--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2015.06.02 (Tue)

2014/15シーズンのボーフムを振り返る

 今季はなかなかツヴァイテリーガの状況を追うことができませんでした。ボーフムについても残念ながら試合の映像を見ることができた試合は少なく、それ以外はWebラジオで音声を聞いたり Live Tickerを追いかけ、試合後にWebに掲載される記事を読んだりという形が中心となりました。2シーズン前まであった試合映像の配信サービスが復活してほしいなと思っているのですが、残念ながら需要はないのでしょうね。そんな状態ではありますが、ボーフムの状況も追いかけてはいましたので2014/15シーズンを簡単に振り返ってみることにします。

1. コンセプトのない戦術

 今季のボーフムは昨季の反省を踏まえて攻撃力アップを図り戦力の補強をしました。特に久しぶりに復帰することになったシェスタークとウニオンベルリンから獲得したテロッデの2トップには大きな期待をしました。開幕から第7節までは無敗。アウェイで大勝、ホームでドローを繰り返しつつも一時は首位にたちました。ただし、この時点で私はすでにボーフムの試合運びの拙さを感じていました。大勝する試合のほとんどは運や相手の戦術的なミスなどによるもの、そしてホームでは勝てる試合をドローにされることが多かったのです。そして、それは第8節のハイデンハイム戦の大敗で表面化しました。はっきり言うと相手のチーム事情や戦術などを考え、それに応じた対策を立てるわけでもなくただ漫然と試合に入り、試合展開がうまくいけば勝利するが、少しうまくいかなければ修正することはできず大敗するという具合です。

2. ノイルーラー解任

 そんな中、16節のザンクトパウリ戦のあとノイルーラー監督が突然解任されることになりました。ノイルーラー監督の解任について思うことは、こちらの投稿(ボーフムがペーター・ノイルーラー監督を解任)で書きました。これから先のボーフムを考えたら、これは避けることができないものだったと思います。タイミングとしても良かったと思います。

3. フェアベーク監督のもとでの再出発

 ウィンターブレークまでをハイネマン暫定監督で乗り切ったボーフムは後任監督として昨季はニュルンベルクを率いていたオランダ人のフェアベーク監督と契約しました。トレーニングやゲームでも選手たちに任せる部分が大きかったノイルーラーに対し、フェアベークはやるべきことをきっちりとやるタイプ。選手によっては息苦しさを感じることもあったのではないでしょうか。試合に目を向けたとき、ノイルーラー監督の時と明らかに変わったのは相手の戦い方に対する対策をしっかりと立てて試合に臨んでいるということ。フェアベークは基本的には攻撃重視の戦術をとり、これは彼のフットボール哲学でもあるのですが、それを基本にしつつ相手の特徴を考慮して戦術を変えて戦います。その結果、リーグ戦前半にあったような出たとこ勝負のような試合は減りました。
 しかし、シーズン最後まで1試合の中でも良い内容と悪い内容がまだら模様のように見え隠れしていました。要するにまだ安定していないのです。特に守備に関しては全く改善されていません。セットプレーからの失点の多さはシーズン当初から全く変わっていないのです。この点では少々フェアベークの手腕に疑問を感じてきています。特にボーフムは経営面では非常に厳しい状況にあり実績のある選手の補強は難しいと思います。

■ 総括

 ボーフムは9勝10敗15分(勝ち点42)で11位に終わりました。今季はとにかく残留争いからは離れて中位で終わるということが目標だったようです。これはクラブが公に掲げたものではありませんが、ノイルーラー監督やホーホシュテッターSDのインタビュー記事で時々そういうニュアンスの発言がありました。そう考えれば今季はまずまずだったといえると思います。来季はもう少しステップアップし上位争いに加わるのが理想です。そのためにはさらに安定した戦いができなくてはなりません。ようやくしっかりしたコンセプトを持った監督の下で問題は抱えつつもある程度チームとしてのまとまりが見えてきましたが、悲しいことに選手が多く入れ替わることになり来季はチームを作り直すところからのスタートになります。まだまだ厳しい状況は続きそうです。

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

21:21  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/787-07d3c23c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。