2015.11.24 (Tue)

2015 J-League Division 2 第42節 千葉 vs. 讃岐

 長かった今年のJ2もいよいよ最終節となりました。最終節の見所の一つとしてプレーオフ進出争いがあります。そこに千葉が関わっている以上、最終節はフクアリに行くしかないと考えていました。
 前節終了時点で千葉は8位。プレーオフに進める6位に入るためには自らが勝利したうえで、長崎が敗れ東京Vが引き分け以下に終わり、さらに長崎とは得失点差3を追いつくという厳しい条件がつきます。長崎が1点差で敗れた場合、千葉は2点差で勝利すれば得失点差は追いつけるので、まずは讃岐を相手にホームで2点差以上で勝利し他の結果を待つしかありません。
 対戦相手の讃岐の試合は6月に1試合観戦していますが、その時の印象は超守備的でカウンター一辺倒。ただしやることがはっきりしているだけに選手たちに迷いがなく攻撃でも結構チャンスを作れるチームという印象が残っています。相手が攻撃的になればなるほど自分たちの持ち味を出せるでしょう。千葉はとにかく勝たなくてはならないので攻撃的に戦うしかないわけで、こういう状況では非常に厄介な相手といえるでしょう。


 時折、小雨がぱらつく曇天の下でのキックオフ。なんと試合が始まりわずか9分で千葉は早くも失点してしまいました。讃岐の右ショートコーナーからの高木のクロスをGKの岡本がパンチングしきれずにこぼれたボールをつながれてエブソンに頭で押し込まれました。こうなると讃岐の思い通りの展開になってしまいます。1点をリードした讃岐は当然のように自陣に引きこもりカウンターを狙う得意の形に持ち込みます。結果としてほとんどの時間、千葉がボールを保持して攻め讃岐が守る構図になりました。千葉は左サイドで田中と中村の連係で崩してクロスを入れようと試みますが、人数をかけて守る讃岐を崩すことはできず、シュートはほとんどが遠目からのミドルシュートになっていました。
 守勢に回った讃岐ですが前がかりになった千葉のディフェンスラインの裏は狙っていてボールを奪うと手数をかけずに長いパスを前線に送り込みます。この形で永田が岡本と1対1になるという決定機を作りますが、これは岡本が防ぎ追加点は許さず。 


 後半、千葉は早めの選手交代で状況の打開を図りますが、なかなか思い通りにはいきません。ただ、決定機がなかったわけではなく、途中から入った井出が左サイドから入れたクロスを松田が頭で合わせた場面、そして井出が裏のスペースへ抜けてシュートを放った場面は惜しかったと思います。ところで、この試合千葉で最も良いパフォーマンスを見せたのは井出だったと思います。残念ながら得点にはつながりませんでしたが、可能性を感じるプレーを見せてくれました。
 攻めあぐねる千葉に対して、80分に讃岐はカウンターから木島が素晴らしいシュートを決めて追加点をあげて試合を決定的にしました。


 「今日は本当に、先に失点してしまったことがすべて。相手が完全に守備を固めるきっかけを自分たちで作ってしまったと思います。」 これは松田選手の試合後のコメントですが、私も全く同じことを思いました。
 1点を先制された後はほとんどの時間を攻撃に費やした千葉ですが全く工夫がなかったわけではなくサイドからの崩しや中央から縦にパスを入れてワンツーパスを使って攻め込むなど試みてはいたと思います。しかし選手間の意思疎通が十分ではなかったのか、あるいは迷いがあったのかわかりませんがコンビネーションが悪く崩しきれませんでした。もっとも、讃岐の守備を崩すのはどのチームにとっても容易なことではなく、やはりこの試合に関していえば先制されてしまったことが最大の敗因だったと思います。
 
 昨季の終盤の千葉はJ1を目指すチームらしくしっかりとパスをつなぐ良いチームを作り上げてきたという印象を持っていました。今季の(大宮戦)を見たところその良い面にアグレッシブな守備も加わりかなり完成度の高いチームになり、J1昇格はかなり期待できるだろうと感じました。それだけに最終的にプレーオフ出場も逃してしまったという現実が残念でなりません。試合後のセレモニーで社長が「根本的に考え直す必要がある」と話していましたが、来季の千葉がどのようなチームを作り上げるのか楽しみにしたいと思います。まずは、選手の皆さん、サポーターの皆さん、お疲れ様でした。

 さて、私のスタジアムでのサッカー観戦は今年はこれで終了です。来年も楽しい試合がたくさん見られることを楽しみにしています。

<引用記事>
試合日程・結果|選手・試合情報 (ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイト)


2015 Jリーグ Division2 第42節
2015年11月23日(月) 14:00, フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - カマタマーレ讃岐 0:2 (0:1)
千葉: 岡本 - 大岩, キム ヒョヌン, 富澤, 中村 - 佐藤(勇) (58. 佐藤(健)), パウリーニョ, 水野 (78. オナイウ), 田中 (58. 井出) - ペチュニク 松田
讃岐: 清水 - 高橋(祐), エブソン, 藤井, 沼田 - 岡村, 山本, 永田 (90.+2 小澤) - 仲間, 我那覇 (62. 木島(良)), 高木 (87. 藤田)
得点: 0:1 エブソン (9.), 0:2 木島(良) (80.)
警告: パウリーニョ - エブソン
観客: 10,400人
主審: 岡部 拓人
スポンサーサイト

テーマ : ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:58  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/820-cf7b523f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |