2016.04.03 (Sun)

2016 J-League Division 1 1stステージ第5節 大宮 vs. 磐田

 春真っ盛り。スタジアムの周囲にある大宮公園ではちょうど桜が満開で試合前に公園内を歩いてみると、あちこちで花見(というよりも宴会と言うべきか)をしていて大変賑やかでした。昼頃から花見をして夕方はスタジアムでサッカー観戦、試合終了後は夜桜を見ながら酒を飲む。なんていうことをしていたサポーターもいたことでしょう。


 リーグ戦では前節の広島戦で大敗をした大宮ですが、その後のカップ戦2試合(名古屋戦、甲府戦)はメンバーの入替えも奏功したのか安定した試合はできていたようです。この試合の対戦相手の磐田は大宮と同じ昇格チームですが、昨年のJ2で対戦した2試合はどちらも引分けで、特に私が観戦していないアウェイでの試合は劣勢をなんとか追いついたといった試合で実力は同格かやや上という印象を持っています。特に昨季やられたアダイウトンを始めとして能力の高い選手が揃い、監督経験は浅いにもかかわらず既に名将との呼び声も高い名波浩監督が率いるチームという点で油断なりません。そんな強敵磐田に対して大宮がどう戦うのかはしっかり見届けたいです。少なくても広島戦の再現はないことを祈ってスタジアムに入りました。


 さて、この試合は、アグレッシブなサッカーを展開する磐田に対して大宮も応戦し、中盤での激しい潰しあいが見られる激しい試合となりました。そのせいかお互いに決定機は少なかったのですが、なかなか見応えはありました。磐田は左サイドに起点を作り攻めようとする意図が見え左SBの中村太亮がたびたび攻撃参加するものの大宮もうまく守りチャンスを作らせませんでした。キープ力のあり決定機を作りだすアダイウトンに対しては複数の選手でマークし自由にさせませんでした。また決定力のあるジェイに対してもCBの菊地を中心にしっかりと抑えこんでいました。この試合の大宮の守備の集中力は良かったと思います。
 しかし、44分に左サイドでスローインのボールをアダイウトンにキープされ小林祐希につながれ右足で鮮やかにゴール左隅に決められてしまいました。「高い守備の意識がスローインのときにボール1個に対して4人で守備をしてしまい、フリーの選手が生まれてしまった。」と渋谷監督がコメントしているようにアダイウトンへの徹底マークが裏目に出てしまったでしょうか。

 後半に入り大宮は58分に横谷のパスを受けたムルジャが決めて同点にしました。中央からDFラインの裏を取ろうとしたムルジャの動き出しと横谷のパスのタイミングがピタリと合った見事なゴールでした。「大宮の攻撃はムルジャの動き出ししかなかったので、その点はわれわれを楽にしてくれた。」(名波監督)とのことでしたので、そのムルジャに決められた失点は名波監督にとっては悔しかったことでしょう。
 その後、試合の終盤は再び磐田のペースとなりましたが大宮もそれほど慌てることなく守り切ることができました。広島戦のショックはそれなりに堪えるものでしたが、この試合のようにしっかりとバランスを取りながら守備ができれば大きく崩れることはない気がします。昨季終了時点では不安だった守備もだいぶ改善されてきているのではないでしょうか。 


 さてドローに終わったこの試合について、試合後に磐田の名波監督は「昨年2試合引き分けて、今回も引き分けたが、3試合の中では一番内容が良かった。選手たちには開口一番、『勝点2を失ったゲームだ』と言いました。」と語っています。確かに客観的に見ても勝利に近かったのはどちらかと言えば磐田の方だったし、先制点を守り切れなかったという点で磐田の方に残念な気持ちが大きかったと思います。しかし、スタンドで観戦した印象では両チームの力に差は感じませんでした。大宮にとってみれば今季のリーグ戦では初めて相手と互角に戦えた試合であり、その相手が力のある磐田だったことを考えれば自信を持ってよいのではないかと思います。特に守備面でよい点が見られたとこで私はある程度満足できました。

 この試合で印象に残ったのは右SBでスタメン出場した渡部と右SHの江坂です。渡部は久しぶりでしたが早い時間帯に決定機を作りだす素晴らしい突破からのクロスを見せたり、守備でも1対1での強さを見せていました。それだけに早い時間での負傷交代は残念です。また江坂に関しては評判通りの良い選手であることは間違いないと感じました。相手にプレスをかけられても落ち着いたプレーができ、チャンスと見るや積極的に仕掛ける姿勢は大宮の攻撃に欠かせない存在になるかもしれません。

<引用> Jリーグ公式サイト 大宮vs磐田の試合結果・データ 監督コメント


2016 Jリーグ Division1 第5節
2016年4月2日(土), 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジュビロ磐田 1:1 (0:1)
大宮: 加藤 - 渡部 (17. 奥井), 菊地, 河本, 和田 - 金澤, 岩上 (69. 泉澤), 横谷, 江坂 (90.+1 ペチュニク) - 家長, ムルジャ
磐田: カミンスキ - 櫻内, 大井, 森下, 中村 (60. 山本) - 上田, 宮崎 - 太田 (73. 松井), 小林, アダイウトン (88. 松浦) - ジェイ
得点: 0:1 小林 (44.), 1:1 ムルジャ (58.)
警告: / - 上田
観客: 11,271人
主審: 池内 明彦
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:35  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/833-470551dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |