2009.03.08 (Sun)

2009 J-League Division 1 第1節 大宮×清水

 いよいよ2009年のJリーグが始まりました。昨日のJ1の試合を見ると山形が6点取ったり、新潟や広島が4点取ったりと、どこもかなり点が入る試合になっていました。私は今シーズンの大宮のプレシーズンマッチは1つも見ていないのですが結果をみるとどうも守備面での不安がありそうに思えました。開幕戦の相手、清水とは昨シーズンは2試合ともスコアレスドローでしたが、なんだか失点しそうな予感がしました。(ことサッカーに関しては私はかなり悲観的、というか心配性です。)

 
 前半はやや清水が押し気味。特に岡崎や枝村など能力の高い選手がサイドから攻め込む場面が多くヒヤヒヤさせられますが、大宮のDFが落ち着いて対処しそれほど危険なシーンを作られることなく試合が進みます。
 30分を過ぎたあたりから大宮がペースをつかみます。藤本が中心になって中盤でボールを保持するとすばやく前線の藤田へ。この2人を中心に何度かゴール前へ攻め込みます。特に藤田がペナルティエリア内でこぼれ球にすばやく反応して左足で放ったシュートがクロスバーを直撃したシーン、その数分後の新井のシュートがポストにはじかれたシーンは本当に惜しかったです。逆に清水にはその後ペナルティエリア内で枝村が完全にフリーの状態でボレーシュートを放つシーンがありましたがこれは枠に飛ばず大宮は助かりました。
 後半は終始清水のペースで進みました。大宮は前半のような動きがほとんど見られなくなり得点しそうな雰囲気は感じられないまま時間だけが過ぎていったという感じです。清水のほうもミドルシュートの精度があまりよくなかったこともあり、スコアレスドローという結果に終わっています。大宮、清水の対戦では3試合連続のスコアレスドローということになります。

 
 この試合、全体的に清水が優勢だったことを考えると大宮としては引き分けで良しと考えなくてはならないかもしれません。実際、決定的なチャンスは清水に多くありましたが、清水のミドルシュートが枠をとらえることが少なかったのに救われた感じがします。ただし、大宮も前半の30分あたりからハーフタイムまではチャンスが何度かありました。ここで決められるかどうかが今後の課題になりそうです。また大宮の目指す攻守の切り替えの早いサッカーは垣間見ることはできたと思いますが、このサッカーでは終盤に運動量が落ちてくるのは仕方がないのでしょうか。今日の後半のようではちょっと心配です。選手交代をうまく行ってチームの活性化を図っていくことが重要になると思います。
 ところで、個人的にかなり期待している藤田ですが、今日のプレーを見る限りかなりいけるのではないかと思います。まずは早くゴールという形で結果を残してほしいと思います。

 
 試合終了後に氷川参道を歩いてみました。今日はスタジアムが満員になったので普段は静かな参道も写真のように人で一杯になっていました。観客動員に問題のある大宮のことですから、今年はACK5で開催される試合はすべての試合でこんな感じになるようにしないといけないのですね。


2009 Jリーグ Division1 第1節
2009年3月8日(日), 13:00, NACK5スタジアム,
大宮アルディージャ - 清水エスパルス 0:0 (0:0)
大宮: 江角 - 塚本, 冨田, マト, 波戸 - 金澤, 新井(49. 片岡), 藤本, 橋本 - 藤田(88. ラフリッチ), 市川(57. 渡部)
清水: 西部 - 市川, 青山, 岩下, 児玉 - 兵働, 伊東, 山本, 枝村 - ヨンセン, 岡崎(89. 原)
得点者: なし
警告: 藤田, 新井 - 岩下
主審:東城 穣
入場者:11,542人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:06  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/84-e4ab0deb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |