2015.08.16 (Sun)

ブンデスリーガ2015/2016 第1節 ドルトムント vs. グラートバッハ

 待望のブンデスリーガ開幕です。グラートバッハは開幕戦は香川真司の所属するドルトムントとの対戦です。ドルトムントの試合と言うことでもちろんTV中継がありましたので日本時間では深夜1:30からという辛い時間ではありましたが頑張ってTV観戦しました。

 グラートバッハは、DFのシュトランツルとドミンゲスが怪我などによるコンディション不良により出場できず、守備的MFのノルトヴァイトが出場停止となりました。その結果、CBはリーグ戦は初出場となる20歳のマーヴィン・シュルツと19歳のクリステンセンがスタメン。ボランチはシュティンドルがシャカとコンビを組むことになりました。これは先週のDFBポカール1回戦と同じですが、今季は優勝を争うことも予想されているドルトムント相手に通用するのかどうか楽しみではありましたが不安も感じていました。

 試合の序盤こそグラートバッハは思った通りのサッカーができていたように思いますが、それは10分程度しか続きませんでした。ドルトムントはスピードのあるオーバメヤンやロイス、香川らが流動的に動きゆさぶりをかけるとグラートバッハの守備はひきづられてしまい相手にスペースを与えてしまいます。そこに次々と走りこまれ決定的なパスを通されてしまうと、もはやグラートバッハの守備陣はなすすべなく防戦一方となります。8分にムヒタリアンが抜け出してゴールネットを揺らした場面は副審のミスジャッジによりオフサイドとなって救われましたが、15分にフンメルスからのパスをペナルティエリア内で受けた香川がワンタッチで出したパスをロイスが決めて先制。21分にシュメルツァーのクロスにオーバメヤンが頭で合わせて2点目。33分には中盤でボールを奪われるとクリステンセンがオーバメヤンに振り切られて最後はムヒタリアンにゴールを決められ3点目。あっという間に勝敗が決まってしまいました。
 後半も試合の流れは変わることなくドルトムントがムヒアリアンのゴールで追加点をあげ、それ以外にも多くの決定機を作ったのに対しグラートバッハの攻撃機会は数えるほどしかなく一方的な展開のまま試合が終わりました。

 ファヴレ監督が就任する前のグラートバッハの試合はこのような試合が多かったのですが、最近は4点差で敗れる試合はほとんどなかっただけに正直なところ悲しくなりました。未明の時間ということもあり、よほどTV観戦を途中で放棄しようかと思いました。
 この試合を見て感じるのは、これまで漠然と感じていた不安が一気に露呈したということです。具体的には、ブンデスリーガでの経験が乏しいCBコンビと中盤の守備の弱さです。正直なところドルトムントの攻撃陣を相手にするには荷が重かったように思います。また以前から思っていましたがやはりシュティンドルは攻撃で生かしたい選手。守備を期待してはいけないと思います。
 今後も同様な戦い方をしてくる相手との対戦で先にプレスをかけられると同様の展開になってしまう心配があり、早急に対策を講じる必要があります。CBシュトランツルの復帰の他にヘルタから左SBニコ・シュルツを獲得するという話があります。ボランチは守備的なノルトヴァイトの復帰するので、さしあたり彼らの活躍に期待することになるかと思います。この試合に出場した2人の若手CBには苦い経験になったと思いますが、このような経験も選手としての成長には必要です。彼らや途中からボランチに入ったダフードの成長は暖かく見守りたいと思います。とりあえず、私自身はこの試合のことはいったん忘れて次節のホーム、マインツ戦に向けて気持ちを切り替えたいと思います。

マックス・エバールSD試合後のコメント
「我々は多くのミスをしチームとしてはまずい守備をしてしまい、そこから簡単に失点してしまった。故に思い描いた通りの結果が出せなかった。我々にはまだ多くの仕事があるし、新たに構成されたチームには時間が必要だ。それは別にしてもドルトムントは素晴らしい印象を残したし本当に素晴らしい内容を見せてくれた。」

リュシアン・ファヴレ監督、試合後のコメント
「ドルトムントの勝利は極めて妥当な結果だ。我々は試合の入り方は悪くはなかった。2度ほどカウンターのチャンスも作れていた。しかしあまりに簡単に失点してしまい試合をコントロールできなかった。これだけ早く0-3になってしまってはとても難しくなる。ドルトムントは非常にテンポ良くプレーしており我々よりずっと良かった。安定性を取り戻すため我々にはまだやるべきことがたくさんある。」


BUNDESLIGA 2015/16 1. Spieltag
15.08.2015 18:30 Uhr, Signal Iduna Park, Dortmund
Borussia Dortmund - Borussia M'gladbach 4:0 (3:0)
Dortmund: Bürki – Piszczek, Sokratis, Hummels, Schmelzer – Weigl – Gündoğan, Kagawa – Mkhitaryan, Reus (78. Kampl) – Aubameyang (78. Ramos)
Borussia: Sommer – Jantschke, Schulz, Christensen, Wendt – Xhaka (78. Dahoud), Stindl – Traoré (65. Herrmann), Johnson – Raffael, Drmić (67. Hazard)
Tore: 1:0 Reus (15.), 2:0 Aubameyang (21.), 3:0 Mkhitaryan (33.), 4:0 Mkhitaryan (50.)
Gelbe Karten: / - Xhaka
Zuschauer: 81.359 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Tobias Stieler (Hamburg)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : TV観戦記

21:20  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/798-c01dab2a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |