2016.05.08 (Sun)

2016 J-League Division 1 1stステージ第11節 大宮 vs. 浦和

 首位浦和との対戦。前半から浦和が押し込む形になりますがこれは予想通り。しかし、大宮は今季こういう形でしぶとく守って1:0で勝利したり、あるいはスコアレスドローに持ち込んだ試合があります。守備に徹する形であればある程度戦えるでしょう。そして、この試合の前半は前線での守備ができていて高い位置で奪ってカウンターを仕掛ける意図は感じられました。
 浦和の選手の中で最も警戒が必要と思われる柏木にも決定的な仕事はさせず、両サイドハーフが高い位置をとるためFWの3人に対して守備が1人足りず、前半は宇賀神がフリーとなり自由にプレーさせてしまっていたのは気になりましたが、中央を固めていれば問題なく行けそうに見えました。
 そして時間が経過すると徐々に意図していたであろうカウンター攻撃も仕掛けるようになります。しかし残念ながら大宮の攻撃には厚みがなく単発。そして浦和は攻守の切り替え(特に攻撃から守備への切り替え)が早くまともにシュートを撃てない状況でした。23分に家長のシュートがポストを直撃したシーンが唯一の決定機でしたが浦和をひやりとさせたのはこの一度だけだったでしょう。


 組織的な守備がうまく機能していたとはいえ、押し込まれる時間が長い展開では集中力が切れる瞬間が怖いものです。44分の失点シーンは浦和のクイックリスタートに対応しきれず生じた乱れを柏木に決められたものでした。こういうところを見逃さずしっかり決めてくるところはさすが浦和です。柏木のシュートも素晴らしかったと思います。大宮はこの少し前にペナルティエリア内であわや失点かという守備の乱れがあり、これが尾を引いていたのかもしれません。いずれにしろ非常に悪い時間に失点しました。


 後半も浦和が押し込む展開は変わりませんが、浦和は前半よりも多く決定機を作りました。これは大宮の選手のハードワークによる体力の消耗も合ったかもしれません。それでも大宮は危ない場面を作られながらも追加点を奪われずによく凌いだと思います。しかし、攻撃に関しては本当に何もできなかったという印象が残りました。後半から投入したムルジャ、ペチュニク、マテウスもほとんど機能しませんでした。試合の結果については極めて妥当であり、1点差という結果以上に力の差が感じられた試合だったと思います。


 試合を通してみると第9節の鹿島戦とほとんど同じ展開でした。違いはミスによる失点をしてしまったことだけです。いずれにしろシュート2本だけでは点は取れません。この試合はドローにはできたかもしれませんが勝利するのは非常に難しかったと思います。ペトロヴィッチ監督は「我々の今日のチームの出来について、監督として不満に思っているのは確かである、ということです。本来の自分たちの狙いとする戦いができていない場面が多かったと見ています。」とコメントしていますが、前半に一度家長に決定機を作られたこと、中盤にミスが散見されたことなどが不満なのでしょうが、先制した後は全く安心してみていられる試合だったのではないでしょうか。
 客観的に見ると今の大宮ではJ1のクラブに対してボール支配率で優位に立つのは厳しいものがあります。その部分のレベルアップが大きな課題なのは言うまでもありませんが、それにはかなり時間がかかると思います。ではポゼッションできないときはどうするか、これまでは一方的に攻め込まれひたすら守ってボールを必死に跳ね返すだけという展開になってしまいます。この試合では相手の力に合わせた対策として前線でのプレスからカウンターを仕掛ける形にチャレンジはしました。残念ながらよい結果にはつながりませんでしたが一つの方向性は見えたのかもしれません。


2016 Jリーグ Division1 第11節
2016年5月8日(日), 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 浦和レッズ 0:1 (0:1)
大宮: 加藤 - 奥井, 菊地, 河本, 和田 - 金澤, 岩上, 横谷 (80. マテウス), 泉澤 (62. ムルジャ) - 家長, 江坂 (73. ペチュニク)
浦和: 西川 - 森脇, 遠藤, 槙野 - 関根, 柏木, 阿部, 宇賀神 (73. 梅崎) - 李, 武藤 (75. ズラタン) - 興梠 (84. 青木)
得点: 0:1 柏木 (44.)
警告: 横谷, 和田, 家長, 菊地 - 関根
観客: 13,880人
主審: 山本 雄大

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

13:19  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/843-eb09b28b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |