2015.05.31 (Sun)

2015 J-League Division 2 第16節 大宮 vs. 福岡

 5月最後の日曜日。天気予報では雨の可能性もあると思っていましたが、いざ当日になるとよく晴れて真夏のような日差しとなりました。私は夏の暑さが苦手で頭痛にかかりやすいので、直射日光を避ける服装で頭痛薬も持参してスタジアムへ向かいました。


 今節の対戦相手は福岡です。大宮は福岡を大変苦手としているという印象がありますが、好調の大宮がこちらも好調の福岡を相手にどのような試合をするかは楽しみでした。苦手福岡に勝てるなら大宮の今の勢いは本物なのだろうと。

 前半、福岡がかなり引き気味のフォーメーションで激しくプレスをかけてこなかったこともあり大宮がほとんどの時間でボールを保持し、いつものように左サイドを中心にゆさぶりをかけシュートチャンスを作ろうとします。しかし福岡は3バックに両サイドの亀川と中村北斗で5バックを築き、大宮の決定機も体を張って阻止します。
 一方、福岡の狙いはボールを奪うとまず1トップの位置にいる中原貴之を狙ってロングボールを入れ競り合ったボールに対して2列目の城後、酒井らが攻撃を仕掛けていく形です。ただし前半はあまりにも中原と周囲との距離が開きすぎていて攻撃が形になっていませんでした。大宮ゴールを脅かした場面は1度か2度だけでした。大宮にとっては危ない場面は皆無でした。


 後半に入るとさすがに福岡も点を取りに前に出てきます。大宮は集中力が切れたのかわかりませんが不用意なミスが目立つようになり、福岡が攻勢をかける時間が増えてきました。しかし、福岡もフィニッシュの精度が低くシュートも枠をとらえません。
 大宮は選手交代により再び攻撃の活性化を図ります。しかし、相変わらず福岡の守備は崩れず神山も好セーブを見せるなどスコアレスのままアディショナルタイムに入りました。私はこの時点ではもうスコアレスドローだろうと思いました。しかし91分に左サイドに抜けたムルジャが中央に入れたクロスに清水慎太郎が飛び込み先制ゴールを決め、さらに94分にはムルジャが抜け出して3試合連続となるゴールで試合を決めました。



 おそらく福岡の井原監督としてはスコアレスドローならOKという気持ちだったのではないでしょうか。福岡の思い描いた形にはあと一歩のところで実現しませんでした。大宮の最後まであきらめない姿勢は見事だったと思います。
 ただ、正直なところこの試合の大宮はゲームを支配してはいたもののミスも多くそれほど良い出来ではなかったと思います。どちらかといえば福岡の守備の良さを感じた試合でした。そんな試合でもアディショナルタイムにゴールを決めて3ポイントを積み上げていくところに大宮のしぶとさを感じます。今季のJ2の上位は最後まで混戦になる可能性があり、このようなポイントが後々効いてくる可能性は高いと思います。大宮にとってはとても意味のある勝利だったと思います。
 福岡については、この試合の守備の安定感を見ると最後まで上位争いに加わってくる力はあると思います。ただこの試合はあまりにも守備的すぎて攻撃の形がはっきりとみられませんでした。新たに外国人FWが加わるようですが、彼がフィットし攻撃パターンが増えればさらに面白い存在になるのではないかと思います。


2015 Jリーグ Division2 第16節
2015年5月31日(日), 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - アビスパ福岡 2:0 (0:0)
大宮: 加藤 - 渡部, 菊地, 河本, 和田 - 横山, カルリーニョス, 横谷 (83. 渡邊), 泉澤 (70. 清水(慎)) - 家長, 播戸 (63. ムルジャ)
福岡: 神山 - イ グァンソン, 濱田, 堤 - 亀川, 中村(北) (79. 阿部), 鈴木, 末吉 (68. 中原(秀)) - 城後, 酒井 - 中原(貴) (87. 坂田)
得点: 1:0 清水(慎) (90.+1), 2:0 ムルジャ (90.+4)
警告: 家長 - 末吉
観客: 8,543人
主審: 東城 穣
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:50  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/788-d85912b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |