--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2015.08.09 (Sun)

2015 J-League Division 2 第28節 大宮 vs. 栃木

 私事ですが、猛暑が続く中、仕事も多忙を極め睡眠不足が続きバテ気味で週末は動くのもつらい状況です。今後もしばらくはそんな生活が続くことが予想されるため、大宮の残りのホームゲームもどれだけ観戦できるかわからなくなってきました。そんなわけで見られる試合は見ておこうと思い疲れた体にムチ打ってスタジアムへ向かいました。私にとっては23節の岡山戦以来の観戦となります。
 幸いにもスタジアムに到着した午後6時半ごろにはこの数日に比べるとずいぶん涼しくなっていて助かりました。選手の試合でのパフォーマンスも上がることが期待できるし喜ばしいことです。今日の対戦相手は難敵の栃木SCです。見る側としても辛抱が必要な試合になるでしょう。


 前半は大宮がボールを支配しサイドにボールを展開しながらスペースを狙いますが予想通り栃木の守備は固く決定機が作れません。大宮は攻撃の際の連係も悪く不用意なパスミスでボールを奪われるシーンも散見されました。栃木はボールを奪ったら速攻でカウンターを狙う形を狙っていたのだと思いますが、良い形でトップにボールが入らず、またFWの選手もあまり駆け引きをしないため、ほとんど危険な存在になっていませんでした。前回の対戦で厄介な存在だった湯澤が出場していなかったことも怖さを感じない理由のひとつだったのかもしれません。そんな具合で大宮がボールを保持する時間が長かったわりには決定的なチャンスはどちらにもなく得点の気配がほとんど感じられない前半でした。


 後半に入ると栃木のカウンターが機能するようになりました。特に河本がサイドからドリブルで崩して中にボールを入れてチャンスになる形が何度かありました。しかし、この嫌な時間帯をGK加藤を中心として無難に乗り切ると再び試合は前半同様の膠着した展開となります。そのまま時間が経過していきスコアレスドローに終わるのかなと考え始めた87分に大宮はペナルティエリア内でムルジャが倒されてPKを獲得します。この大事なPKを家長が落ち着いて決めて大宮が終盤にようやく先制します。
 ここからやや守りに入った大宮に対して栃木の波状攻撃が始まりますが、アディショナルタイムにあった栃木の決定機も加藤の好セーブでしのぎ勝利を手にしました。


 試合を振り返り、私は開幕戦で金沢に1:0で勝利した試合を思い出しました。当時の大宮は守備も不安定で攻撃にもほとんど工夫が見られずかなり悲観的な思いを込めて、接戦で粘り強く勝点を積み上げていくことの重要性を感じていました。その後、想像以上に大宮の守備は安定し得点力も上がってきましたが、それでもやはり簡単な試合などほとんどありません。
 さらに残り試合は怪我人や出場停止。さらに夏場の疲労によりパフォーマンスが落ちることは想定しておかなくてはなりません。過去の経験上、夏場に大宮が失速することはファンは皆知っているはずです。対戦相手も大宮のストロングポイントを消すような戦術をとってくることも予想され今まで以上に厳しい試合が続くでしょう。
 開幕当初と比べると一段上のレベルでの話ではありますが、厳しい試合で辛抱強く戦い一つでも多くのポイントを獲得していくことの重要性は全く変わりません。私はここからは内容より結果を求めたいと思います。そういう話を踏まえて考えるなら、この試合は非常に評価できる試合だったと思います。うまくいかない展開でも焦らず粘り強く戦い、数少ないチャンス、あるいは運をゴールに結びつけ勝利する。まさに大宮らしい素晴らしい勝利でした。

 対戦相手の栃木については、組織的な守備をベースにした激しいプレスが印象に残りました。そしておそらく研究してきたのだと思いますが大宮の左サイドへの徹底してマークしてくるなど全く一筋縄ではいかないチームでした。これはシーズン開幕前のテストマッチ、さらに前回の対戦での印象と全く変わりはありません。これだけのチームが現在20位というのが本当に信じられません。このチームの課題はやはり攻撃力でしょうか。前線に相手にとって脅威となる選手が一人いるだけで全く違うのではないかと感じました。


2015 Jリーグ Division2 第28節
2015年8月8日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 栃木SC 1:0 (0:0)
大宮: 加藤 - 片岡, 福田 (31. 菊地), 河本, 大屋 - 横山, カルリーニョス, 横谷 (85. 渡邊), 泉澤 - 家長, ムルジャ (90. 清水(慎))
栃木: 竹重 - 荒堀 (63. 山形), ハン ヒフン, 坂田, パク ヒョンジュン - 廣瀬, 小野寺, 本間 (89. フェリペ), 中美 (75. 松村) - 河本, 阪野
得点: 1:0 家長 (87., PK)
警告: カルリーニョス, 河本, 家長 - 阪野, 本間, 山形
観客: 9,564人
主審: 上村 篤史

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

21:26  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/796-295c5aee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。