2016.06.23 (Thu)

2016 J-League Division 1 1stステージ第16節 大宮 vs. 横浜FM

 大宮にとってファーストステージのホーム最終戦を迎えました。しかしこの時期にホーム最終戦と言われても全くピンときません。私は未だに2ステージ制に頭が付いていけないようです。ちなみに大宮はこの試合が始まる前には4位につけていたようですが、これも全く気になりません。今、私の頭にあるのは大宮の勝ち点がいくつなのか。そして勝ち点40まではあと何ポイント取らなくてはいけないのかということばかり。とにかく順位よりもまず残留をなるべく早く確定させてほしいのです。
 そういえば、大宮のリーグ戦での勝利を見ていないなと感じますが、それもそのはずホーム開幕戦で勝ってから勝利がないのです。以前からホームでの弱さは今季だけの話ではなく大宮の伝統となりつつありますがこれは本当に困ります。ぜひ嫌な流れを止めておきたいところです。


 さてこの試合、序盤は互角に見えましたが横浜が徐々にプレッシャーをかけてくるようになります。その結果、必然的に横浜がセットプレーのチャンスを多く得ることになりましたが、セットプレーでは中村俊輔の精度の高いキックが威力を発揮しました。前半の大宮のピンチの多くは横浜のコーナーキックから生じたものでした。コーナーキックからヘディングでクリアしようとしたボールがポストにあたり跳ね返ったり、クリアが不十分で相手選手にわたってしまい危険なシーンを作られてしまったり・・・。そのほかにも齋藤に完全フリーでシュートを撃たれるシーンなどもあり、ひやひやの連続でよく前半を無失点で切り抜けられたなと思いました。


 後半は大宮も何らかの修正を加えてきて流れが変わることを期待していたのですが、それどころかむしろ横浜の一方的な展開になっていきました。大宮もワンタッチでのプレーを試みるなど、シーズン序盤のようにただ引きこもって守っているだけではなかったのですが、相手のプレッシャーを受けていたせいか個々のプレーの精度が低くそれほど良い形は作れませんでした。
 しかしこういう展開に限って押されっぱなしのチームが先制したりするものです。大宮は67分に家長がドリブルで上がり横谷にボールを預けてディフェンスラインの裏に抜け榎本との1対1の状況を作りだし、落ち着いてループシュートを決めました。家長のテクニックが光った大宮の先制ゴールでした。
 大宮が先制してから残り20分弱、横浜の攻勢は強まりますが、加藤のセーブも神懸っていて、普段はネガティブに考えてしまう私でもこの試合は大宮が逃げ切ってしまうのかなと思いました。いやいやそう甘くはありません。90分に横浜はコーナーキックから中町が頭で合わせたボールを下平が左足で蹴りこみ同点にしました。大宮はアディショナルタイムにマテウスと泉澤を投入しますが、さすがに短い時間では何もできずに終わりました。


 試合全体を通して見ると横浜が圧倒的に攻めていただけに横浜としてはドローでは納得できないでしょうし、大宮は加藤の再三にわたる好セーブに救われて辛うじて手にした1ポイントを喜ぶべきなのでしょう。しかし、どのような展開であれ89分までは1点リードしていただけに勝ち点を2ポイント失ってしまったような気がしてなりません。
 特に気になったのが選手交代の遅さです。中盤の選手に疲労の色が濃く守備が精一杯の状況に見えましたが、選手交代は88分までなし。そして皮肉にもその交代の後で失点をするという結果になりました。このようなことはよくあることですが、選手交代については慎重になりすぎずに思い切って動いてほしいと感じます。この試合、渋谷監督のコメントによれば「体力との関係がありますから、サイドハーフや前線の選手が疲弊していたら交代しようかと考えていましたが、相手の攻撃も我々の想定の範囲でしたので、そのまま勝ち切れればと考えていました。また、セットプレーでは高さを考慮し、横谷選手や沼田選手を代えませんでした。」 とのことでそれなりの考えに基づいて動かなかったのでしょうが、素人目には思い切りが悪く何も手を打てなかったように見えてしまうのです。とにかくこのすっきりしない流れを変えてくれるような快勝を早く見たいものです。

<コメントの引用>
レビュー|J1 1st 第16節 横浜FM戦 (大宮アルディージャ公式サイト)


2016 Jリーグ Division1 1stステージ第16節
2016年6月18日(土), 19:03, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 横浜F・マリノス 1:1 (0:0)
大宮: 加藤(順) - 奥井, 菊地, 河本, 和田 - 横山, 金澤 (88. 岩上), 横谷 (90.+2. マテウス), 沼田 (90.+2. 泉澤) - 江坂, 家長
横浜: 榎本 - 小林, 中澤, ファビオ, 下平 - 喜田, 中町 - マルティノス (75. 遠藤), 中村 (72. 兵藤), 齋藤 - 富樫 (66. 伊藤)
得点: 1:0 家長 (67.), 1:1 下平 (90.)
警告: 金澤, 横谷 - /
観客: 12,510人
主審: 岡部 拓人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:50  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/849-7fad4756

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |