--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2016.04.30 (Sat)

2016 J-League Division 2 第10節 水戸 vs. 千葉

 今季初の水戸でのサッカー観戦です。自宅のある埼玉からは車だと2時間あれば着きますが、せっかくの機会ですので一般道で途中何ヶ所か寄り道をしながらキックオフの1時間前にはスタジアムに着いたのですが、普段停めている駐車場はすでに満車になっており少し離れたところに駐車することになりました。

 
 ケーズデンキスタジアムのゴール裏の風景は本当にのどか。立派なメインスタンドとのギャップが面白いです。この狭いエリアはジェフサポーターで埋まりました。写真からもわかる通り、強風が吹いており気温以上に寒く感じられました。

 水戸のスタメンは前節の東京ヴェルディ戦(3:0で勝利)と同じ。千葉は前節の山口戦(2:4で敗戦)とはかなりメンバーを入れ替えて試合に臨みます。アランダは負傷による欠場でボランチには井出がシフトし代わりに町田がスタメン。船山を外したのは戦術的な理由だったのだと思います。


 試合が始まって間もない5分に水戸が先制しました。左からのコーナーキックのチャンスでロメロ フランクのキックが宋株熏の頭にピタリと合いました。あっという間の出来事でしたが、このシーンでゴールを決めた宋株熏は全くのフリーになっており千葉のセットプレーでの守備の対応の拙さを感じます。
 早々に先制された千葉は「最前線のエウトンを起点に、吉田眞紀人がその背後を狙う」(井出遥也選手)という狙いでロングボールを多用していましたが、強風の影響もあったのかなかなか正確なボールが出せなかったように見受けられました。さらに中盤からの押上げがないので前線に送ったボールがつながらないのです。FWの2人は奮闘していたと思いますが競り勝っても孤立し結局は奪われてしまうというシーンが目立ちました。残念ながらチームとしての連動性がほとんど見られませんでした。
 そんな千葉に対して水戸のアグレッシブな守備がうまくはまりセカンドボールを次々と奪いすぐに攻撃へとつなげていきます。千葉の守備が特に前半はやや不安定だったこともあり大きなチャンスは作れそうでしたが、そこから先のプレーの正確さが水戸の課題でしょうか。
 後半に入り関塚監督は早めに選手を変えていきます。交代で入った選手は悪くはありませんでした北爪の積極的なプレーは魅力を感じましたし、船山が入ってからは攻撃が形ができチャンスも作るようになりました。しかしそれらも試合の流れを変えるまでには至らず、そのままずるずると時間が経過して試合が終わってしまったように見えました。


 私は、今季千葉の試合を見るのはTV観戦を含めてもまだ4試合目、水戸に至っては初めてなのでわからないことが多いのですが、そんな私がこの試合を見て感じたことを率直に言うと、どちらも発展途上の未完成なチームに見えたということ。それでも水戸に関しては目指すサッカーの形は見えてきているし、兵働や湯澤など新加入選手も機能しているようですが、千葉については本当にまだまだという感じます。まあ、私はチームを完全に作り直している状態ではこのような事態は避けて通れないとは思っていました。しかしすでにリーグ戦も10試合目。そろそろ形が見えてこなくてはなりません。
 この試合では、これまでの観戦からとても頼りになる選手だという印象を持っていたアランダの不在は大きかったかもしれません。代役の井出は無難にプレーしたと思いますが持ち味は出せていません。そして、チーム事情がありやむを得ないかもしれませんが、井出はやはり攻撃的なポジションで得点に絡む仕事をしてほしいと思います。
 そしてもうひとつ試合前に考えていた戦術には適さない気象条件も不利に作用したのかもしれません。なかなかうまくいかないものです。

<引用>
第10節 VS 水戸ホーリーホック 試合後コメント

  (ジェフユナイテッド市原・千葉公式ウェブサイト)



2016 Jリーグ Division2 第10節 2016年4月29日(金), 17:04, ケーズデンキスタジアム

水戸ホーリーホック - ジェフユナイテッド千葉 1:0 (0:0)

水戸: 本間 - 田向, 細川, 宋株熏 - 兵働 (87. 白井), 今瀬, ロメロ フランク (68. 佐藤(和)), 船谷, 佐藤(祥), 湯澤 (79. 萬代) - 三島

千葉: 佐藤(優) - 阿部, 近藤, イ ジュヨン, 大久保 (71. オナイウ) - 長澤 (58. 北爪), 富澤, 井出, 町田 - エウトン (62. 船山), 吉田

得点: 1:0 宋株熏 (5.) 警告: 佐藤(祥) - エウトン

観客: 6,042人

主審: 上村 篤史



スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:03  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/838-4a3474d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。