--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2008.08.24 (Sun)

グラートバッハ連敗

 第2節のホッフェンハイムとグラートバッハの試合。前半のイビセヴィッチのゴールが決勝点となり1:0でホッフェンハイムが勝ちました。1点差のゲームでしたが、内容的にはグラートバッハの完敗です。特に後半はカウンターからの攻撃を何度も食らってピンチの連続。ハイメロートの好セーブとクロスバーに助けられていなければあと3点くらいはとられていた感じでしたし。

 人それぞれ見方はあるかと思いますが、私はこの試合を見てグラートバッハの今後が心配になって来ました。開幕戦のシュトゥットガルト戦では攻撃面ではうまく行っていて得点の気配が感じられましたが、この試合はチャンスをほとんど作れていなかった点が問題です。特に後半はほとんど打つ手なし。マリンが厳しくマークされ時折マトムアが突破を図る程度の単発的な攻撃しかみられず、フレンドとヌヴィルの投入も結果が出ませんでした。昨シーズンのツヴァイテでの試合や開幕前のテストシュピールで見られたような相手ディフェンスの裏を取っていくような攻撃の形は中盤で激しくプレスをかけられると厳しいのかな。つまり今のレベルでは1部ではなかなか通用しないのではないかと。
 ディフェンスに関しては先週のシュトゥットガルト戦に比べれば多少よくなっているとはいえやはり不安定です。とにかくくだらないミスを減らさないと・・・。このままでは攻撃的なチームを相手にしたときにかなりまずいです。あえて個人名を出すなら左サイドバックのジョーレス、もう勘弁してほしいです。ペナルティエリアの近くで相手にパスしてしまうという信じられないミスをしたときにはびっくりしてしまいました。

 一方のホッフェンハイムは思った以上に好いチームなのではないでしょうか。デンバ・バとイビセヴィッチが絡んだ攻撃は相手にとって脅威だし、守備面でも非常にまとまっていました。このままの調子を維持できれば優勝候補といわれるチームとの試合が楽しみです。まあ、どの試合でも安定して力を出すのは難しいことではありますが期待はできそうです。 

 さてグラートバッハ、次はホームでブレーメン戦。私の記憶では相性は結構よかったはず。とりあえず最低限勝点1はとらないといけません。それから、まだ順位表は見ないことにしておきます。

1. Bundesliga, 2008/09 2.Spieltag
23.08.2008, 15.30 Uhr, Carl-Benz-Stadion, Mannheim
1899 Hoffenheim - Borussia M'gladbach 1:0 (1:0)
Hoffenheim: Özcan - Beck, P. Nilsson, Compper, Jaissle - Weis (90. Janker), Luiz Gustavo, Salihovic (70. Vorsah) - Carlos Eduardo (88. Teber) - Ba, Ibisevic.
Borussia: Heimeroth - Levels, Callsen-Bracker, Daems, Jaurès (73. Brouwers) - Svärd, Paauwe - Marin, Rösler (61. Neuville), Matmour - Colautti (61. Friend).
Tore: 1:0 Ibisevic (31.)
Zuschauer: 26.300
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

08:48  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/8-9079e108

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。