--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2015.09.21 (Mon)

2015 J-League Division 2 第32節 大宮 vs. C大阪

 第32節は大宮のホームゲームですが熊谷での開催です。熊谷までは自動車で大宮から1時間くらいですが、渋滞があったのと途中で体調が悪くなり休憩したりしながら行ったので現地に到着したのはキックオフの約1時間前。すでに駐車場はすべて満車になっており、公園内の路上に誘導されてなんとか駐車ができました。車で行く場合は駐車スペースの関係上かなり早めに行く必要がありますね。
 さてここからの4試合は大宮にとって1部昇格を果たす上で非常に重要な試合となります。いずれも順位が近い相手との対戦ですので、もちろん勝利するのが理想ですが悪くてもドローで終えて相手に勝点を与えないことが重要になると思います。


 大宮は前節出場停止だった家長が復帰、また播戸に代わってムルジャがスタメンに入りました。対するセレッソは大宮にとって天敵ともいうべき玉田がなぜかベンチにも入っていませんでしたが、試合後のパウロ・アウトゥオリ監督のコメントによると怪我があったようです。代わって新潟在籍時に何度も嫌な思いをさせられたエジミウソンがスタメンに入りました。失礼ながら私はエジミウソンがセレッソに加入したことを知りませんでした。セレッソはフォルランやカカウなどJ2には過剰ともいえる戦力を誇っていましたが彼らが抜けて地味になった印象です。

 前半、大宮の試合の入り方は悪くなかったと思います。少なくても最初の10分間は完全に試合のペースをつかんでいました。しかし、11分にエジミウソンの先制ゴールでセレッソが先制。丸橋のクロスは素晴らしかったと思いますが、エジミウソンをフリーにさせてしまったのは明らかに大宮の守備のミスでしょう。
 大宮は前半終了間際にムルジャのゴールで追いつきました。横谷の右サイドからの折り返しを家長(スルー)、カルリーニョス、家長とダイレクトでつないでムルジャが決めました。ここまで鮮やかに相手を崩して決めたゴールは見た記憶がありません。これを見ただけで熊谷まで来た甲斐があったと思いました。


 後半も最初のうちは大宮が攻め込む展開でしたが、徐々に動きが落ちて中盤にスペースができ始め、山口や扇原が自由にプレーできるようになりセレッソが良い形を作るようになってきました。そんな嫌な時間がしばらく続いた後、75分にとうとう失点してしまいました。またも丸橋の左からのクロスにエジミウソンが入ったところを、エジミウソンと競った菊地の頭に当たりオウンゴールになってしまいました。
 その後、セレッソはは中澤、田中を投入して5バックで守備を固め、大宮の大きな武器である泉澤のドリブルも2人で対応して完全に封じ、そのまま逃げ切ってしまいました。


 試合を通しての感想ですが、やはり大宮の攻撃のリズムを作っているのは家長で、彼が加わるだけで全く変わります。しっかりとテンポよくボールが動いていました。彼を中心に動く形が確立されているというべきか、あるいは彼が大宮の選手の良さを引き出しているのかわかりませんが、いずれにしろ良くも悪くも大宮は家長のチームになっていることを再認識しました。また、セレッソが水戸とは違ってあまり激しくプレスをかけてこなかったことも大宮がある程度思い通りにできた要因かもしれません。残念なのはよい形でボールを奪った後にパスやトラップなど個々のプレーの精度に問題があり攻撃がワンテンポ遅れてしまいチャンスをつぶしてしまうシーンが何度か見られたことです。それらがうまくいけば魅力的なサッカーが見られると思うのですが。あと、この試合の大宮はロングボールを多用していたようですがこれは意図したものだったのでしょうか。一つのオプションではありますが、あまり効果的ではなかった気がします。

 この試合はお互いの良い部分が見られたよい試合でしたが、勝敗を分けたのは守備でのわずかなミスにつけこむしたたかさ、勝敗のポイントを見極めた思い切った選手起用でこの点でセレッソが上回ったと思います。またセレッソの選手は技術的な点でしっかりしていてミスも少なく間違いなくJ1レベルのチームだったと思います。
 大宮はこの4試合は1分3敗となりました。毎年恒例の夏場の失速が今年はやや遅れてやってきたのかと心配になりますが、セレッソのようなチームと互角以上に渡り合えていることを考えればまだ悲観的になる必要はないと思います。ただ、次節は再び家長が出場停止です。渋谷監督は試合後のプレカンでそのことを聞かれ「家長選手がいない想定は前節などでしていました。」と語っていますが、前節はうまくいったとは思えませんでした。果たして次節はどうなるのか注目したいと思います。

参考サイト
J2 第32節 C大阪戦 レビュー (大宮アルディージャ公式サイト)
J2 第32節 大宮戦|試合後のパウロ・アウトゥオリ監督(セレッソ)記者会見コメント (まいど!セレッソ)


2015 Jリーグ Division2 第32節
2015年9月20日(日) 18:00, 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
大宮アルディージャ - セレッソ大阪 1:2 (1:1)
大宮: 加藤 - 渡部 (87. マテウス), 菊地, 横山, 和田 - カルリーニョス, 金澤 (81. 渡邊), 横谷, 泉澤 (84. 播戸) - 家長, ムルジャ
大阪: 丹野 - 染谷, 丸橋, 酒本 (79. 田中), 山下 - 扇原, 山口, パブロ (81. 中澤), 関口 - 楠神 (63. マグノ クルス), エジミウソン
得点: 1:0 エジミウソン (11.), 1:1 ムルジャ (45.), 1:2 菊地 (75. オウンゴール)
警告: カルリーニョス, 金澤, 家長 - 染谷, 扇原
観客: 14,410人
主審: 西村 雄一

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:54  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/805-8b69258f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。