--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2015.09.29 (Tue)

2015 J-League Division 2 第34節 大宮 vs. 千葉

 J2第34節はジェフ千葉との対戦。前回の対戦(4月)では千葉のハイプレスの前に大宮はほとんど何もできずに終わった試合でした。ただしその試合では大宮の大黒柱、家長が怪我から復帰したばかりで終盤の30分間プレーしただけでした。前節までの順位は大宮が首位、千葉が7位ですが、前回の対戦直後にはこのような状況は全く予想できませんでした。
 大宮は前節出場停止だった家長、カルリーニョスが復帰しました。また前節から起用されたGK塩田、右SB片岡はこの試合でもスタメンに入りました。一方千葉は前節と全く同じフォーメーションでスタートします。


 対戦相手が千葉ということでアウェイ側ゴール裏のスタンドは黄色に染まりました。天気が良くなり秋を思わせるうろこ雲が広がる青空とのコントラストが美しかったです。

 前半、千葉は前線の選手が高い位置からプレスをかけ大宮にボールを奪取するとショートカウンターでチャンスを作ることができていました。左サイドで水野が比較的自由にプレーすることができ良いクロスを入れていたのですがゴールを決めることはできません。それに対して大宮は左サイドの泉澤の突破や千葉ディフェンスラインの裏にロングボールを入れたりして対抗しますがチャンスはムルジャが冨澤との競り合いから抜け出してシュートを放った1度だけでした。
 しかし、30分を経過したあたりから、千葉のプレスが掛からなくなり大宮は最終ラインやボランチが余裕をもってボールをさばけるようになりました。ここから大宮のペースに変わります。そして34分に泉澤からのパスを受けた横谷がDFの裏にスルーパスを通し、これに反応したムルジャが決めて先制に成功しました。そのまま1点差でハーフタイムに入ります。


 後半は50分に大宮が追加点。家長のシュートを高木がはじいたボールに対して左から和田が詰めました。2点差となり大宮は前に出なくなりました。やや守りに入ったようにも見えましたが、思い切った選手交代をした千葉に押し込まれるようになります。この辺りで再び千葉のペースになります。大宮の守備は比較的安定していて千葉の攻撃を跳ね返していました。またこの日もGKの塩田の安定感は抜群で彼の好守がなければ後半の早い時間に失点していたかもしれません。
 時間とともに攻勢を強める千葉は88分に左サイドの田中からのクロスをオナイウが合わせて1点差とします。しかし反撃が遅すぎました。アディショナルタイムを大宮が逃げ切り勝利を手にしました。


 このところ大宮の試合はなかなか攻撃の形を作れなかったり、対戦相手にも研究されて長所を抑えてくる戦術をとることが多く客観的に見ると面白くない試合が続いていました。しかしこの試合に関していえば、お互いの良い部分を見ることができた見応えのある試合でした。
 実力の拮抗したチームが対戦する場合、どちらかが一方的に攻めるという展開は考えにくいものです。例えば相手にプレッシャーをかけるにしても90分間それを続けるのは困難で、ある時は守備的に戦いカウンターを狙うなど、1試合の中でも時間帯や状況に応じて戦い方を変えることができないと勝ち続けるのは苦しいでしょう。そして攻勢をかけた時間帯にはしっかりと点を取り切り、守備的になった時間帯はしっかりと守り切れる力が必要なのでしょう。この試合でも勝敗を決めたのは攻めている時間帯での決定力の差だけだったと思います。

 勝った大宮で特に印象に残った選手は先制ゴールを決めたムルジャです。試合開始早々のビッグチャンスで決められなかった時は前節のPK失敗をひきずっているのかと思いましたがそんなことはなかったようで、この試合ではゴール以外でもキムヒョヌンらの激しいマークにあいながらもしっかりボールをキープしてチャンスにつなげていました。


2015 Jリーグ Division2 第34節
2015年9月27日(日) 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジェフユナイテッド千葉 2:1 (1:0)
大宮: 塩田 - 片岡, 菊地, 横山, 和田 - カルリーニョス, 金澤, 横谷 (82. 渡部), 泉澤 (90.+1 大屋) - 家長, ムルジャ (85. 富山)
千葉: 高木 - 大岩, キム ヒョヌン, 富澤, 金井 (54. 田中) - パウリーニョ, 佐藤(健) (66. 谷澤), 水野, ペチュニク - 松田, 森本 (54. オナイウ)
得点: 1:0 ムルジャ (34.), 2:0 和田 (50.), 2:1 オナイウ (88.)
警告: カルリーニョス - /
観客: 12,029人
主審: 中村 太
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:04  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/810-4c5b3387

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。