試合でも後半は加藤の好セーブがなければ追いつかれていてもおかしくありませんでした。それでもチャンスが作れるようになっているだけ進歩しているとは思います。決定力を求めるのはまだ先の段階のようにも思います。

 次はホームで磐田戦です。磐田の試合はダイジェスト程度しか見たことがありませんが、選手補強も含めてチームがうまく回っているという印象があります。選手個々の質も高く大宮にとっては厳しい試合になることは間違いでしょう。しかし、この2試合の内容を見ると全く歯が立たないということもないだろうと期待しています。この試合も楽しみです。


2015 Jリーグ Division2 第13節
2015年5月9日(土), 15:04, 正田醤油スタジアム
ザスパクサツ群馬 - 大宮アルディージャ 0:2 (0:1)
群馬: 北 - 小柳 (18. 久富), 乾, 青木, 小林 - 横山 (67. カイケ), 黄誠秀, 松下, 江坂 - 永井, 大津 (75. オリベイラ)
大宮: 加藤 - 渡部, 横山, 河本, 和田 - 金澤, カルリーニョス, 横谷 (61. 渡邊), 泉澤, - 家長 (85. ムルジャ), 播戸 (72. 清水(慎))
得点: 0:1 横谷(16.), 0:2 泉澤 (90.)
警告: 松下 - 渡邉
観客: 6,380人
主審: 中村 太

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:22  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/780-88ba4789

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。