2015.10.05 (Mon)

ブンデスリーガ2015/2016 第8節 グラートバッハ vs. ヴォルフスブルク

 グラートバッハの第8節の対戦相手はヴォルフスブルクです。どちらも3日前にチャンピオンズリーグでマンチェスターのクラブと対戦(グラートバッハはホームでシティと対戦、ヴォルフスブルクはアウェイでユナイテッドと対戦)し、いずれも1:2と逆転負けをしています。条件としてはイングランドへ移動があった分だけヴォルフスブルクがやや不利かもしれませんが大した差はないでしょう。
 グラートバッハはマンチェスター・シティ戦でゾマーが鼻骨骨折の怪我をしたためジッペルがグラートバッハ加入後の公式戦初出場となりました。また右SHはヘアマンに替わりトラオレがスタメンに入りました。
 ヴォルフスブルクには昨季までグラートバッハに在籍していたマックス・クルーゼがいます。マックス・クルーゼは過去にグラートバッハ戦で活躍する印象があったので対戦相手にするには嫌な存在ですがスタメンで登場。またかつてグラートバッハでプレーし今季バイエルンからヴォルフスブルクに加わったダンテはリザーブに入りました。

 この試合、前半は互角でしたがチャンスの展開でした。グラートバッハにとって惜しかったのは12分のプレーでした。ダフートが起点となり素早いパスワークで左サイドを崩しシュティンドルと相手DFのナウドとの素晴らしいワンツーパス(笑)からシュティンドルがシュートを放ちましたがポストに跳ね返されました。
 一方でひやりとしたのが18分のシーンでした。カリジウリのスルーパスに反応して抜け出したシュールレがペナルティエリア内でジッペルと交錯したかのように倒れ、これを見た主審がペナルティースポットを指さします。PKに泣かされ続けているグラートバッハの選手たちは猛然と抗議します。結局PKにはならずに済みましたが、派手に倒れたシュールレにはこの後もボールを持つたびにスタジアムのグラートバッハファンから激しいブーイングが浴びせられることになりました。まあそれほどグラートバッハはPKに対して神経質になっているのです。

 後半もお互いそれほど決定的なチャンスがないまま時間が経過しましたが、76分にグラートバッハがダフートと交替で入って間もないノルトヴァイトが大きな仕事をしました。ラファエルが右サイドライン際でティム・クローゼとの競り合いでボールを奪い中央にクロスを入れ、これをノルトヴァイトがボレーシュートを放ち見事にゴールを決めました。このゴールについてノルトヴァイトは、「レヴァンドフスキのようにやったんだ。彼と同じになるにはあと4ゴール足りなかったけどね。真面目な話をすると、ラファエルがボールの奪い合いに競り勝ち自分の方を見てクロスを入れてきた。そのとき自分はゴールを決めることに集中していたが、幸運にもうまく決まった。」とブンデスリーガ公式サイトのインタビューで話しています。とにかくすごいゴールでした。
 グラートバッハはその3分後にも中盤での相手のパスミスを奪い素早くトラオレへ。トラオレがそのスピードを生かしてリカルド・ロドリゲスを振り切りゴールを決めて2点差としそのまま逃げ切り試合終了。この結果、グラートバッハはリーグ戦は3連勝となり一時期の危険な状況からはほぼ抜け出したと考えてよいと思います。

 まず、この試合がボルシアパーク初登場となったジッペルは追いついたプレーで全く不安を感じさせませんでした。控えに彼のような存在があると本当に心強いです。ジッペルの獲得は良い補強だったと実感します。
 試合全体を通じて感じるのはグラートバッハの選手に思い切りの良さが完全に戻ってきたということです。シューベルト監督が就任時に現状を分析したうえでの対応として「4-Punkte-Plan (4ポイント計画)」について語っていました。4つのポイントとは、
(1) ディフェンスの対応としてボールに対してアグレッシブにプレーする。
(2) オフェンスの対応としてゴールへの過程でアグレッシブに勇気をもってプレーする
(3) 相手にスペースを与えずに攻守の切り替えを早くする。
(4) 上記3点を改善していくことで自信を取り戻す。
というものでした。要するに選手のクオリティはあるけれど、選手が変わったことによる連係面でのわずかなズレや運などにより結果が出ないことで自信を失いプレーも消極的になっていたというのです。これらはメンタル面に関わる部分が大きいと思いますが、リーグ戦3試合とチャンピオンズリーグ1試合を見る限り少なくてもこの部分ではかなり良い方向に進んでいると思います。ヴォルフスブルクを相手にこのような試合ができるのであれば、選手も自信を持てることでしょう。

Havard Nordtveit: "Dann mache ich den Lewandowski" (ブンデスリーガ公式)
Schuberts Vier-Punkte-Plan für Borussia (RP Online)


BUNDESLIGA 2015/16 8. Spieltag
03.10.2015 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - VfL Wolfsburg 2:0 (0:0)
Borussia: Sippel - Korb, Christensen, Dominguez, Wendt - Dahoud (68. Nordtveit), Xhaka - Traoré, Johnson (68. Herrmann) - Stindl, Raffael (88. Hazard)
Wolfsburg: Benaglio - Jung, Naldo, Klose, Rodriguez - Guilavogui, Arnold (81. Bendtner)- Caligiuri , M. Schäfer (68. Dost) - M. Kruse, Schürrle
Tore: 1:0 Nordtveit (76.), 2:0 Traoré (79.)
Gelbe Karten: Xhaka, Johnson - Schäfer, Rodriguez
Zuschauer: 52.581
Schiedsrichter: Felix Zwayer (Berlin)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

21:17  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/812-46479f4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |