2015.11.15 (Sun)

2015 J-League Division 2 第41節 大宮 vs. 大分

 J2の第41節は自動昇格を争う上位3チームがそれぞれ違う時間に試合をする形になりました。先に試合を行ったチームの結果は後に試合をするチームの戦い方や選手たちの精神面に少なからず影響を及ぼす可能性があり注目していましたが、この日はまず3位の福岡が勝利、2位の磐田が引き分けたため、大宮の試合開始前には大宮と1ポイント差で磐田、福岡がつけるという大混戦になっていました。ただし、見方を変えれば磐田が横浜FCに勝利できなかったことで大宮にとっては大分戦に勝利すれば昇格だけでなく優勝も決まるという極めて重要な試合になりました。


 開始直後から大宮がいつになくアグレッシブに攻めます。3分に家長の左からのクロスにムルジャが合わせポストに弾かれたり、9分カルリーニョスの左からのクロスがムルジャに通りますがトラップが大きくなり強いシュートが打てなかったり、コーナーキックに対して河本が空中戦を制して合わせたヘディングシュートはゴールラインぎりぎりで松本怜にクリアされるなど点が入りそうで入りませんでした。
 大分も20分を過ぎたあたりからボールをキープできるようになり何度かチャンスは作っていましたが、全体的に見れば大宮がかなり無理して点を取りに行ったように感じられた前半でした。結果、決定的なチャンスは作りましたがそれでも点は取れませんでした。こういう時はどのような結果になるかは簡単に予想できます。無理していた分、これだけ攻めていて入らないのだから今日は入らないだろうとか、前半無理していた分、後半は選手の動きが止まってしまうだろうとか、良くないことばかりを考えてしまいました。


 後半は私の嫌な予感は的中しました。49分に大分が意外な形で先制しました。松本昌也が左から放ったシュートは加藤がはじきますがなんと逆サイドを詰めていた大屋に当たりゴールへ。さらに54分には左からのコーナーキックをニアで若狭が頭でゴール前に流したボールが渡部に当たってゴールへ。記録は若狭のゴールになりましたが実質的にはこれもオウンゴールでした。
 不運な2失点を喫した大宮は前がかりになって点を奪いに行きますが、そこで2度ばかり大分にディフェンスラインの裏を取られて危ない場面を作られます。1度は三平に、2度目は荒田が絶妙のタイミングで抜け出しました。幸いにも三平のチャンスは副審がオフサイドを取り、荒田のチャンスは加藤が思い切りの良い飛び出してブロックして失点は防ぎましたが攻撃と守備のバランスは崩れており、正直に言うとこの時点で私は大宮の敗戦を覚悟しました。
 大宮は2点差にされてすぐに左サイドに泉澤を入れ攻撃を活性化を図り、前半同様に攻め込む時間は長くなるものの大分も守備的になっているためスペースが作れずに苦労している様子でしたが、69分にペナルティエリア内の密集の中からムルジャが決めて1点を返すと、大宮の攻撃に勢いが増しました。81分には大屋のクロスがポストに当たって跳ね返ったところ、密集の中でムルジャが泥臭く落ち込んで同点にしました。87分にムルジャの強引なドリブル突破がPKを誘い、これを家長が決めてついに逆転に成功しました。大宮が劣勢と良くない雰囲気をスタジアム全体の雰囲気をバックに力づくでひっくり返したという印象を受けました。


 試合のポイントは0:2になったあとに2度ばかりあった大分の裏への飛び出しをどういう形であれ守りぬき3点差にされずに済んだこと。これに尽きると私は思います。いや、それより前半のチャンスで大宮が1つくらいしっかり決めておけばこういう展開にならずに済んだはずですね。

 とにかく、ハーフタイムに大宮にとって良く無い展開を予想してしまった私も、さすがにその後大宮が逆転することになるとは予想できませんでした。大宮は劣勢を跳ね返すことが少ないチームだと思い込んでいたのです。そして、こんな数年に1度あるかどうかという逆転劇をホーム最終戦、しかもJ1昇格と優勝を決める試合で見られるとは思いませんでした。
 今季、大宮の試合は都合がつく限り見てきましたが、シーズンを通して感じたことはまたシーズン終了後に記すとして、まずは大宮の1年でのJ1復帰決定を喜びたいと思います。大宮の選手をはじめ、チーム関係者の皆様、ファンの皆様、おめでとうございます。


2015 Jリーグ Division2 第41節
2015年11月14日(土) 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 大分トリニータ 3:2 (0:0)
大宮: 加藤 - 渡部, 菊地, 河本, 大屋 - カルリーニョス, 横山, 渡邊 (56. 泉澤), 清水(慎) (66. 富山) - 家長, ムルジャ (90. 福田)
大分: 武田 - 鈴木, 安川, ダニエル, 若狭 - 松本(怜), 西 (18. キム ジョンヒョン), 松本(昌) (78. 姫野), 為田 - 三平, 伊佐 (65. 荒田)
得点: 0:1 大屋 (49. オウンゴール), 0:2 若狭 (54.), 1:2 ムルジャ (69.), 2:2 ムルジャ (81.), 家長(87./PK)
警告: 菊地, 家長 - 鈴木, 安川, キム ジョンヒョン
観客: 10,595人
主審: 野田 祐樹


スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:08  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/818-cf264ebd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |