2015.06.17 (Wed)

2015 J-League Division 2 第18節 栃木 vs. 大宮

 第18節。大宮は栃木SCとのアウェイゲームです。この試合、私はバックスタンドで観戦していたのですが、アウェイゴール裏はオレンジ一色、バックスタンド、メインスタンドも1/3以上はオレンジ色であたかも大宮のホームゲームのような雰囲気が漂います。11年ぶりのJ2参戦となった大宮ですが、サポーターがアウェイの試合にこれだけ多く集まるというのは10年前には全く想像できませんでした。


 前半は栃木のペースで試合が進みました。栃木はFWが大宮DFラインの裏を狙いタイミングを見て中盤から長いパスを出し、それを大宮DFラインの裏で受けたFWがボールを収め2列目にパスしゴールを狙うという形です。大宮はボランチの球離れが悪いところを狙われ嫌な形でボールを失うなど、あたかも0:2で敗れたプレシーズンのテストマッチを彷彿とさせるシーンが何度も見られましたが、幸い栃木FWのポストプレーがほとんど機能していなかったために救われました。
 大宮も栃木のプレッシャーに押され思い通りにチャンスを作ることはできませんでしたが、シュートまでの形を作れていたのは大宮の方でした。最も惜しかったのはカルリーニョスが左足で放ったミドルシュートがポストに弾かれたシーンだったと思います。このままではどちらもゴールは奪えずスコアレスドローになるだろうと予想してしまうような内容で終わった前半でした。


 後半に入ると栃木の選手に疲れが出てきたのかプレッシャーは弱まり、その分大宮の選手が余裕をもってプレーできるようになったように思えました。その結果、後半は大宮が一方的に栃木ゴールに攻め込むようになります。渋谷監督は普段より早めにムルジャ、渡邊を入れ勝負をかけたのだと思います。
 その結果、73分に家長のロングパスを受けたムルジャがGKと1対1になり落ち着いて決めて先制、76分には家長とのコンビネーションで泉澤がゴールを決めて2:0とし、そのまま逃げ切り勝利を手にすることになりました。


 勝利はしたものの内容は最近の試合の中では良くない方だったと思います。前半はシーズン序盤の大宮を見ているようでした。しかしシーズン序盤との決定的な違いは守備の安定と攻撃時の連係です。守備については2点リードしてからは危ない場面も何度かありましたが、それまでは本当に安心して見ていられました。攻撃に関してもほとんど何もできなかった印象の前半もシーズン当初とは違い中盤の前線の選手が積極的に動いてスペースを作ろうとする動きがありました。それを続けていれば90分の中で必ずチャンスはあります。我慢のサッカーを展開しチャンスを待つ。勝ち続けながら身に付けた自信や精神的な余裕がそれを可能にしているのではないでしょうか。
 栃木についての印象を少々。常にコンパクトなフォーメーションを保ちつつアグレッシブにプレッシャーをかけてくるチームという印象は変わることがありませんでした。攻撃面で単調な気はしましたが、中盤で素晴らしい運動量とスピードで奮闘した湯澤の存在は大宮にとって嫌なものだったに違いありません。


2015 Jリーグ Division2 第18節
2015年6月14日(日), 13:04, 栃木県グリーンスタジアム
栃木SC - 大宮アルディージャ 0:2 (0:0)
栃木: 桜井 - 荒堀, ハン ヒフン, 中野, パク ヒョンジン - 中美, 本間, 小野寺 (74. 西澤), 湯澤 - 松村 (57. 西川), 阪野 (82. イ デホン)
大宮: 加藤 - 渡部 (90. 今井), 菊地, 河本, 和田 - 横山, カルリーニョス (85. 大山), 横谷 (70. 渡邊), 泉澤 - 家長, 播戸 (57. ムルジャ)
得点: 0:1 ムルジャ (73.), 0:2 泉澤 (76.)
警告: / - 横山
観客: 8,595人
主審: 今村 義朗

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:18  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/790-d47f0957

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |