2015.05.18 (Mon)

2015 J-League Division 2 第14節 大宮 vs. 磐田

 大宮が首位磐田をホームに迎えた第14節の試合はとても見ごたえのある試合となりました。私は他の用事があったのですが無理して時間を調整してスタジアムに観戦に行って本当に良かったと思いました。スタジアムは満員で昨年までのJ1での試合を思わせる熱気に包まれていました。


 キックオフ直後から磐田の攻撃には力強さを感じましたが、大宮の守備はとても良く対応できていたと思います。相手がボールを保持しているときにもしっかりとプレッシャーをかけ、思い通りのパスを通させず、結果としてパスミスを誘ったりあるいはセカンドボールを拾えていました。次第に優位に立ちますがゴールは生まれずにハーフタイムへ。


 後半も両チーム一歩も譲らない展開。決定機はさほどありませんがスピーディーで緊迫した試合でした。試合も終盤に差し掛かった73分のこと。磐田はペナルティエリア外側でフリーキックのチャンスを得ると、ジェイが頭で合わせて先制ゴールを奪いました。この試合、後半はやや目立たなかった元イングランド代表がチャンスではしっかりと決めて見せました。さすがです。
 劣勢に立たされた大宮ですが、83分に右サイド渡部のクロスを中央の渡邊が落とし、ムルジャが左足でゴールネットを突き刺し同点に追いつきました。その後も勢いは大宮にあり、87分にはペナルティエリア内で家長が倒されPKを獲得しました。しかし、このチャンスでムルジャがPKを止められ勝ち越すことはできませんでした。


 前半途中あたりからは大宮が優位に立つ時間が長く同点に追いついた後にもPKを獲得するなど、大宮の方に勝てるチャンスのある試合だったと言えるでしょう。そんな試合だっただけに試合後の選手たちの表情からは悔しさが感じ取れました。しかし、この数試合も感じたとおり、明らかに大宮はシーズン当初より良いチームになっています。元日本代表選手や強力な外国人選手を擁し戦力的に明らかに格上の磐田に対し勝利まで後一歩という戦いを見せることができたことはポジティブに考えてよいことです。今後もこのような試合を期待したいです。
 一方の磐田で目立っていたのはGKのカミンスキーとアダイウトンの2人でした。カミンスキーについてはPKだけでなく何度か大宮の決定的なチャンスにファインセーブを連発しチームを救いました。またアダイウトンには力強さを感じました。磐田のカウンターで彼にボールが渡ると実に危険でした。そんな素晴らしい選手がいる磐田ですが、この試合に限っては個人能力の高さは感じたもののチームとしての強さはそれほど感じることができませんでした。名将、名波監督もチームの出来には不満を感じていたようですね。


2015 Jリーグ Division2 第14節
2015年5月17日(日), 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジュビロ磐田 1:1 (0:0)
大宮: 加藤 - 渡部, 横山, 河本, 和田 - カルリーニョス, 金澤, 横谷 (81. 渡邉), 泉澤 - 家長, 播戸 (68. ムルジャ)
磐田: カミンスキー - 櫻内, 伊野波, 藤田, 駒野 - 上田 (54. 川辺), 宮崎, 太田 (84. 清水), 小林 (88. 松井) - アダイウトン, ジェイ
得点: 0:1 ジェイ (73.), 1:1 ムルジャ (83.)
警告: 河本 - ジェイ, 藤田
観客: 13,285人
主審: 木村 博之

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:07  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/783-06564fe3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |