2015.11.02 (Mon)

2015 J-League Division 2 第39節 大宮 vs. 長崎

 大宮の試合観戦は久しぶりになりました。前回はホームの千葉戦でしたが、この試合以降、大宮は4試合を戦い2分2敗でわずか2ポイントしかとれていません。シーズン当初から感じていましたが、大宮に対してしっかり対策をしてくるチームからはなかなか点を取るのは難しく、言い換えれば失点をしたら勝てないのです。この4試合は毎試合複数失点をしているので当然の結果だと思います。これは早急に対策が必要です。


  今日の対戦相手の長崎は失点数がリーグ最少であり、得点はとれても1点。果たして守備が無失点で抑えられるのかがまず重要でその意味では大宮の修正能力が試されるのではないかと思いました。


 序盤の数分を見た限りでは長崎は実質5バックで中盤はとてもコンパクトで大宮の前へのパスが通らず、やはり1点勝負の展開になるのかと思いました。
 しかし、意外な形で大宮が先制しました。7分にこの試合で右SBでスタメン起用された渡部がドリブルで攻撃参加しフェイントで相手をかわしてペナルティエリア外から左足で放ったシュートが見事に先制ゴールになりました。これは狙ってもなかなか決められないような素晴らしいシュートでした。渡部自身も試合後に「入ると思っていなかったので、入ったときはちょっとびっくりした。」と語っていますが、このゴールが持つ意味はとてつもなく大きいものだったと思います。早い時間に先制できたことで大宮は精神的に楽に戦えたことでしょう。


 後半に入って間もない51分にドリブル突破を図ったムルジャがペナルティエリアのギリギリ外で趙民宇に倒され、趙民宇にはレッドカードが出されました。この場面では得点は決まらなかったもののここから大宮が一方的にボールを支配し1人少なくなった長崎の守備を崩しにかかります。
 そして68分にそれが実ります。渡部が右サイドゴールラインぎりぎりで相手をかわしてペナルティエリアに侵入しふわりと上げたボールにムルジャが頭で合わせて2点差としました。数的優位で2点差であればかなり楽になったはずですが、ここからの大宮の内容は非常に悪かったです。4分後に自陣で不用意な横パスを梶川にカットされ途中交代で入った北川に決められ1点差にされると、その後は勢いづいた長崎に圧倒され数的優位にいるなど全く感じられない展開となります。長崎が激しくプレスをかけてきたこともあって、大宮の守備が慌てる場面が目に付くようになり失点時と似たようなボールの奪われ方をしてGKと1対1に近い状態を作られるなどかなりひやひやさせられました。1点リードで数的優位なのだからもう少し落ち着いてできないものかと思いますが、このあたりは結果が出ていないことからくる不安なのでしょうか。また、点を取りに行くのか守備重視で行くのか選手間で意思統一がされていたのかどうかも疑問です。それでも最後は長崎の仕掛けたパワープレーを抑えきって大宮が久しぶりに勝利を手にしました。

 この時期はもう内容よりも結果が全てだと思うので久しぶりに勝利したこの試合はよしと考えなくてはいけないかもしれません。また内容に関しても攻撃では時間をかけずにボールを動かす部分や、相手ボールへアグレッシブに向かっていくところなど良い点は随所に見られました。しかし、残り試合を考えたとき、やはり後半のクオリティの低さが気になります。
 残り3試合となり、2位の磐田とは4ポイント差、3位の福岡とは6ポイント差になっています。現時点の力で言えば磐田と福岡がJ2の2強でありどちらも3試合すべて勝利すると考えるべきでしょう。その前提に立つと大宮は最低限1勝1分でないとプレーオフに回る可能性が高くなります。J2のプレーオフはチームの総合力よりもその時点でのチームの調子や勢いで勝敗が決まってしまうことが多く、もし大宮がプレーオフに回ることがあるとチームの勢いという点から見て勝ち抜くのはかなり苦しいと思います。昇格するなら2位以内しかありません。
 残り3試合の対戦相手は讃岐、大分、金沢といずれも点をとらせてくれないチームです。今日の試合は渡部のゴールで先制できましたが、あのようなゴールはそう期待できるものではありません。辛抱強い戦いが必要になりそうです。

<引用記事>
大宮vs長崎の試合結果・データ 選手コメント (J.LEAGUE.jp)


2015 Jリーグ Division2 第39節
2015年11月1日(日) 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - V・ファーレン長崎 2:1 (1:0)
大宮: 加藤 - 渡部, 菊地, 河本, 大屋 - カルリーニョス, 横山, 横谷 (90. 渡邊), 泉澤 (77. 清水(慎)) - 家長, ムルジャ (90.+2 富山)
長崎: 大久保 - 古部, 高杉, 趙 民宇 - 岸田 (81. 高橋), 井上, 前田, 神崎 - 木村 (68. 北川), 梶川 - 上形 (60. イ ヨンジェ)
得点: 1:0 渡部 (7.), 2:0 ムルジャ (68.), 2:1 北川 (72.)
退場: 趙 民宇 (51.)
警告: / - 古部
観客: 10,600人
主審: 高山 啓義

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:18  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/815-a7a56aa6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |