2015.07.20 (Mon)

ボーフム選手の移籍状況 (2015/16)

 早いものでもうツヴァイテリーガの2015/16シーズンの開幕が近づいてきました。新シーズンに向けて選手の動きを整理しておくとともに今季のボーフムで期待したい選手などについて記しておきたいと思います。

■ ボーフム選手の移籍状況
【Out】
 GK
  Michael Esser → Sturm Graz
  Marius Weeke → SC Wiedenbrück 2000
 DF
  Heiko Butscher → 引退
  Fabian Holthaus → Fortuna Düsseldorf
  Nicolas Abdat → VfL Wolfsburg II
 MF
  Danny Latza → 1.FSV Mainz
  Adnan Zahirovic → Hapoel Akko
  Yusuke Tasaka → Kawasaki Frontale
  Thomas Eisfeld → FC Fulham
 FW
  Joel Reinholz → 未定
  Mikael Forssell → 未定
  Stanislav Sestak → Ferencvaros Budapest
  Michael Gregoritsch → Hamburger SV

【In】
 GK
  Manuel Riemann ← SV Sandhausen
 DF
  Giliano Wijnaldum ← Go Ahead Eagles Deventer
  Tim Hoogland ← FC Fulham
  David Niepsuj ← VfL Bochum II
  Gökhan Gül ← VfL Bochum II
 MF
  Michael Maria  ← VfL Bochum II 
  Arvydas Novikovas ← FC Erzgebirge Aue 
 FW
  Janik Haberer ← TSG Hoffenheim
  Nando Rafael ← Henan Jianye
  Peniel Mlapa ← Borussia Mönchengladbach

 GKはエッサーが移籍するがザントハウゼンの正GK、リーマンを獲得。DFは左SBのホルトハウスの穴をワイナルドゥムが埋める形となり、戦力は維持できそうです。ボランチはラッツァの移籍が痛いのですが、フラムから元シャルケのホークラントを獲得。彼がラッツァの穴を埋めてくれることを期待します。攻撃的な選手ではサイドアタッカーのシェスターク、田坂が抜けた代わりにホッフェンハイムから若いハベラーを獲得しましたがトータルで見ると戦力ダウンになります。昨季、頭角を現したギュンドュスやU23から昇格したマリアの成長を期待したいところ。また、どうしても埋まらないのがアイスフェルト。ローン契約が切れていったん所属クラブのフラムに戻ったアイスフェルトですが依然としてボーフムは彼の獲得に動いていますがどうなることか。
 FWはジョーカーとして渋い働きを見せたフォルセルの代役としてナンド・ラファエルを獲得しました。ラファエルは昨年いっぱいで中国、河南建業との契約が満了し半年間フリーとなっていましたが、テストマッチではそのブランクを感じさせない動きを見せておりそれなりに働いてくれそうです。余談ですが、このラファエル、河南では大宮にいたラファエルと一緒にプレーしていたようです。

 そんな具合で昨季と比較すると昨季ツヴァイテで最多失点を記録してしまった守備陣はそのままの戦力を維持。昨季、ツヴァイテ最多得点を記録した攻撃陣はやや戦力が落ちたという印象が残ります。
 
 個人的に注目したい選手はまずはシムネクです。フェアベーク監督が指揮するようになり、試合ごとにしっかりした分析を行いコンセプトを持って試合に臨んでいることが感じられますし、攻撃的で魅力あふれるサッカーが少しずつできるようになってきました。一方で守備面は全く改善される気配が見えませんでした。今季もテストマッチの失点シーンの映像を見ると昨季から改善されているようには見えません。昨季、守備陣のリーダーとしての役割を期待されながら怪我でほとんど出場できなかったシムネクがなるべく早く復帰しフル稼働できれば少しは改善されるのではないかと期待しています。
 もう一人注目したいのがグレゴリッチ。前所属のホッフェンハイム、レンタル先のザンクトパウリではセンスは感じさせるものの結果が残せなかった彼も昨季はボーフムでブレーク一歩手前まで来たように思います。今季は正式にボーフムに移籍となり気持ちの上でも集中できるのではないかと思います。フェアベークのサッカーにおいても彼の存在は不可欠です。今季は攻撃の中心となってほしいと思います。ひとつ気がかりなのがHSVへの移籍に関する話です。このオフの間にHSVからのオファーがあったようですが金額面で話がまとまらずいったんはおさまっていたようですが、HSVがレヴァークーゼンにターを売却して得た資金でグレゴリッチを買い取る資金を得たため再び獲得に動くのではないかという話があるようです。仮にグレゴリッチが抜けるとなればボーフムにとっては相当な痛手となるでしょう。

 (2015.8.8 追記)
  結局、グレゴリッチはHSVへ移籍することが決まり、一方でMFのノヴィコヴァスをアウエから、FWのムラパをグラートバッハから獲得しました。2人とも攻撃的な選手でサイドからの突破を得意とする選手。点取り屋ではありませんがスピードを生かして相手守備を崩す力はあります。彼らとジモン・テロッデのコンビネーションがうまく機能すればグレゴリッチの抜けた穴は埋まるのではないかと期待しています。

 今季のツヴァイテはドリッテからの昇格が底力のあるビーレフェルトとデュイスブルク、エアステからの降格チームがフライブルク、パダボーンと強力。さらに本来力を持っているライプツィヒやカイザースラウテルン、ニュルンベルク、デュッセルドルフ、カールスルーエがツヴァイテに残ったことで昇格争いのみならず中位までも含めた争いが相当激しくなると思われます。個人的には昇格候補はライプツィヒ、フライブルクと見ていますが、実力のあるクラブも少し調子を崩せば一気に下位に沈むこともあるのではないかと予想しています。そんな中でボーフムはどこまでやれるのか。個人的にはなんとか一桁順位に食い込んでほしいところ。現実的にはかなり厳しいと思いますが、近い将来の1部昇格を真剣に考えるならばぜひ実現してほしいと思います。そしてそのためには守備の改善が絶対に必要です。


スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

22:06  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/792-955c3cdd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |