2016.03.21 (Mon)

2016 J-League Division 1 1stステージ第4節 大宮 vs. 広島

 Jリーグが開幕して1ヶ月が経とうとしています。これまで寒さに震えながらの観戦が続いていましたが、ようやく春らしくなってきました。今節、大宮は昨季のチャンピオンチームの広島と対戦です。以前にもこのブログに書きましたが、この時期の強豪との対戦は自分たちの力を測る良い機会になるのではないかと思います。ですので勝敗よりも、どのような課題を見つけるかが重要なのではないかと思っていました。もちろん広島から1つでも勝ち点を奪えれば素晴らしいことなのですが・・・。


 試合は前半から試合は広島のペースとなります。開幕からここまですべての試合で相手に主導権を握られた形ですので、相手が広島であればそうなることは予想できます。しかし、これまでは何とか失点を最小限に抑えてはいたのですが、さすがにそれが何度もうまく行くほど甘くはありません。22分、39分にウタカと浅野のコンビネーションで左を完全に崩されて2点をリード。浅野とウタカの連係は素晴らしく、いったん前を向くともう大宮のDFはついていけませんでした。特にウタカの能力の高さには驚かされました。多少プレッシャーをかけられても倒れない体の強さと広い視野を持ち周囲を活かす力もあり、数年前から広島でプレーしているのではないかと思うほどチームにフィットしていて、大宮にとっては手に負えない存在になっていたように見えました。
 とは言っても、39分の浅野のゴールに関しては、起点となったのは大宮の左SBのあまりにも不用意にボールロスト。このような気の抜けたプレーはJ1クラブ相手では失点に直結することは目に見えています。実に悔やまれる失点でした。


 後半に入ると大宮は前半にチームの足を引っ張る形になっていた沼田とペチュニクを替えて奥井、横谷を入れ和田を右SBから左SBに移すことで攻撃は活性化しました。しかし、前がかりになって攻めているので押し込んでいるようには見えますが、広島の守備は落ち着いて対処し、バランスを崩して攻める大宮の隙をついて得点し勝負を決めました。あとはもう広島のやりたい放題と言った感じでした。


 選手個々の技術、スピード、サッカーの質、試合運びのうまさ、すべての点で広島とは大きな差があることを嫌でも実感することになりました。大宮は1点こそ取りましたが、このあとは広島はまだ余裕をもって守っていたように見えました。全体的に見れば大宮がやりたいことはほとんど何もできなかったという印象です。
 そのような散々な試合内容でしたが、むしろ良い経験になったのではないかと思いたいです。開幕からここまで守備が良いという評価もありましたが、これは過大評価であってこの試合が現実だと考えるべきでしょう。実際に私が見た東京戦、柏戦では無失点とは言えかなり運に恵まれていた部分もあり堅守という印象は持てませんでした。本来の力関係がしっかり確認できたのであればそれが収穫につながります。重要なのはこの経験をどのように生かして行くかということです。当然、これは選手個々の能力アップだけでなくチームとしての戦術や選手起用も含めての話です。監督の手腕が試されます。

 ひとつ残念だったのはこの試合で大宮の選手に終盤かなりラフなプレーが見られたことです。試合展開に対する苛立ちだけでなく、相手を止めることができずに苦し紛れのファールもあったように思います。もちろん主審の威圧的な態度も原因だったと思います。完全に勝敗が決まってしまった試合のアディショナルタイムに負傷退場する選手が出てしまったのはあまりにも残念です。


2016 Jリーグ Division1 第4節
2016年3月20日(日), 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - サンフレッチェ広島 1:5 (0:2)
大宮: 塩田 - 和田, 福田, 河本, 沼田 (45. 奥井) - 横山, 岩上, ペチュニク (45. 横谷), 泉澤 (73. 江坂) - 家長, ムルジャ
広島: 林 - 塩谷, 千葉, 佐々木 - ミキッチ (68. 清水), 青山, 宮原, 柏 - 柴崎, ウタカ (86. 皆川), 浅野 (68. 茶島)
得点: 0:1 ウタカ (22.), 0:2 浅野 (39.), 1:2 横谷 (60.), 1:3 青山 (67.), 1:4 柏 (73.), 1:5 柴崎 (89.)
警告: ペチュニク, ムルジャ, 河本, 家長, 横山 - /
観客: 13,452人
主審: 高山 啓義
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

10:44  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/832-ae702b66

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |