2015.05.26 (Tue)

2015 J-League Division 2 第15節 岐阜 vs. 大宮


 J2第15節、大宮はアウェイで岐阜との対戦です。私はこの試合を観戦しに岐阜へ行ってきました。岐阜市内は10年以上前に訪れたことがありますがサッカー観戦は初めてです。当日は岐阜市には昼ごろ到着し市内を散策したり、ロープウェイで金華山に登ったりして時間を潰しスタジアムにはキックオフの2時間前に到着しました。長良川競技場は立派なスタジアムで周囲の環境もよく気持ちよく観戦できました。


 試合の序盤は岐阜がアグレッシブなサッカーで主導権を握ったかのように見えました。トップに入った2人の外国人選手や2列目の選手がかなり思い切ったプレスをかけ、大宮がバックバスでボールを下げるとそれに対ししても全力でボールを奪いにきました。こんな勢いで90分持つのだろうかと思いましたが、きっとスタミナには自信があるのでしょう。
 しかし大宮の守備は安定していました。シーズン序盤はこの試合に岐阜が見せたような激しいプレスに対しては余裕がなくパスミスをしたりボールロストをしたりすることが多かったのですが、今は見違えるようです。それは攻撃についても同じです。チームとしての連動した動きがなく、結果としてボールをキープしてもパスの出しどころがなくただ意味のないパス回しをしているだけで本当にいらいらさせられました。この試合で見せたようなワンタッチのパスをつないだ流れるような攻撃など開幕当初の大宮からは全く想像できませんでした。
 そしてもうひとつこの試合で光ったのは泉澤のプレーでした。大宮は泉澤の左サイドでのドリブルから何度もチャンスを作りました。もともとドリブラーとして定評はあった泉澤でしたが、この試合では積極的にミドルシュートを放ちゴールに対する意欲を見せてくれ好印象が残りました。残念ながら彼の放ったシュートは2度もクロスバーにはじかれてしまいましたが、シュートの精度はかなり上がっていて今後のブレイクが期待できそうです。
  

 大宮が5点を取った試合は過去にもあるそうですが私は見てはいないと思います。攻守がかみ合った快勝でした。試合前に渋谷監督が「岐阜はマンツーマンで守備をしてくるので、相手が前掛かりで来るパワーをうまく利用して攻撃していきたいと思います。」と語っていましたがそれを実践できた試合でした。
 次節は福岡との対戦です。福岡は大宮にとっては天敵といってよいくらい相性が悪いチームのはずですが、今の大宮の勢いなら良い試合ができるのではないかと思います。この試合は本当に楽しみです。順位はまだ気にする時期ではないと思います。


2015 Jリーグ Division2 第15節
2015年5月24日(日), 19:04, 長良川競技場
FC岐阜 - 大宮アルディージャ 0:5 (0:4)
岐阜: 太田(岳) - 高木, 深谷 (46. 小野), 岡根 - 高地, 宮沢 (46. 清本), 太田(圭), 野垣内, 益山 (66. 鈴木) -ロドリゴ, レオミネイロ
大宮: 加藤 - 渡部, 菊地, 河本 (82. 福田), 和田 - カルリーニョス, 横山, 横谷 (65. 渡邉), 泉澤 - 家長, 播戸 (46. ムルジャ)
得点:0:1 泉澤 (16.), 0:2 菊地 (31.), 0:3 横谷 (37.), 0:4 播戸 (44.), 0:5 ムルジャ (67.)
警告: レオミネイロ, 小野 - /
観客: 6,011人
主審: 吉田 寿光
スポンサーサイト

タグ : スタジアム観戦記

22:40  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/785-d61d7a34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |