--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2015.09.13 (Sun)

ブンデスリーガ2015/2016 第4節 グラートバッハ vs. ハンブルガーSV

 ブンデスリーガが開幕して以降、週末も仕事で出張があったり体調を崩したりでなかなか試合を見る時間が取れませんでしたがようやく時間がとれました。とはいうものの映像を見たのはライブ放送ではなくクラブが配信する録画映像です。

 さて開幕戦を落としたグラートバッハはホーム開幕戦となるマインツ戦を1:2、第3節のアウェイ、ブレーメン戦も1:2と落として3連敗という最悪のスタートとなってしまいました。この3試合はアウェイのドルトムント戦、ブレーメン戦は過去の相性を考慮すれば負けても不思議ではありません。ホームのマインツ戦の敗戦は誤算ですがこれも楽勝できる相手ではなくドローであれば不思議ではありませんでした。要するに開幕からの3試合を見ると昨シーズンと比較して試合内容としてうまくいっていない点が多々あることは事実ですがそれほど大騒ぎする話ではないということが言いたいのです。しかし、CL出場クラブが開幕3連敗となれば周囲が騒がしくなるのは致し方ないことで、怖いのは周囲の騒ぎに選手や監督が過剰反応して浮足立ってしまうということ。そうしないためにはまず1ポイントで良いので勝点をとりたい。4節はホームでの試合ですので絶好のチャンスだったはずです。

 グラートバッハはこの試合から長期欠場していたCBのシュトランツルが復帰しましたが、ボランチのシャカが前節の退場により出場停止。ボランチはノルトヴァイトとヤンチュケのコンビで挑むことになりました。また、新戦力が噛み合っていない攻撃はハーンをFWとして起用しました。

 この試合のグラートバッハはあきらかにおかしかったです。11分にヤンチュケがGKのゾマーへのバックパスをラソッガに奪われあっさりと先制ゴールを許します。このような凡ミスは最近のグラートバッハには見られなかった光景です。その後も最終ラインとボランチの連係が悪く相手のイリチェヴィッチらに簡単に中盤を切り裂かれシュートまで持っていかれるシーンが散見されました。そんな悪い流れでもまだ同点に追いついて前半を終えることができればよかったのですが、よくないことに前半終了直前に追加点を許してしまいました。これはイリチェヴィッチのコーナーキックをラソッガに頭であわされたものでしたが、なんとも悪い時間に失点したものです。

 後半にも流れを変えることはできないどころか、55分には相手GKからのロングフィードがDFラインの裏をとったニコライ・ミュラーに渡りそのままループシュートを決められ3失点目。これで早くも勝敗は決してしまいました。しかし、それだけでは終わりません。この試合から復帰したシュトランツルが相手コーナーキックでのゴール前の空中戦で負傷し、そのまま立ち上がれずにピッチを退くという事態に。結局、シュトランツルは眼窩底骨折で6~8週間の離脱を余儀なくされました。まさに泣きっ面に蜂です。
 攻撃に関してもほとんどよいところは見られませんでした。ドゥルミッチがフィットせず、個人としてはそれなりのパフォーマンスを発揮しているシュティンドルもうまい使い方がわかっていない状況が続いています。この試合でFW起用されたハーンは久しぶりに出場機会を得て奮闘していましたが、やはり本来は右サイドのアタッカーとして起用すべきすることで力を発揮する選手。昨シーズンもFW起用は試していたと思いますが、チームの調子が良いときと悪い時ではパフォーマンスも違うでしょう。試合後にファヴレ監督は「我々は自信が欠けている。だからこそよりシンプルにプレーすべきだ。」とコメントを残しています。まさにその通りだと思いますが、選手起用に関しても同様だと思います。この試合はシャカの欠場などやむを得ない点はありましたが、あまり動かしすぎずに選手の本来のポジションでプレーさせてほしいなと思います。

 この試合に関しては相手のパフォーマンスの良し悪しを語る前にグラートバッハがミスにより自滅してしまったという印象しか残りませんでした。ドルトムント戦の0:4とは全く異なります。どうやらグラートバッハは冒頭に書いたような心配が現実になってしまったように思います。結果が出ないことで焦りが出て自滅。さらに自信を失っていくという負のスパイラルに入ってしまったようです。ここはクラブもファンも我慢です。間違ってもおかしな方向へ進むことは避けたいと思います。そしてそのためにもまず早急に勝点がほしいところです。


BUNDESLIGA 2015/16 4. Spieltag
11.09.2015 20:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Hamburger SV 0:3 (0:2)
Borussia: Sommer – Korb, Stranzl (65. Dahoud), Brouwers (55. Drmić), Wendt – Jantschke, Nordtveit – Stindl (55. Traoré), Hazard – Raffael, Hahn
HSV: Drobný – Diekmeier, Djourou (88. Cleber), Kacar, Ostrzolek – Ekdal, Holtby – N. Müller (83. Gregoritsch), Hunt (81. Diaz), Ilicevic – Lasogga
Tore: 0:1 Lasogga (11.), 0:2 Lasogga, 0:3 N. Müller (54.)
Gelbe Karten: Jantschke, Dahoud - /
Zuschauer: 54.010 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Tobias Welz (Wiesbaden)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

01:26  |  Bundesliga  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/799-9753084a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。